Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールドレンズを考える5 -Invitation to legacy lens 

 

PENTAX K-x with Voigtlander SEPTON 50mm F2


※この記事は連載形式の5回目です。下記も是非お読み下さい。
1)レンズの歴史的分類編
2)名玉の分類編
3)クセ玉の分類編
4)全マウントとフランジバック一覧表編



という訳で前回は知りうる限り全マウントのフランジバックをまとめた。

今回はオールドレンズ初心者向けに
フランジバックが何故重要なのかと言うと、
これでカメラにレンズが装着出来るかが”大体”解るからだ。

以下は割と主要なマウントと、デジタル一眼の相関関係をまとめたもの。
フランジバックの長さでソートしてある。

マウント名称  F/B SonyE M4/3 Canon Pentax
C Mount  17.526
SONY E 18.00
Micro Four Thirds System  19.30
SAMSUN NX 25.50
PENTAX 110 26.50
Leica M/Konica KM/Cosina VM ZM /Rollei RM 27.80
Leica screw(L39)  28.80
OLYMPUS-Pen F  28.95
Contax G  29.00
Contax /Kiev 31.75
Nikon S  31.95
Four Thirds System  38.67
Canon R/FL/FD  42.00
Canon EF(EOS)  44.00
MINOLTA α / SONYα 44.50
Deckel  44.70
EXAKTA/Topcon  44.70
Zenit/Zenith(M39)  45.46
CONTAX(YASHICA/KYOCERA)  45.50
PENTAX K  45.50
M42  45.50
OLYMPUS OM  46.00
Nikon F  46.50
Leica R Mount  47.15
PENTAX 645  71.00
Pentacon 6/EXAKTA 66//Zenit 80/Kiev 74.10
Hasselblad 500  74.90
PENTAX  67  85.00



●はそのマウントそのもの
◯と◎はそのカメラに理論上装着可能なもの。
そのうち◎はマウントアダプターの発売があるものだ。

この表を見てもらえば解ると思うが
通常のマウント以外のレンズを付ける際、
そのカメラのフランジバックより
短いフランジバックを持つマウントのレンズは付かない。

表で言えば●より上の短い(上の)フランジバックを持つマウントの
レンズは付かない(◯が無い)のが解ると思う。

より正確に言えば、当該カメラより
フランジバックが短いマウントのレンズも
マウントアダプタさえあれば装着は出来るが
ピントの無望遠が合わなくなる、具体的には
フランジバックが1mm違うだけでも近接撮影しかできなくなる。


が、ここからがヤヤコシイ話なのだが…
フランジバックを見れば”大体”レンズが装着可能か解る、
と書いたのには意味がある。つまり例外があるのだ。

マイクロフォーサーズ(以下M4/3)の列を見てもらえば解るが
M4/3のフランジバックは19.30mmなので、
17.526mmのCマウントレンズは理論上付かない。

が、表を見て解るようにCマウント用のアダプタは存在する。

これはどういう事かと言うと、マウントアダプタが
通常のフランジバックの起点となるマウント面から
内部にめり込む用に加工してある事により
レンズの位置が17.526mmにしているのである。


他にも例外はいくつかあって、
例えばNikonは46.50mmとフランジバックが長いので
大概のレンズはつかないと言われているが
ボクの手元にあるディッケルマウントのアダプタは
APS-CのD40等に付ければ無望遠近くピントが来るので
F8位に絞れば問題なく使えてしまったりする。
#D700等のフルサイズではミラーが当たり使用不可

またマウントアダプタが無くてもアダプタを何枚か重ねたり
調整用のレンズを付けたり、果ては改造したり…
と、言うわけでマウントアダプターを使って
様々なレンズを楽しむには結構情報を集めなければならない。
ここが初心者には敷居が高い所かな、と思う。

よってこのブログでは初心者向けに代表的なものとして
M42マウントレンズを使った遊び方を次回から解説しようと思う。


つづく


追伸:
マウントアダプタは沢山のメーカーから沢山の種類が出ているので
全てをまとめた総合カタログのようなものが作れればと思っていたら
こんな便利なカタログを見つけた。

M4/3以外でもこういうの欲しいですね。



※トップの写真はVoigtlander SEPTON 50mm F2















↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログパーツ
↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/101-03dbdf6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。