Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京湾の漁港3 船橋港編 -The remained and forgotten fishing village in Tokyo Bay 

 

船橋港 -Funabashi fishing harbor
Leica M9
Leica APO-SUMMICRON-M 75mm F2 ASPH.
M ( F5.6 -1/125 ) ISO160 AWB 


以前東京湾にひっそりと残る、昭和の香り高い漁港という事で
神奈川県の子安港を紹介しました。

東京湾は正解でも有数の豊饒の海として漁業も盛んでしたが
御存知の通り戦後の高度成長で大規模な埋め立てが行われ
東京湾の奥部では漁業権は皆放棄されました。

今では遊漁船を営む漁業組合くらいしか残っていません。

そんな中、東京湾の最深部で、現役の最も大きな漁港といったら
恐らくこの船橋港が該当するのではないかと思います。

首都圏の開発の荒波の中、往時の東京湾の漁村の面影をかすかに遺す
船橋港をちょっと紹介してみましょう。

続きを読む
スポンサーサイト

グラフ誌の記憶 

 

20110506福井_IIIa_IlfordPANF50_035
Leica IIIa
Leitz Summar 50mm F2
ILFORD PANF PLUS 50


続きを読む

故郷を古いカメラで撮るコト -Deep Memories 

 

20110506福井_IIIa_IlfordPANF50_009
Leica IIIa
Leitz Summar 50mm F2
ILFORD PANF PLUS 50


続きを読む

AGFA HDC 400 で撮る身延山久遠寺の桜 

 

20110413東京山梨IIIa_AGFA_HDCplus400_025
Leica IIIa
Leitz Summar 50mm F2
AGFA HDC400


絶版になって久しいながらも今でも人気があるようで、
このブログでも結構検索で来訪される事が多い
アグファのウルトラ・カラー。

その前身と言われるフィルムAGFA HDCと言うのがあります。

続きを読む

ライカ M9 レビュー 3 -Leica M9 Review 

 

Leica M9 + Leitz Summar 50mm F2


性能の割に高価な印象で”ブランド品”と誤解されるのを避けるため
第1回はM9の評価を語るには、先ず評価軸の整理からした。

第2回はセンサーの素晴らしさと、このボディサイズの事を
熱く語ったので、M9の良さはこれだけでも相当伝わったかと思います(^^

今回は更にM9の良さについて詳細します。


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。