Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PENTAX K-x Review-2 -M42 Mount Digital Body 

 

D40→E-620→E-P1→K-xとスナップに適したカメラを求めての視点での
レビュウ続き、K-x編その2、オールドレンズ遊びに最適なK-x編です。


K-x with E.Ludwig Meritar 50mm F2.9

前回は飽きが来ず、ハマるカメラとしてK-xの魅力を 初級者向け・中上級者向けに分けて書いてみた。 結構な反応があって驚きだが、本当にK-xは良いカメラです(笑) そして最近これまた嬉しいことに好評を戴いている オールドレンズを考えるの連載でM42マウントを取り上げたが M42マウントを楽しむボディとしてK-xが現段階では最適だと思うので 今回はK-xのレビュー2と、オールドレンズを考えるを連動する形で K-xをススメる理由とM42マウントの実際の使い方を解説してみたいと思う。


先ずK-xをM42レンズの母艦としてオススメする理由

1)MF時に音で知らせてくれるフォーカスエイド
2)露出計の使用が可能で測光が正確
3)ほぼ全てのレンズが問題無く装着可能


最近古いレンズをデジタル一眼に付ける動きは
どのメーカーのカメラユーザーでも密かに流行っているようだ。

実際ニコンD40があこまで売れたのは、古いニッコールレンズが
ほぼ全て装着出来るという事で昔からのレンズ資産を持った
ハイアマの人がこぞって買ったという話もある。

M42マウントのレンズは前述の通り、
現行のほぼ全てデジタルカメラには装着可能だが
(ニコンだけは補正レンズ付きアダプタでないと近接撮影のみ)
実際使い勝手を考えるとK-xが一番だ。

以下、その理由を詳説する。


1)MF時に音で知らせてくれるフォーカスエイド
マニュアルフォーカス(以下MF)を初めて使う人は
その難しさにちょっと気後れすることだろう。

しかもAFが前提のデジタル一眼の場合はファインダースクリーンには
フォーカシング用のスプリットやマイクロプリズムはないし、
更に大概APS-Cサイズなのでファインダーは本来のフィルム機と比べ小さく
ピントの山も掴むのには相当な慣れが必要である。

現行のデジタル一眼レフにはこうしたMFレンズを付けた時用に
ファインダーの隅に合焦した際点灯する、合焦マークをフォーカスエイド
(D40の場合はファインダ下部カメラ設定情報の列の最左隅の)
と称しピントが合った事を知らせてくれるが、正直使いやすいレベルでは無い。

というかピントの合焦点、つまりファインダの隅っこのばかりに
気を取られて作画に集中出来ないのが困る。


その点普段AFレンズを使っている時のように
合焦時に音で知らせてくれると、これはMFを使うのが楽しくなる位
便利至極なのである。

その他PEN E-P1のような電子ファインダー機は
ピント位置を拡大表示してくれるのもあるが
音で知らせてくれる便利さに叶うものでは無い。

そう、もうこの性能だけで古いMFレンズを使うには
K-xが一番と言っても過言では無いのだ。



2)露出計の使用が可能で測光が正確
古いレンズを付けるとピント合わせ以外にも
露出の設定もマニュアルでやらなくてはならない時がある。

これは絞りのF値がカメラ側に伝わらないからであるが
大体カメラによって露出の設定に関しては
以下4つの種類があるようだ。

a)露出計で測光すら出来ない完全マニュアル機(D40等)
b)露出計は動くがレンズの絞り情報の伝達が条件のもの(D700等)
c)絞り優先AEを前提に露出計が動くもの(EOS、PEN E-P1等)
d)測光ボタンを押すと適正露出のシャッタースピードになるもの(K-x)


EOSやPEN E-P1等でオールドレンズを使う人は
絞り優先AE(Aモード/Avモード)で行う人が多いと思う。

ボクもE-P1の時は絞り優先AEで使うことが多いのだが
たまに露出がバラつくような時がある。
#古いレンズ使用は普通の使い方ではないのである程度しょうがないのだが

その点K-xのグリーンボタンにTvSHIFTを割り当てたときの測光はやたらと正確だ。
現時点でボクが知る限りはこちらもオールドレンズを使う際の露出設定で
一番使いやすいカメラと言える。


3)ほぼ全てのM42レンズが問題無く装着可能
フランジバックの話をした時”大体”装着可能か解る、という書き方をした。

実はM42のレンズの中でもそれなりに例外はある。

具体的には後玉がせり出したりしているようなレンズ、
例えばKilfittのMakro-Kilar E 40mm F2.8なんかがその手で有名だが
キヤノンのフルサイズ機ではミラーが後玉に干渉するようだ。

ボクはココに示している通りのレンズを所有しているが
少なくとも所有レンズの中ではK-xは問題が発生していない。





次回はM42マウントレンズの実際の使い方について書きます。


つづく


※トップの写真はE.Ludwig Meritar 50mm F2.9















↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログパーツ
↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

このK-X、こういう色もモビルスーツみたいで格好良いですね。
ズームの露出はどうですか?
アンジェニューのズームをつけるのに1台Kマウントボディが欲しいと思ってますが。
それともK-7のほうがいいんでしょうか。
遊びで使うんで、K10とかでもいいんですが。

Re: タイトルなし

K-xのこの色いいでしょ
結構気に入ってます(^^

露出に関してはグリーンボタンの設定を”TvSHIFT”にすれば
かなり正確な中央部重点測光してくれます。
やり方は下記に書いてますのでご参考まで
http://anh23.blog32.fc2.com/blog-entry-112.html

K-xは安いしマウント遊びをするにはとても良いカメラだと思います(^^


> このK-X、こういう色もモビルスーツみたいで格好良いですね。
> ズームの露出はどうですか?
> アンジェニューのズームをつけるのに1台Kマウントボディが欲しいと思ってますが。
> それともK-7のほうがいいんでしょうか。
> 遊びで使うんで、K10とかでもいいんですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/110-62919d00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。