Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工場萌え -Industrial Complex MOE 

 

Lights on industrial complex
Nikon D700
Nikon	AF-S Nikkor 70-200mm F2.8G ED VR II
M ( F2.8 -2) ISO200 AWB 


ちょっと前に工場萌えという写真集が異例の売上とかで話題になった。

こういったテクノスケープはかなり以前から好きだったし
近所にいくらでも似たような景色があったのでいつでも撮れたが
なんかブームに安易に便乗して撮るのも小恥ずかしいので
これまで撮影はしてこなかった…


昨日NHKのWonder x Wonderという番組で
まさに工場萌えな特集をしていたのだが、
番組の後半のコーナーで登場した
ネジ工場で働く19歳の女の子の爽やかな笑顔と
工場ともの作りを愛する姿を見ていたら
思わず感動してちょっと涙してしまった…



Industrial complex
Nikon D700
Nikon	AF-S Nikkor 70-200mm F2.8G ED VR II
M ( F2.8 -2) ISO200 AWB 



それで早速工場を撮ってみたくなり(←単純)
横浜の帰りに、工場萌えな人たちの聖地
京浜工業地帯の川崎へ足を延ばしてみた。


ロケハン無しでいったので場所を探すのに一苦労…
工場萌えの巻末には撮影スポットの紹介があるので
持ってくれば良かったと後悔…


やっとそれなりの場所を見つけて
三脚を立てて写してみた。

当然敷地内は入れないので遠景を望遠で引き寄せるのだが
レリーズケーブルを忘れてしまい(汗)セルフタイマーで撮影。

さらに街灯の光も差し込みがちで
やってみると結構大変かもです。

点光源も多いので最新のレンズ、70-200VR IIにしたのだが
こちらはサスガ…というか、コマ収差が皆無で
ナノクリスタルコート効果の恩恵でゴーストもゼロ

普段からオールドレンズ贔屓のボクだけど、
夜景に関しては最新レンズの独壇場ですよ、はい。



Industrial complex
Nikon D700
Nikon	AF-S Nikkor 70-200mm F2.8G ED VR II
M ( F2.8 -2) ISO200 AWB 



工場はやっぱり夜景がいいですね。

映画ブレードランナーみたいな
ちょっと非日常で未来的な感じが不思議とする。
工場自体は既に古いもんなんですけどね。

こういったテクノスケープ写真については
写真評論家の飯沢耕太郎さんが
マイコミさんのコラムで面白く解説してくれています。

個人的には撮るなら三重県四日市市の巨大コンビナートか
大阪にある中山製鋼所をやってみたいですね

とくに中山製鋼所はハリウッド映画「ブラック・レイン」の
ロケ地として有名になりましたが、
工場の錆の出具合がまさにワビサビというか
いい味出しすぎてます



ところで個人的には工場”萌え”というネーミングの勝利だと思うんですよね。
“工場”と”萌え”という相反するイメージを掛け合わせたインパクト

普段写真集買わない人でもこの言葉だけは一回で頭に定着するし…
この言葉で眠っていた見たい願望が顕在化したと思う。


実際今でもたいしたブームみたいでして
横浜大桟橋から出港する京浜工業地帯の工場夜景探検ツアーは
今日聞いたらなんと週末はずっと予約で満席らしいです!!



Fire in the night
Nikon D700
Nikon	AF-S Nikkor 70-200mm F2.8G ED VR II
M ( F2.8 -2) ISO200 AWB 


乾いた音を静かに出して燃える火が素敵でした。
工場萌えw





http://journal.mycom.co.jp/column/photologue/001/index.html









↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良いブログパーツ

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/142-fc0c6028

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。