Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF) Review 

 

初めてのレンズのレビュウとして
Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)について書いてみようと思う。


D700 + Ai AF Nikkor 85mm F1.4D



カメラのボディについてはモデルチェンジが早いせいもあって
これまでレビュウを沢山書いてきてアクセスも好評だった。

ボディ以上にレンズを沢山持っている身としては
レンズは先ず一番好きなレンズを紹介したいと思っていたが
好きなレンズが多すぎて迷っている内に書けないでいた(笑)

後継レンズのAF-S NIKKOR 85mm F1.4Gが満を期して出たので
それを記念して(?)レンズレビュウ第一弾として
ニコンの代表的名玉のひとつAi AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)を
ここで紹介しようと思う。



Furin
Nikon D300
Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)
A ( F1.8 -1/100) ISO500 AWB -0.3EV


このレンズはボクがレンズ沼に入るキッカケとなったレンズだ。

ある日偶然To Taste ~ I Love Nikkor with Friendsという
takany_さんのブログに辿り着いた。


そこで三社様を撮ったこの作例を見たのだが
あまりの美しい描写にため息が出てしまった。

その立体感と空気感という数値に表しにくい描写が
あまりにも図抜けていて感動して直ぐ買ってしまった。

写真はレンズで決まる、というのをまざまざと実感して
ズームレンズと次元の違う描写に心底惚れ込んでしまった。



Stream
Nikon D700
Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)
A ( F1.8 -1/1600) ISO400 AWB



このレンズはポートレイト用レンズとして有名だ。

だが、ボクは主に風景用のスナップレンズとして使っている。

もちろんポートレートにも格別の描写をするのだが
そのどこか儚気(はかなげ)な描写は被写体を選ぶ

そう、女性なら深窓の令嬢とか透明感があって細身の人。

このレンズは発色がNIKKORに珍しくやや寒色系なので
元気一杯グラマラスな女性なんかを撮るんだったら
Ai AF DC-Nikkor 135mm F2Dで撮った方が
断然健全な色気と肌のツヤを表現してくれる。

このレンズはどこか薄幸の美女とか(笑)
繊細な”何か”を表現するのに適していると思う。


この特徴をボクなりに3つに分けて言うと
・線が細く緻密かつ繊細な描写
・空気感まで写しとる不思議なチカラ
・あくまでも美しく自然なボケ


特に大口径レンズだし、値段が3分の1位の
Ai AF Nikkor 85mm f/1.8Dというレンズもある事から
ボケ味が気になっている人も多いと思うが
その美しさは1番目の作例でお分かりだと思う。


Aoike -most beautiful water in Japan
Nikon D700
Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)
A ( F2.8 -1/12500) ISO800 AWB -1.3EV



2番目の作例は遠野のカッパ淵なんだけど、
北国の寒村のちょっと澄んで冷えた空気感を出すには
もうこのレンズしかないし、ワビサビというか
言葉ではどうしても上手く表現する事が出来ない
どこか儚気な一瞬を切り取るにはこのレンズしか無いと思う。


前段で発色はニッコール系に珍しい寒色系と言ったが
その色味は普段は僅かに感じる程であっても青系の被写体を選ぶと
上の3番目の作例のように大胆にして透明感ある非常に美しい発色をする。

これは青森県の白神山地で撮ったのだけれども
この時はあまりに美しい景色にレンズを取っかえ引っかえ
いろいろと試したがやはりこのレンズがズバ抜けていた。



Sakura in the night ...fascinating cherry blossoms
Nikon D700
Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)
A ( F1.8 -1/80) ISO800 AWB



また、大口径で明るいレンズという事は
ハイスピードレンズとして夜にも活躍してくれる。

F1.4クラスの良いレンズを使ったことが無い人は
無理してでも一度使って欲しいが、
暗くて光が足りない所で被写体捉えるには
明るいレンズの描写は段違いに良い。

最近はD3Sを筆頭にISO感度が昔は考えられなかった位凄いが
いくら高感度性能が上がっても明るいレンズの描写には
絶対に叶わないと思う。

上の作例の桜の美しさもこのレンズでないと
捉えるのが不可能だったと断言する。

夜の祭りの撮影等も明るいレンズで撮ると
祭りの雰囲気全体を収めてくれるので
ボクには欠かせない武器になる。


Beautiful view in Japanese Fes.
Nikon D300
Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)
A ( F1.4 -1/200) ISO1000 AWB -0.3EV


そうは言っても90年代に発売された設計の古いレンズなので
欠点が無いという訳ではない。

フィルム用に元々開発されたレンズの宿命みたいなもので
開放でコントラストが極端に高い被写体を写すと
わずかにパープルフリンジが発生する。
※下記の写真左下の鯉の呼吸で出来た気泡で
 池の水が光に反射している所を注目されたい


また、逆光時にはうっすらとフレアがかかる。


でもボクにしてみればこのフレアもフリンジも
嫌味が無い程度に発生しているので
レンズの味と認識すべきだと思う。

特にこのレンズのフレアは
フレア好きのボクからすれば上品にかかるので
割りきって使いこなす方が良いとさえ思っている。

それでも敢えて注文を出すとしたら
ボクはF1.8にちょっとだけ絞って良く使うのだが
円形絞りとは言え完全無欠な真円では無いところだろうか。
#1枚目の作例見ると少し角が立っているのが解ると思う

オールドレンズには絞り羽を10何枚と贅沢に使っているのもあるので
価格の高いレンズだけに同様に真円まで追い込んで欲しいかなと思う。



Moment
Nikon D300
Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)
A ( F1.4 -1/250) ISO800 AWB



F4~F5.6の線の細い結像はそれは見事なもので
こういったレンズを使わずしてレンズを語ってはいけないとさえ思う。

ナノクリスタルコートを施したAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gの作例も見た。

美しいボケ味と描写は相変わらず健在だが、
ニコンのその他レンズと同じくメリハリの効いた
現代的な鮮やかな発色のレンズとなったように見える。

当然逆光性能は格段に上がったのだろうが
このレンズの描写は弱点も優れた性能になっているように思える。
そう、良い意味で個性的な所があるのだ。


また、大きな前玉と後玉を覗いて見ていると
吸い込まれそうな透明感があって魅力的であると同時に
D3が登場した時のカタログにも装着されていたように
このレンズは本当にカッコイイ

所有する喜びも最大限に体現してくれるこのレンズは
例え新型が出ても絶対に手放したくない、と思わせる
大変な魅力がある稀有なレンズだと言えよう。



After The cherry blossoms are gone...
Nikon D700
Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)
A ( F4 -1/160) ISO200 AWB -0.7EV













↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログパーツ
↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

こんにちは!
白神山地の写真の美しさにほれぼれしてましたっ^^
僕はPlanar85mm使ってるんですが、ちょっとおもくて最近つかってませんでした(笑)
このレンズの写りとっても魅力的ですねっ。

Re: タイトルなし

こんにちわ!
白神山地の写真美しいでしょう(笑)
この時はレンズ6本位使ったのですが
8514がダントツの描写で家に帰ってモニターで見てビックリしたのです(^^

プラナーもいいですよね
使ったこと無いんですが作例見て良いレンズだなあ
と常々思ってました。

ニッコールの8514も機会があれば是非使ってみた下さい。
それと激薄いピントはAFだとホント助かるし(笑)


> こんにちは!
> 白神山地の写真の美しさにほれぼれしてましたっ^^
> 僕はPlanar85mm使ってるんですが、ちょっとおもくて最近つかってませんでした(笑)
> このレンズの写りとっても魅力的ですねっ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/148-8a975c32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。