Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪におりますう!! -OSAKA!! 

 

OSAKA!!
Nikon D3200
Tokina AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4
A ( F4 -1/40 ) ISO100 AWB -1.0EV



昨年末も押し迫った26日に急に出た話…

そして1月8日に一泊分の着替えだけ持ってやってきました大阪…

以来、8日からずっとこの地にいます(爆)

続きを読む
スポンサーサイト

GR BLOG開設7周年記念オフ会 に行ってきた 

 

GR Off-line meeting
RICOH GR DIGITAL III
P ( F5 -1/640 ) ISO64 AWB 


GR BLOG開設7周年記念オフ会というのに行って来ました。

場所は江ノ島でしたが、天候にも恵まれ楽しかったです♫

 
続きを読む

渋谷区~港区お散歩オフ 

 

20121020ps
Nikon D3200
Nikon AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED
P ( F5 -1/400 ) ISO100 AWB -0.7EV



先日渋谷区~港区を散歩して撮影しまわるオフ会に行ってきました♪

普段ネットで見かけるも、会うのは初めての人ばかりでしたが
とっても楽しかったです☆


続きを読む

東京駅 -Tokyo Station 

 

_DSC1525
Nikon D3200
Nikon AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mm F2.8G
M ( F2.8 -1/125 ) ISO100 AWB 

今日は丸ノ内のとある企業に行く用事があったので
ついでに修復工事も終わってリニューアルオープンした
東京駅に写真を撮りに行ってみた。

続きを読む

行徳寺町94 -光林寺 (行徳札所第二十一番) 

 

光林寺 -Korinji
PENTAX MZ-7
PENTAX FA28-105mmF3.2-4.5AL[IF]
FujiFilm REALA ACE 100



行徳寺町を紹介するシリーズの94回目です。

1)行徳寺町(必見)
2)行徳寺町の歴史
3)徳願寺1 (行徳札所第一番) 
4)徳願寺2 (行徳札所第一番)
5)徳願寺3 (行徳札所第一番)
6)行徳の街並み1
7)徳願寺4 (行徳札所第一番)
8)常運寺1
9)常運寺2
10)行徳の街並み2
11)福泉寺 (行徳札所第二番)
12)長松禅寺1 (行徳札所第三番)
13)長松禅寺2 (行徳札所第三番)
14)妙応寺1
15)妙応寺2
16)妙頂寺
17)世界に誇る行徳の伝統事業 -神輿
18)500年の歴史を持つ浅子神輿店
19)香取・相之川例大祭
20)行徳神輿の担ぎ1 地摺り
21)行徳神輿の担ぎ2 さす・投げる
22)行徳神輿の担ぎ3 子供神輿と人々の笑顔
23)自性院1 (行徳札所第四番)
24)自性院2 (行徳札所第四番) 勝海舟の歌碑
25)神輿の故郷、中台製作所にお邪魔しました
26)貴重な神輿制作の現場取材記
27)現代の神輿師中台洋さんにお話を伺う
28)放火から蘇った神明(豊受)神社
29)大徳寺 (行徳札所第五番)
30)正源寺 (行徳札所第七番) 560年誰も見たこと無い辨天様の居る寺
31)徳願寺の初詣
32)行徳の街並み3 澤木酒店
33)養福院 (行徳札所第八番) 
34)春日神社(妙典)1
35)春日神社(妙典)2 関東一の獅子がいる社
【番外編】中山法華経寺 -日蓮宗の大本山 
36)清寿寺 病気にご利益の高い寺
37)八幡神社(上妙典)
38)妙好寺1
39)妙好寺2 茅葺きの山門がある寺
40)妙好寺3 御会式の万灯行列
41)胡録神社(河原)
42)春日神社(河原)
43)雙輪寺 (行徳札所第九番・十番)
44)了極寺 (行徳札所第十一番)
45)安養寺1 (行徳札所第十二番)
46)安養寺2 (行徳札所第十二番) 国内唯一のはだし大師
【番外編】雪の行徳寺町その1 その2その3
47)大鷲神社 千葉県初の横綱を産んだ神社
【番外編】行徳寺町と東日本大震災
48)妙行寺 枝垂桜がある御祈祷の大寺院
49)稲成神社、浄経寺、日枝神社 、圓福寺、常明寺 
50)甲大神社 1000年以上の歴史を持つ大和田の氏神
51)稲荷木一本松と延命地蔵
52)稲荷神社(下新宿)
53)行徳寺町公園で一休み
54)権現道 徳川家康が歩いた古道
55)法泉寺(行徳札所第十三番) 家康のお休み処
56)妙覚寺1  房総にただ1基あるキリシタン灯籠
56)妙覚寺2 かつての行徳の名残 正覚延壽辨財天池
57)法善寺(行徳札所第十四番) 芭蕉歌碑と四万十川の巨石のある塩場寺
58)行徳の街並み4 田中染物店
59)行徳の街並み5 中島米店 旧成田街道分岐点であり寺町の入口
60)豊受神社(本塩)
61)圓頓寺
62)行徳の街並み6 平川医院
63)浄閑寺 (行徳札所第十五番) 参道にある六面塔
64)行徳の街並み7 廣月堂 -昔懐かしいお菓子屋さん
65)行徳の街並み8 田中邸
66)正讃寺 草庵のように佇むお寺
67)行徳の街並み9 漁師町の面影
68)行徳の街並み10 行徳橋南詰の景色
69)教信寺 (行徳札所第十六番・十七番)
【番外編】行徳を舞台にしたドラマ「帰郷」が放映されました。 
70)上妙典龍宮様
71)行徳のシンボル 常夜灯
72)行徳の街並み11 対岸の造船所 
73)行徳の街並み12 加藤邸 行徳初の国登録有形文化財
74)行徳の街並み14 笹屋うどん 築160年の古民家 かつての行徳名物
75)行徳の街並み15 後藤神輿店
76)徳蔵寺(行徳札所第十八番・十九番)
77)本久寺 眼病守護の日蓮大菩薩
78)横町稲荷神社
79)胡録神社(関ヶ島) 横綱栃錦の土俵がある神社
80)豊受神社(伊勢宿)
81)神明神社 ちょっと笑える狛犬
82)八幡神社(本行徳)
【番外編】行徳寺町オフ会開催!! -寺のまち回遊展
【番外編】寺のまち回遊展レポートその1 
【番外編】寺のまち回遊展レポートその2  -浅子神輿店の内部を見学!
83)清岸寺 (行徳札所第二十番)
84)馬頭観世音
85)おかね塚  遊女の恋物語伝説
86)ぽっくり蛙
87)湊水神宮
88)行徳の街並み16 行徳にある倉庫
89)行徳の天然海産物の即売所
90)行徳の街並み17 行徳の古民家1
91)行徳の街並み18 行徳の古民家2
93)押切稲荷神社 と例大祭

