Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラを買おう! -Buy your own camera! 

 


Used to be my dream

カメラを買おう!


と、最近ボクは周りの人、皆に勧めている。

カメラがもたらしてくれる喜びは大きい。
ネットで公開する事を覚えればその喜びは更に大きい。

こんな本質的な面白さを楽しまないなんて勿体ない。
多趣味で飽きっぽいボクが言うのだから間違いない(笑)

19歳、写真を撮り始めてよかったと思える5つの理由。
という素晴らしいエントリも見つけたので
まだちゃんとしたカメラを持ってない人は
先ずは是非読んでみて欲しい。

そして自分なりにも以下のようにオススメしたい!


◆コンデジやケータイしか持ってない方へ

少しでも興味があれば騙されたと思って先ずデジタル一眼レフを買おう。

それも最初の一台は最近流行りのミラーレスではなく
光学ファインダーの一眼レフが絶対良い。
理由はふたつ

1、レンズを通して自分だけの世界が写りこんでいる事を体験して欲しいから
2、ファインダーを覗く方が良い写真を撮る集中力が得れるから

ミラーレス等の液晶ファインダは便利だし今後の可能性は無限大だけど
やはり自分の見ている世界と光をファインダーごしに実感し
良い写真を撮る為に画面隅々に集中するには光学ファインダーが一番だと思う。


そしてデジタルカメラの最大の利点は何度でも気軽に失敗出来る事だ。

自分の気持ちがこもった写真を撮るのであれば
カメラのいろいろな機能をいじることになる。

何故デジタル一眼レフなのか、という素朴な疑問の答えも
以前書いたようにここにあるのである。

つまりカメラを自在にいじることが表現する写真への第一歩だ。

最初は失敗するかもしれないが臆せずチャレンジ出来、
写真の上達に直結出来る現在のデジイチの恩恵を享受して
目いっぱい楽しんだほうが得だ。

実際ボクが半ば強引に背中を押した人の多くが
その後イキイキとして写真へのめり込んで行くのを何度も見た。

カメラは無くても生活に困らないかもしれないが
カメラがあると人生に潤いが出来るはずだ。
その潤った果実は想像するより大きい。


◆デジタルカメラしか知らない方へ

デジタル一眼レフの面白さに目覚めた人は最近非常に多いだろう。
でも、上に書いた話と相反する話なのかもしれないが
最新のカメラはあまりにパシャパシャ撮れるのでちょっと飽きたり
何らかの壁を感じたりする人も時としているのではないだろうか…

そんな写真に対して真摯な気持ちを持ちつつも
本当の意味での”刺激”を求める人には
ボクはフィルムカメラも一台持つことを強く推奨したい。


カメラと言えば携帯が中心でフィルムなんて触ったことも無い人が
気が付けばマジョリティの世界になってしまった。

以前書いたように今だってフィルムのアドバンテージはあるのだが
フィルムと言えば時代遅れで不便というイメージも付いて回る。

確かにデジタルと比べて何かと手間がかかるし
今ではデジタルと比べてその違いはとても微妙なもの

が、デジの絵も素晴らしいが、あのパキパキシャープで硬調な絵は
時々見ていて疲れる気がするが、フィルムの写真は
不思議と目に馴染む…

と、思うのはFilm好きのボクの偏った見方かもしれないが
微妙ながらも素人でも何となく解る違いがあるのも事実だ。

フィルムで写真を撮る事は決して懐古趣味ではない。
デジタルとは別の表現なだけだ。
そして写真の原点なのだ。



ところで先日ホンマタカシさんの良書に巡りあえた。
「たのしい写真―よい子のための写真教室」

その本でアラーキーこと荒木経惟さんとホンマさんが
プラウベル・マキナというカメラについて対談している。
不自由なカメラのすばらしさについてだ。

良い写真を撮るのに最高性能のカメラは必ずしも必要はない。

こういうと前述したように相反する話で混乱するかもしれないので
デジとフィルムの捉え方を提案したい。


例えるならデジタルは電子ピアノで
フィルムはアコースティックピアノ。

電子ピアノは既に素人には全く見分けがつかない音を出すが、
ピアノは弦をハンマーで叩くことで空気が微妙に揺れる音は
スピーカーから出てくる音とは明らかに違う。

もちろん電子ピアノの利便性は素晴らしいものだし、
音楽のジャンルによってはそれこそ全く”本物の音”だ。
が、やはりピアノを真剣にやるなら両方やった方が良い。

ここでフィルムを必要以上に礼賛するつもりは無い。

が、ちょっと手間暇がかかって少し不便な方が
アラーキーさんの言うように良い場合も写真にはある。

それにフィルムカメラの方が構造が単純な分、
カメラの仕組みも実感として分かるし、
何よりデジタルに戻ったとき、その便利さの
本当の価値を実感出来るので技術は確実に上がる。

そして成功するかドキドキしながら
一枚一枚大切に撮るフィルムは更に上達をアシストしてくれる。

フィルムのホントの良さは後でじんわり解るものだが
表現することに真摯なのであれば原点を知る意味で
やはりデジとフィルムは両方やった方が良いと思うのだ。

デジタルでもアナログでも写真は写真なのだ。


◆フィルムカメラは今が旬(?)

