Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行徳寺町32 -行徳の街並み3 澤木酒店 

 

澤木酒店
PENTAX	MX
PENTAX	FA31mm F1.8AL Limited
Kodak	COLOR PLUS 200



行徳寺町を紹介するシリーズの32回目です。
1)行徳寺町(必見)
2)行徳寺町の歴史
3)徳願寺1 (行徳札所第一番) 
4)徳願寺2 (行徳札所第一番)
5)徳願寺3 (行徳札所第一番)
6)行徳の街並み1
7)徳願寺4 (行徳札所第一番)
8)常運寺1
9)常運寺2
10)行徳の街並み2
11)福泉寺 (行徳札所第二番)
12)長松禅寺1 (行徳札所第三番)
13)長松禅寺2 (行徳札所第三番)
14)妙応寺1
15)妙応寺2
16)妙頂寺
17)世界に誇る行徳の伝統事業 -神輿
18)500年の歴史を持つ浅子神輿店
19)香取・相之川例大祭
20)行徳神輿の担ぎ1 地摺り
21)行徳神輿の担ぎ2 さす・投げる
22)行徳神輿の担ぎ3 子供神輿と人々の笑顔
23)自性院1 (行徳札所第四番)
24)自性院2 (行徳札所第四番) 勝海舟の歌碑
25)神輿の故郷、中台製作所にお邪魔しました
26)貴重な神輿制作の現場取材記
27)現代の神輿師中台洋さんにお話を伺う
28)放火から蘇った神明(豊受)神社
29)大徳寺 (行徳札所第五番)
30)正源寺 (行徳札所第七番) 560年誰も見たこと無い辨天様の居る寺
31)徳願寺の初詣

も是非お読み下さい。


旧行徳街道沿いには古民家と言える趣きのある建物がいくつかある。

ただ、点在しているせいか同じ首都圏でも
川越市のように話題にはならない。

浅子神輿店のように市川市が今後観光開発する予定の建物もあるが
まだ個人様の現役の住居だったりするのも話題にならない理由のひとつだろう。


更に旧行徳市街にはまとまったカタチの商店街が無い。

商店はあるのだが、これもまた点在しているし
旧行徳街道自体も割と狭い道な上、駐車場もほとんどないので
買い物には不便と言えるだろう。

そんな中、現役で営業中でありながら
非常に趣のあるのが今回ご紹介する澤木酒店だ。

寺町通りと旧行徳街道の交差点を
浦安側に折れると程なく現れる雰囲気のある店だ。

20101016妙典MX_ColorPlus200_037
PENTAX	MX
RICOH	XR Rikenon 50mm F2
Kodak	COLOR PLUS 200


店内はご覧のとおりあまりに懐かしすぎる雰囲気
酒屋と言っても結構いろいろなモノを売っている。
商品棚は木製だ!

日本全国を旅して思うのだが、どこに行ってももコンビニがあり
たしかに非常に便利であるのだが…

やはり地域と共に歩んだ歴史を感じさせる商店を見ると
何故だかホッとする。

行徳は観光開発が全くと言って良い程されてないので
ノンビリ散歩すると今も生活に根ざした歴史を垣間見る事が出来る。

澤木酒店が今後も末永く商売繁盛になり
美しい店舗を見させて頂く事を願う。

そしてこういった古民家はカラーネガが木のぬくもりが伝わる
写真が撮れると思ったりもするのだ。









Check

↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 写真ブログへ

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/243-49a9252b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。