も是非お読み下さい。

続きを読む

千葉・房総のあまりに素敵すぎるお店たち(大人専科)2 -Excellent cafes & restaurants in Chiba 

 

Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F5.6 -1/100 ) ISO200 AWB -1.0EV


前回 千葉・房総のあまりに素敵すぎるお店たち(大人専科)1 
-Excellent cafes & restaurants in Chiba というエントリで
千葉・房総のステキ過ぎるお店を2つ紹介しました。

いや、本当に想像を越えて素晴らしかったので、
未だ読んでないヒトは是非見てみて下さい。

更に!その後Ryu Itsukiさんとお友達のRIERIさんに
これまた想像の斜め上を行くお店を紹介してもらいましたので
今日は続きのレポートになります。


続きを読む

台湾大好き -我爱台湾 

 

Taiwan 台湾
Nikon D3200
SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM
M ( F1.4 -1/125 ) ISO100 AWB 


週末にちょっくら台湾行ってきました。

溜まっていたマイルを使って二泊三日の弾丸旅行。

でもとても良かった。

こういう週末旅行出来るのが台湾の良さですね。
 
続きを読む

千葉・房総のあまりに素敵すぎるお店たち(大人専科)1 -Excellent cafes & restaurants in Chiba 

 

八起
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F2.8 -1/80 ) ISO800 AWB -1.7EV



先週末仲良くして頂いている写真家のRyu Itsukiさんと
千葉で遊んでもらいました。

千葉というと今の人達はどういうイメージ持っているでしょうか?
むかしからイマイチ行けてないというイメージ付きまといますが
それが外房の方だと、ただの田舎、というのが正直な所ではないでしょうか。

ボクは若い頃ウィンドサーフィンやサーフィンやってた関係で
千葉の事は結構詳しいつもりです。住人ですし。

もちろん外房にも、サーファーが移住をし始めてから
ここ10年で随分垢抜けた店が増えたと知ってました。


し・か・し、今回Ryuさんに教えてもらったお店の数々は
正直想像の斜め上を行ってて、本当に素晴らしかったデス!!

いや~千葉にはこんな底力があったんですね。

という訳で2回に分けてちょっと紹介しようと思います。
 
続きを読む

割烹旅館 玉川 -東京湾奥部に残された大正ロマンのある大型和風旅館 

 

割烹旅館玉川
Leica M3 (SS)
Leitz Summaron 35mm F3.5
ARISTA EDU ULTRA 400

 
船橋という街は実はボクが子供から高校生時代の多くを住んでいた街である。

このブログでも現在の棲家である行徳近辺の再発見の意味で
行徳寺町というシリーズを書いているが、船橋も実は似たような場所でもある。

もちろん位置的にも隣の市という事もあるのだが、
歴史があるにも関わらず、観光、とまではいかなくても
お散歩コースとしてほとんど注目されてない、というのが似ているのだ。

実際随分長いこと自分も住んでいたが、
東京湾岸部がどのような場所だったか殆ど知らなかった
#ま、子供だったから、というのもあるが。



船橋は成田山新勝寺詣での為の成田街道の宿場町として
もともと江戸時代に大変に賑わった街だ。

現代に入っても東京から程近い保養地として
戦前までは東京湾の幸に恵まれノンビリ静養する人が多かった地でもある。

実際、川端康成や太宰治はこの地を気に入り
それぞれ作品を残している。



そんな作家にも愛された船橋は、戦後の高度成長期で大きく姿を変えた。

そんな中、かつての大正時代くらいまでの面影を遺す数少ない場所が
この割烹旅館 玉川なのである。

続きを読む

東京湾の漁港3 船橋港編 -The remained and forgotten fishing village in Tokyo Bay 

 

船橋港 -Funabashi fishing harbor
Leica M9
Leica APO-SUMMICRON-M 75mm F2 ASPH.
M ( F5.6 -1/125 ) ISO160 AWB 


以前東京湾にひっそりと残る、昭和の香り高い漁港という事で
神奈川県の子安港を紹介しました。

東京湾は正解でも有数の豊饒の海として漁業も盛んでしたが
御存知の通り戦後の高度成長で大規模な埋め立てが行われ
東京湾の奥部では漁業権は皆放棄されました。

今では遊漁船を営む漁業組合くらいしか残っていません。

そんな中、東京湾の最深部で、現役の最も大きな漁港といったら
恐らくこの船橋港が該当するのではないかと思います。

首都圏の開発の荒波の中、往時の東京湾の漁村の面影をかすかに遺す
船橋港をちょっと紹介してみましょう。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。