Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行徳寺町3 -徳願寺 (行徳札所第一番) 

 

徳願寺
Nikon D700
Tamron	SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09 II)
A ( F13 -1/200) ISO200 AWB -0.7EV


行徳寺町を紹介するシリーズの3回目です。
1)行徳寺町
2)行徳寺町の歴史

も是非お読み下さい。



徳願寺は行徳寺町の代表的なお寺だ。


歴史や由緒の正しさや規模からもこの一帯有数の寺であり
寺の所蔵品も興味深いものが多く、見所が多い。

更に三十三箇所観音札所巡りの第一番という事で
かつてよりこの辺りを散策するにあたって中心となる寺でもある。


徳願寺
Praktica MAT
Carl Zeiss Jena	FLEKTOGON 35mm F2.4 MC electric (RED)
FujiFilm SUPERIA PREMIUM 400



明治になってからも、一時印旛県庁が本堂に置かれたり、
行徳小学校が寺を仮校舎として開校しているなど
地域一帯に重要な役割を果たしてきた。

また地下鉄東西線妙典駅から徒歩10分弱と近く
最近整備されつつあり寺町通りの中心でもある。

境内も広く、庭も美しいので行徳寺町巡りには
この徳願寺を起点とすれば良いであろう。


徳願寺
Nikon D700
Tamron	SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09 II)
A ( F4 -1/200) ISO2500 AWB -1.0EV


徳願寺はもともと普光院とよぶ草庵で、浄土宗勝願寺の末寺だった。

慶長15年(1610年)徳川家康の帰依により、
あらたに堂宇が交流され、
徳川のと、勝願寺のをとって、
改めて「徳願寺」の名がつけられたものである。

そのためこの寺では、徳川の「三つ葉葵」の紋所を付けることが許されている


徳願寺
Nikon D700
Tamron	SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09 II)
A ( F4 -1/125) ISO400 AWB -1.3EV




山門と鐘楼は安永4年(1775年)の建築で
この寺の最古の建造物であり、
江戸彫師による江戸時代中期の本格的な彫刻がある。 


徳願寺
Nikon D700
Tamron	SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09 II)
A ( F14 -1/160) ISO200 AWB -1.0EV


袴腰の整った鐘楼は、特にめずらしいものであり美しい。
行徳領ではここだけである。


徳願寺
Nikon D700
Tamron	SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09 II)
A ( F13 -1/160) ISO200 AWB -0.7EV


大晦日の除夜の鐘は近所の者が鐘を突きに来るが
温かい甘酒が振舞われたりして雰囲気が良く、
ボクも大晦日から元旦にかけては毎年訪れている。

つづく













↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良いブログパーツ

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/147-751b72ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。