Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PENTAX K-5 と K-r を触ってきた 

 

遅まきながら先日発売されたPENTAX K-5K-rを触ってきた。

Catalogue


第一印象はペンタックスらしくない…(笑)

つまり両機とも穴の少ない完成度の高いカメラという感じです(^^

一応ボクもペンタユーザーであるので
悪口を言う訳ではないのですが(笑)
今までのペンタはどこか他社にちょっと劣っている部分がありました。

高感度性能や連写性能、そしてAFの速さあたりですが
それらが全部克服された感じです。

先ず驚いたのはAFの速さですね。
特にライブヴュウ時のは別次元です。

次に高感度性能。

特にK-5は広告でもISO51200と言い切ってしまっているだけあり
ニコンD3の登場以来の驚きがありました。

K-xも高感度性能は優れてましたが
明らかにそれより上、という事は現時点で
APS-CサイズではNo.1の性能ではないでしょうか

売り場でダークスーツ来ている人撮って
背面液晶で拡大表示した限りではかなりのものでした。
猛烈に綺麗なモニターで等倍にしてD700と比べたくなりましたね。

実際、価格コムのこの人のレポートを見ても
ISO12800でもカラーノイズが少なく
常用感度で使えそうな事が解りますがスゴイです。

だいたいISO51200ってバケモノみたいな感度ですよね(笑)

D700でISO6400でF1.2の明るいレンズ使ったことありますが
明らかに人間の目より数倍明るいです。

という事はISO51200だと、もう真っ暗でも写りそうですよw


カメラの最近の進化は凄すぎますね…


最後に思ったのは両機とも感触が非常によく
道具としてのカメラとしてよく出来ていると思いました。
ま、これはペンタの以前から良いところですが



K-7持っていたら間違いなく売ってK-5買いますねw
だって迷う要素が全然ありませんしw

一方、K-xのボクの持っている色はK-rには無いし
K-xは売ってもそんなに値がつかないし…

もちろん欲しくなってしまいましたが最近金欠なので(^^;


結論としてはこれぞペンタユーザーが待っていたカメラ登場!
という感じでしょうか。


K-xはペンタのデジイチで史上最も沢山売れたらしいですが
それを越える全部載せの印象のこのカメラ、
どれくらい売れるものやら非常に楽しみです。

それになんと言っても価格が安い!!
このご時世にこの価格はほんと嬉しいです。
ペンタックス完全復活という感じでしょうか(^^











Check

↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/214-e07270e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。