Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO 

 

東京という所は被写体に恵まれていると思う

Archetecture in Tokyo
Praktica PLC3
Carl Zeiss Jena	PANCOLAR 50mm F1.8
ARISTA EDU ULTRA 400



これまでNY、LA、SF、ロンドン、パリ、アムステルダム、シンガポール、上海と
世界の経済や文化の大都市と言われる所に行ってきたけど
東京が一番刺激的

ボク以上に世界の都市を巡った友人と話しても同じ意見

先ず食べ物がダントツ美味い(笑)


NYやパリなんかは何処を切り取っても絵になる、
というか絵葉書そのままみたいな絵が撮れる

でも多様性とか言う面では東京が一番なんだと思う

古くからの寺社や街並みがあるかと思えば
近未来的なものが側にあるし
サブカル的な世界は安全にトビラを開いているし
街にはいろいろな人が溢れている

カメラを片手に歩くお陰でいつも新たな視点を覚える
というか自分の視野の狭さを教えられる

普段暮らしなれた街だと視点もマンネリになりがち
この街はフォトグラファーの力量が試される街、と
ときどき思う



Window
Praktica PLC3
Carl Zeiss Jena	PANCOLAR 85mm F1.8
ARISTA EDU ULTRA 400


建築物もそう

国立新美術館は言わずと知れた黒川紀章の名建築で
これまでも結構いろいろな所で写真を目にしていた

やっぱ写真に真摯な者としては誰が撮ってもサマになるものでも
ちょっと違った視点で捉えてみたいもの

建築写真は歪曲収差に悩まされるので
プラクチカにモノクロフィルムを通し
35mm、50mm、85mmの単焦点レンズで
ギミック無しで一度挑戦してみた



Cafe in future
Praktica PLC3
Carl Zeiss Jena	PANCOLAR 85mm F1.8
ARISTA EDU ULTRA 400



でもやっぱり難しいなぁ
あらためて見ると空間の美しさに驚嘆するばかりで


黒川紀章の意図に近づけた気もしない
やはり建築家ってスゴイと思う。


でも上のカフェなんて、外国の人が見たら未来建築そのものなんだろうな

光と影のコントラストを追っているだけで
ちょっと不思議な気分になってきた


あらゆるものが存在するような魔都とも言える東京

夢は一度自分の東京像を写真集にする事だ
(夢が大きすぎw)


THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO
Praktica PLC3
Carl Zeiss Jena	FLEKTOGON 35mm F2.4 MC electric (RED)
ARISTA EDU ULTRA 400













↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログパーツ
↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

私も色んな所をいってみましたが、おっしゃった通りだと思います。いつかまた東京へ行って建築写真撮りたいですが、三脚ダメなところが多くてそれが難関ですね。

Re: タイトルなし

そうなんですよね。三脚禁止が増える一方で困ります…
ごく一部の人覗いてフォトグラファーは皆マナーはいい方だと思うんだけどなぁ…

コメントありがとうございました!
今後もよろしくお願いします(^^

> 私も色んな所をいってみましたが、おっしゃった通りだと思います。いつかまた東京へ行って建築写真撮りたいですが、三脚ダメなところが多くてそれが難関ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/118-e1f55493

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。