Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行徳寺町6 -行徳の街並み1 

 

Old House
Nikon FM
Nikon NIKKOR-S・C Auto 55mm F1.2
FujiFilm NEOPAN PRESTO 400


行徳寺町を紹介するシリーズの6回目です。
1)行徳寺町(必見)
2)行徳寺町の歴史
3)徳願寺1 (行徳札所第一番) 
4)徳願寺2 (行徳札所第一番)
5)徳願寺3 (行徳札所第一番)

も是非お読み下さい。


このシリーズの第1回にも書いたが
行徳には昔ながらの古民家が実に多い。

最も古いものは安政元年建築で…とか言うと、
現在の行徳を少しだけ知っている人はいぶかしがるだろう。

実際地下鉄東西線行徳駅周辺はどこにでもあるような
なんの特徴もなさそうな普通の東京のベッドタウンだ。

実は行徳は東西線と平行して走る行徳バイパスという道から
南と北で大きく違うのだ。

南(海寄り)は昔塩田と田畑があった所で新市街と言われ
北(江戸川寄り)が旧市街と言われる。


※行徳バイパスを市川インター方面に臨んだ写真。
 道を挟み左が旧市街、右が新市街
Gyotoku Road
Leica M3 (SS)
Leitz Dual Range Summicron 50mm F2
TUDOR 200



写真の行徳バイパスをまたいで少し奥へ行くと
あまりの違いというか町のコントラストに驚くだろう。

道が広く整地された新市街に比べ
江戸時代から連綿と続く旧市街は
クルマがまともに通れる道は江戸川沿いの
旧行徳街道くらいなもので
あとは細道や、まさに路地裏のような道が
複雑に絡みあっている。

その細い道はかつて小川だったり
用水路だったりした道だ。

こうした道を歩くと何とも懐かしい木造家屋が
そこかしこに昔そのままにたたずんでいる。

古民家は点在して密集している訳ではないので
鎌倉のような統一感のある風情は無いのだが
昔の記憶の点をたどるような面白みが
この街にはまだあるのだ。

今後そうした風情のある街並みを
寺社仏閣の紹介に織り交ぜて紹介したい。


Gate of old house
Nikon FM
Nikon NIKKOR-S・C Auto 55mm F1.2
FujiFilm NEOPAN PRESTO 400












Check

↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/161-8c508d89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。