現在フィルムカメラを作っている会社は僅かだし
新しいカメラは殆ど出てこない。

それがフィルムは時代遅れ感を醸し出しているのかもしれないが
発想を変えれば今はフィルムを始めるには良い時期かもしれない

以下に理由を列挙してみる。


・中古の値段が安い
ボクは昨年沢山のフィルムカメラを手に入れた。

でも正直言うとほとんどはミーハー気分が購入理由だ。

トップの写真のNikon FM、OLYMPUS OM-1、PENTAX MXは
子供の頃カタログ見て憧れていたカメラばかり。

こうした憧れだったカメラがものによっては新品同様で
今は一万円そこそこで手に入ってしまう。

これって少なくともボクには大変エキサイティング!
どのカメラもカッコよくて毎日手にとって満足してます。

フィルムカメラを持っているとなんかちょっとカッコイイ♥
みたいな気分で始めても全然良いと思う。

20万する高いカメラやレンズを追いかけるのも良いが
ちょっと視点を変えたValue for Moneyな買い物をするのって
とっても良いことだと思うのです。

フィルムの人気が落ちている今は逆にチャンスかも?!(笑)


・レンズは活きる
しかもこうしたカメラのレンズはデジタルでも共有出来る事が多い。

いつかカメラ本体は飾りにしかならない時代が来るかもしれないが
レンズがある限り掛けたお金は無駄にならないのだ。


・未だ色々なフィルムを楽しめる
ボクの手元には今121種類のフィルムがある。

フィルムが直ぐに無くなる事は無いだろうが
今後も日を追うごとに無くなる銘柄はあるだろう。

昨年末もASTIAとNEOPAN Super PRESTOがひっそりと製造中止となった。
#ASTIAは35mmのみ製造中止

フィルムを存分に楽しむには、ひょっとして今が
最後の時期なのかもしれない。
これに乗り遅れてはいけない!!(笑)


・スキャナが安い
フィルムやるとなると一番気になるのはランニングコストかもしれない。
しかも今大不況だし。

でもハイエンドのものでもスキャナは2万ちょっとで買える。

ランニングコストを抑えるなら暗室自家現像という手もあるが、
スキャナは便利だし何よりデータに出来ればネットで発表できる。

また最近本格的にスキャニングを勉強したボクからすれば
フィルムをスキャニングし自分で現像作業する事は
色やコントラスト、諧調の勉強に最適だと思う。

フィルムカメラ本体は出来るだけ安くて良い物にしてほしいが
スキャナーと現像ソフトはちょっとだけ奮発しよう!
モトはすぐ取れる。


そしてボクが見てきた範囲での話だけど
手間隙かけて今もフィルムを使う人は
写真も人柄も素敵な人が多い。

Twitterやっていて思ったのだけど
そうした人はまだまだ思ったより多い。

フィルムに少しでも興味がある人は
是非この素敵な世界の住人になってほしいと思います。

そして僅かであってもフィルムを盛り上げて
少しでも長く皆で楽しめれば、と願っています。


追伸:
写真フィルムの火を消さないゆるーい繋がりのハッシュタグを
昨日Twitterで@Kazy203さんが作ってくれました。
#teamfilmです。みんなで共有しましょう!

しかもなんだか最初からえらく盛り上がってます(^^










Check

↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 写真ブログへ

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

Twitter盛り上がってますね。
コアなファンは残っていくものです。
アナログレコードだって結局残っています。

結局ContaxⅡかいました。なかなかいいです。
程度だけ言えばもっと良いKievⅡを持っていますが、やはりContaxをもつということは精神的によろしいです。
頑張って買いましょう。
今年中に100台!

Re: タイトルなし

Twitter予想以上に盛り上がって嬉しい限りですね!
フィルムは法人需要は望めませんが
一般消費需要を底上げして残ってほしいです。

パイは小さいですがイルフォードやフェラニアが残っているんですから
フジもどんなカタチでも頑張ってほしい

Contaxおめでとうございます!
100台とは凄い!
ボクも頑張ります(^^


> Twitter盛り上がってますね。
> コアなファンは残っていくものです。
> アナログレコードだって結局残っています。
>
> 結局ContaxⅡかいました。なかなかいいです。
> 程度だけ言えばもっと良いKievⅡを持っていますが、やはりContaxをもつということは精神的によろしいです。
> 頑張って買いましょう。
> 今年中に100台!
  • [2011/01/09]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/238-6750ecb8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。