Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本領サイパン島の一万日 

 

Pillbox of Japan Army
CONTAX G1
Carl Zeiss Biogon 28mm F2.8
Kodak EKTACHROME 100VS

昨日ああいうエントリをポストしただけに
太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-
を今日見てきた。


個人的には史実に忠実に淡々と進む演出が好感を持てた。
ただ、少し現実よりはソフトな内容だったかな…

Pillbox of Japan Army
CONTAX G1
Carl Zeiss Biogon 28mm F2.8
Kodak EKTACHROME 100VS


サイパンの戦いは極めて激しい戦闘だった為
今の日本では暗くなるせいかあまり語られなくなったし
誤解や思い込みも多いようだ。

だが、島に今も暮らす人々は戦争の悲惨さに目をつぶろうとせず
後世にきちんと伝えようとする意思があるらしく
戦争の傷跡は島のあちこちでそのままに残してある。

昨日紹介したThe last command pointは観光コースの一部にもなっているが
島にはこの写真のような今はもう名もないトーチカ跡等を
誰もいないビーチの側等で簡単に見つけることが出来る。

Pillbox of Japan Army
CONTAX G1
Carl Zeiss Biogon 28mm F2.8
Kodak EKTACHROME 100VS

以前「日本領サイパン島の一万日」という本を読んだことがある。

ノンフィクション作家である野村 進の執念とも言うべき
丹念な取材を基にした本だ。

これまで読んだ数あるノンフィクション本の中でも
本当の傑作中の傑作の一つであると思う。

戦争の悲惨さを伝える本は苦手なのだが
これは一気に読んでしまった。

この本は山形出身の2家族を軸に
日本人移民の喜びと苦難の歴史を綴る形式になっている。

冗談ではなく本当に鍋一つだけ背負って
無一文同然に南の島に夢を求めて来た人々が
努力を重ねサトウキビ産業で島の経済が自立までたどりついた頃は
様々な人種の人が仲良く明るく暮らしている様子が伺える。

サイパンは現在も治安がとても良い場所だが、
当時から素敵で平和な島そのものだったのがしのばれ
読んでいてもどこか心が温かく安心した気分にすらなる。

島が経済的に自給自足以上の生活が出来ていたのは
この時代だけだったので今以上に楽園の雰囲気だったのだろう。


Pillbox of Japan Army
CONTAX G1
Carl Zeiss Biogon 28mm F2.8
Kodak EKTACHROME 100VS


しかし、後半で戦争が全てを奪っていく様子は涙なしでは読めない。

軍人視点や政治家視点の戦記ものとは全く違い、
あくまで民間人の視点で時代や戦争に振り回されていく中、
島の皆がサイパンでどう懸命に生きてきたが解り
読後は深い感動を得る。

この本を通じボクはサイパンがますます好きになると同時に
島を歩いていても同じ場所でこの本に書かれていた事と現在の姿を重ね合わせ
思いを巡らせるようになった為、良い意味でサイパンを見る目が変わり、
同時にサイパンという島がますます身近に感じ、
平和な時代をあらためて深く感謝できるようになった。

Pillbox of Japan Army
CONTAX G1
Carl Zeiss Biogon 28mm F2.8
Kodak EKTACHROME 100VS


風と波の音しか聞こえない中
誰もいないトーチカ跡に暫し佇む。

ここでは未だ時間が連続している…

普段は楽しい事しか考えつかない青い海、碧い空
僕達の祖父の世代の人達は何をここで思っていたのだろう…



そう思うと遠く日本と繋がっている海の色が少し違って見えた…

The beach that they saw...
CONTAX G1
Carl Zeiss Biogon 28mm F2.8
Kodak EKTACHROME 100VS


今日見た「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」は
日米双方の視点から描いた映画だったが(原作は当時の従軍米国人)
近年「硫黄島からの手紙」等戦争を双方の視点から語る映画が出てきて
非常に好ましい傾向だと思う。

以前テレビで硫黄島戦に参加し生還した日米双方の退役軍人が
硫黄島の慰霊祭で泣きながら抱き合うのを見て泣いた事がある。

戦争は絶対悪だ。

そんな絶対悪の地獄のような過酷な状況の中、
人間の尊厳と日本人としての誇りを最後まで失わなかった
大場大尉の姿勢には、心のなかで敬礼せずにはいられない。


追伸:
映画がキッカケで大場大尉たちが投降する場面の
非常に貴重な写真が出てきたそうだ。

写真を見ると映画そのままに凛として行進する姿が見えるので
是非こちらから御覧ください。








Check

↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 写真ブログへ

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/314-fa75499e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。