Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランドへの旅2 -To Finland 

 

Kiosk
Nikon D300
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
P ( F4.5 -1/80 ) ISO1000 


海外に行くのは楽しい。

しかし目的地が遠い時長時間飛行機に乗るのは結構苦痛だ。
ビジネスクラスならそれなりに楽しめるが
このご時世そんな予算はおいそれとは無い。

という事で久しぶりのヨーロッパという事でワクワクする反面
クライアントと長時間隣り合わせは結構気を使う。

フィンランドに行く時初めてフィンランド航空を使ったのだが
フィンランドから欧州に入るのは正解だと思った。

フィンランド航空も大々的にPRしているけど
日本から9時間半でヘルシンキに着いてしまうのだ。


Fin Air
Nikon D300
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
P ( F6.3 -1/160 ) ISO200 


欧州というと12~13時間覚悟しなくてはならない印象だが
この3~4時間という差は結構大きい。
感覚的にはもう着いちゃったの?!という感じ。

しかも北欧らしくFin AirのCAは上品で綺麗だし
機内食もクチに合った。

日本から直行便がある都市ならいざ知らず
どうせトランジットとかすのであれば
ハブ空港的性格も持つヘルシンキ国際空港経由はアリだと思う。


Helsingin rautatieasema
Nikon D300
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
P ( F3.5 -1/60 ) ISO1000 


ヘルシンキは港湾都市であるけれど
鉄道でも重要な位置にあるらしく
ヘルシンキ中央駅は結構デカイ。

ここからロシアのサンクトペテルブルク等へ向かう
国際列車が沢山発着していて鉄道の旅も面白そうだった。


Helsinki
Nikon D300
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
P ( F4.5 -1/80 ) ISO1250 

ヘルシンキに行く前はかつての最低気温記録がマイナス30度以上と聞いて
文字通り震え上がってしまったのだけど、この都市は暖冬との事。

といっても氷点下である事には変わりは無いが
確かに以前大寒波のNYを歩いたときよりは過ごしやすいかも…

といっても空はどんよりと曇り、日は短い。
そして聞いてはいたが街が青く見えるのである…
#この写真はホワイトバランスが崩れているのではない。

つづく








Check

↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 写真ブログへ

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/279-85246cf9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。