Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラが時を越える時 -Photo could be beyond over the time 

 

写真って時を越える事があると思うんです。

100519M3_LuckySHD100017
Leica M3
Carl Zeiss C Sonnar 50mm F1.5 ZM
LUCKY 新一代SHD100



これは近所の江戸川河口あたりの写真。

毎日見慣れている景色なんだけど、
この日は半世紀近く前のライカM3を手に入れたばかりで
中国製のちょっと珍しいモノクロフィルムを入れてみた


粒子が粗めで性能的にはちょっと◯◯なこのフィルムに写った景色は…
そう小学生の頃見た行徳の景色を…思い出した。


また東京ディズニーランドが出来るはるか前
小学生だったボクは変わりゆく東京湾の海を眺めていた

海と言っても海水浴場のような賑わいはなく
ちょっとドンヨリと曇った日
低湿地らしい茅場が所々残る
沢山のダンプカー
すこし淀んだ雰囲気…

あの先にディズニーランドが出来るんだよ
と言われて嘘だぁ、と呟いたのも覚えている。




時としてカメラは時空を超えると思う。
そこに写っているのは”今”はもちろんなんだけど
”今”を越えた過去の映り込みを感じる事がある。

それはデジャ・ビュ(既視感)ともまた違うのだ。














↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログパーツ
↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/131-0a53a2e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。