Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕のコダクローム -Kodachrome 

 

先日伝説のフィルム、コダクロームをeBayで手に入れた。

Unused Kodachrome in 1976


コダクローム64(KR)ひとつは1984年に期限切れ、
もう一つはなんと1976年!

髭と眼鏡でちょっと小太りに笑顔と言った
典型的なアメリカの良いオジサンみたいな人(笑)から
7ドルで買った(ご丁寧にThank youレター付だった!)



コダクロームは1935年発売の世界初のカラーフィルム。

重厚な発色、高解像度、耐変色性などには定評があり
かつては全世界的に一世を風靡し愛用する写真家が多かった。
ボクの好きな浅井慎平さんも代表するコダクローム派の一人だったという。

HDでも壊れようものなら一瞬にして消えてしまうデジタル写真と違い
フィルムは耐久性に優れていると言われてきたし、
昔は100年フィルムと謳った宣伝もあった。

ココに1953年未だ米国占領下にあった沖縄を
コダクロームで撮った写真があって、
その鮮やかな色彩は非常に興味深い。


下記は1922年にKodakが行ったKodachromeの貴重なテスト動画




コダクロームによってメディアは色彩を手に入れた訳だ!

歴史的に重要かつ多大な貢献を世の中に行った
正真正銘の伝説のフィルムと言えよう。



が、フィルム好きな人は御存知の通り
コダクロームはもう売ってない…



理由は現像に手間がかかるからで、
コダクロームは外式リバーサルフィルムといい、
現在も販売している内式リバーサルフィルムとは違い
現像工程が特殊(K-14処理)でかつては日本国内でも現像所が限られていた。

少し専門的になるが、カラーフィルムを発色させるには
シアン、マゼンタ、イエローの3原色の発色剤・カップラーという薬品が
必要で、この発色剤がカップリングと言う有機化学では代表的な化学反応を
おこして発色する。

このカップラーをフィルムの乳剤中に添加しておく方式が内式カラーフィルム、
現像液にカップラーを添加する方式のことを外式といい、
外式は、シアン・マゼンタ・イエローと三種の現像液で3回現像する。

使い勝手の面では、現像が一回で済む内式方式が便利だが
未発色のカップラーが乳剤中に残り変色の原因となったり、
乳剤中にカップラーを混入する事によって色の滲みが発生し易く
シャープネス面で外式に比べて低くなる弱点があるという。



07年末に国内の現像は全て終了し、現在では世界中にたった一箇所、
米国カンザス州Dwayne's Photo社のみが2010年末まで受け付けている。

ココにDwayne's Photo社に現像を出した人の体験記が載っていて
これを見て思わずへー、と眺めていたeBayをポチってしまったのだ。

ボクはD300を買う迄、長~~いカメラブランクがあったので
Dwayne's Photo社のHPにあるようにひとつの時代が終わるにあたって
手を出さずにはいられなかった。



御存知の通りフィルムは生もので、賞味期限がある
#ちゃんとした売り場では生鮮食料品みたいな冷蔵棚にあるでしょ(笑)

既に34年前に賞味期限切れなので当然発色はどんなものになるか
皆目見当がつかないし、ひょっとしたら全然使えないかもしれない。
#食品だったら既に土に帰っているだろうw



ところでポール・サイモン(サイモン&ガーファンクル)の
”Kodachrome(邦題:僕のコダクローム)”という歌を知っているだろうか






ボクが知る限りフィルムの事を歌っている歌は
この歌しか知らない。

歌詞にはコダクロームの発色の良さがしっかり歌われている。

Kodachrome
♪ They give us those nice bright colors
♪ They give us the greens of summers
♪ Makes you think all the world's a sunny day, Oh yeah
♪ I got a Nikon camera
♪ I love to take a photograph
♪ So mama don't take my Kodachrome away



フィルムを巡る現状が時を追うごとに厳しくなる中
最後のコダクロームを使ってみようと思う。

が、一体何を撮ろうか本当に迷っている…

もちろん使うカメラだけはナイコンに決まっている!












↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログパーツ
↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/125-5db3d87b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。