Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一眼のDムービーの使い方 -D-Movie of DSLR 



凄いムービーを見つけてしまった。
先ずは下記ご覧下さい。

Bathtub IV from Keith Loutit on Vimeo.
カメラをご存じの人はもうお解りであろうが、
このミニチュア模型のような効果はアオリ機能を持ったシフトレンズというのを使います。

本城直季さんあたりが最近特に有名ですね。
宣伝会議なんかは毎号表紙だし、見たことある人も多いはず。

アオリ機能は大判カメラなんかにあった機能です。
デジタル一眼レフ(DSLR)ではシフトレンズを付ければ同様の機能が使えます。

で、私はデジタル一眼のムービー機能は表現という側面では限りない可能性を感じてはいます。
とくにこのキヤノンのEOS 5D Mark IIのサンプルムービーなんか見るとスゲー、と素直に思います。

が、一方で所詮Still CameraはStillが本領域であり、あまりムービーが入り込 みすぎるとカメラが何の機械なのか解らなくなりそうですし、何より良いムービー を撮るには一般人にはあまりにも気軽さから離れた技術や知識が必要かと思うの です。

メーカーは一眼の強みを活かして魚眼レンズでもムービーが撮れるとか言ってま したが、そんな映像目が回りそう…なんていう風にも思ってましたw

で、保守的な私はちょっとだけムービー機能にはネガティブだったのですが、
今日ご紹介したのはそんな気持ちを吹き飛ばす面白さがありました。

やはりムービーは頭を柔らかくすれば面白そうですね!
何よりこんなにシフトレンズが生きるとは思いませんでした。














↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログパーツ
↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/32-e3aa5a3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。