Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今時の写真の楽しみ方 -How fun to share pictures 



Furin
Nikon D300
Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)
A ( F1.8 -1/100 ) ISO500 -0.3EV AWB


みなさんデジタルフォトをどのように楽しまれているでしょうか

ワタシは広告業界に身をおいてネット系の仕事なんかもしているのですが、
業界ではあまり話題になってはいないものの、次の有力なトレンドのキーワードは写真と思います。
まあ、自分が好きなのもありますが(笑)
考えてみればカメラはデジタルになってから、イメージ入力デバイスに進化したと思うのデスよね。

メーカーさん各位もうっすら気が付いているみたいですが、
今後はネット上での写真の楽しみ方ってブログが広がったように
ドンドン拡大して行く気がします。


写真は撮っているだけでも楽しいものです。
でも人に喜ばれたらなお嬉しく、楽しくなりますよね。


上の写真は米国のflickrという写真共有サイトにアップした
ワタシの写真の中で最もアクセスが多かったものです。
http://www.flickr.com/photos/fukui_norisuke/

写真にコトバの壁はありません。
flickrを通じ既に50カ国の人がワタシの写真を見に訪れ、喜んで貰えるというのは実に嬉しいものです。

また、上の写真みたいな日本ぽい雰囲気が出ている写真が外国の人にも一番人気というような
意外な発見があったりして興味や楽しみが尽きることはありません。

これまでどんなに良い写真を撮っても、多くは家に飾ったり近い友達に見せるのが主で、
一部のヤル気のある人以外不特定多数の人の反応が得られる場は無かったわけです。
その際も多くはフォトコンで選考に勝つという大きなハードルがあり、
自分の写真を見ず知らずの人にも気軽に楽しんでもらうには大きな壁があったと思うのです。


一方、mixi等のSNSが一時期爆発的に流行ったのも、
新しい時代のコミュニケーションの形として受け入れられたからに違いありません。
写真を通じたコミュニケーションも同様にネット時代の新たな形として成り立つはずですし、
そのうちmixiのようなインターフェイスに秀でたサイトが出てくればブレイクしていくと思っております。

ここら辺りワタシが考えていることを書くと長くなるので、またの機会にしようと思いますが、
こんな楽しくて意味のあることがもっと流行らない訳は無いと思っています。

こんなマーケティング視点もどこかに持ちながら、写真を軸にした主にネット上で転がっている
デジタルフォトを最大限楽しむ為の楽しいネタをこのカテゴリでは紹介していければと思います。

もし面白いネタがございましたら視野の狭いワタシの為に皆さん教えてくださいまし。
_(_”_)_












↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログパーツ
↓写真が気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/19-721dd082

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。