Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行徳寺町28 -放火から蘇った神明(豊受)神社 

 

神明(豊受)神社
Nikon FM
Nikon NIKKOR-S・C Auto 55mm F1.2
Ferrania EURO PRINT 200 


行徳寺町を紹介するシリーズの28回目です。
1)行徳寺町(必見)
2)行徳寺町の歴史
3)徳願寺1 (行徳札所第一番) 
4)徳願寺2 (行徳札所第一番)
5)徳願寺3 (行徳札所第一番)
6)行徳の街並み1
7)徳願寺4 (行徳札所第一番)
8)常運寺1
9)常運寺2
10)行徳の街並み2
11)福泉寺 (行徳札所第二番)
12)長松禅寺1 (行徳札所第三番)
13)長松禅寺2 (行徳札所第三番)
14)妙応寺1
15)妙応寺2
16)妙頂寺
17)世界に誇る行徳の伝統事業 -神輿
18)500年の歴史を持つ浅子神輿店
19)香取・相之川例大祭
20)行徳神輿の担ぎ1 地摺り
21)行徳神輿の担ぎ2 さす・投げる
22)行徳神輿の担ぎ3 子供神輿と人々の笑顔
23)自性院1 (行徳札所第四番)
24)自性院2 (行徳札所第四番) 勝海舟の歌碑
25)神輿の故郷、中台製作所にお邪魔しました
26)貴重な神輿制作の現場取材記
27)現代の神輿師中台洋さんにお話を伺う

も是非お読み下さい。


行徳寺町シリーズ最初の神社の登場です。

この神明(豊受)神社は旧行徳街道沿いに
先に紹介した自性院の隣にあるもので
一際新しい社殿が先ず目に付く。

実は社殿が新しいのには訳があって
2007/2/28に放火されてしまったのだ。

犯人は捕まっていて、賽銭箱のお金を取るのが目的で
証拠を消す為放火したとの事…
神様に火を放つとは罰当たりなヤツである。

放火された年の秋は後述する3年毎の大祭で、
関東一の本行徳の大神輿が担がれる年でした。

宮元の神社の消失にて大祭は中止、
神輿は消失をまぬがれたが渡御中止となりました。

以前紹介した浅子神輿店も地元の自作の神輿が担がれるのを待っての
長い歴史の閉店予定でしたが有終の美を飾れなかったとの事。

たわけ者のお陰で大変残念です。

新しくなった神社自体は日本全国どこにでもあるような風情ですが
狛犬がなかなか立派な顔つきなのです(トップの写真)


神明(豊受)神社
PENTAX MX
RICOH XR Rikenon 50mm F2
Kodak COLOR PLUS 200


この神社は本行徳(1丁目から4丁目と本塩)の総鎮守。
古くは神明社(宮)といったそうです。
主祭神は豊受大御神。

豊受大神宮は伊勢神宮の二つの正宮のうちの一つで、
一般には「外宮(げくう)」と呼ばれる。

江戸時代、伊勢神宮と呼ばれた神社は明治になり、
畏れ多いと云うことで、神明神社とか、御祖神社と
名称を替えさせられたのだそうです。


この神社の起こりは、金海法印という山伏が
伊勢内宮の土を中洲(江戸川区東篠崎辺り)の地に運び、
内外両皇大神宮を歓請したのが始まり。

時は大永7年(1527年)、天文11年(1542年)、
そして慶長19年(1614年)の説があるそうです。

金海法印は土地の開発と人々の教化に努め
徳が高く行いが正しかった事から多くの人々に
「行徳さま」と崇め敬われたそうです。

そしてこれが現在の行徳の地名になった訳です。

中洲に建てられた神明社が現在の地に遷座したのは
寛永12年(1635年)の事で葛飾誌略という本には
以下のような記述があり屋台の出る賑やかな祭りの様子が
書いてあるそうです。

「中洲に在るときは小祠なり。寛永十二己亥大社に造立。
その造建ての説、十五箇村より寄進ありといふ。
本願主田中嘉左衛門。元文二丁巳年・享保元年申年とも
田中三左衛門催しにて、祭礼に初めて屋台を出す。
町内もこの時四丁に分る。神殿とも屋台五つ、
新宿客祭りとして屋台以上六つなり」

境内には金比羅社、道祖社、水神社、稲荷社の
四社も祀られています。

◆行徳五ケ町の大祭

産年に一度10月に行われる本祭りには
約500キロの重さがある立派な宮神輿が登場します。

その年の豊作のお礼と来年の豊作、
そして町内の安全を祈願するお祭りとして
地元に昔から伝わる祭りのカタチを今も伝えており、
その神輿を担ぐ様子はこの地域でしか見られない独特のものです。

その様子は以下のエントリーで是非御覧ください。

19)香取・相之川例大祭
20)行徳神輿の担ぎ1 地摺り
21)行徳神輿の担ぎ2 さす・投げる
22)行徳神輿の担ぎ3 子供神輿と人々の笑顔


神輿は当神社で「御霊入れ」の神事を行った後、
下新宿稲荷神社へとわたります。

稲荷神社を出ると神輿は本行徳一丁目から順に
二丁目、三丁目、四丁目、そして本塩へと渡御(とぎょ)され
豊受神社で宮入りをした後、当神社へと戻っていきます。

神社自体はコンパクトなものですが、
この祭りは首都圏に住んでいる方には是非一度見てもらいたいですね。


神明(豊受)神社
PENTAX MX
RICOH XR Rikenon 50mm F2
Kodak COLOR PLUS 200


◆神明(豊受)神社
千葉県市川市本行徳1-10


大きな地図で見る







Check

↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 写真ブログへ

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

そいつは多分バチが当たってますね
ここのお稲荷さまはガチなので
復活して何よりです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/230-117a4c90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。