Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の行徳寺町3 -モノクロームで撮る雪の寺町 

 

行徳寺町
Leica M4
Voigtländer NOKTON classic S.C 35mm F1.4
ILFORD PAN 100

行徳寺町シリーズの番外編として
雪景色をお贈りしておりますが
モノクロームの世界も味があったので
最終回としてお届けします(^^


トップの写真は八幡神社ですね。
横の大木がモノクロだと生命力あって良い感じです。

下の写真は妙好寺との間に鎮座されている
お稲荷さんの小さな祠です。

行徳寺町
Leica M4
Voigtländer NOKTON classic S.C 35mm F1.4
ILFORD PAN 100


この寺町が良い町だなぁと感じるのは
寺社を中心にしてしっかりしたコミュニティがある所です。

出勤時間前には皆が雪かきをしていて
主な道路は大分歩きやすくなってました。

行徳寺町
Leica M4
Voigtländer NOKTON classic S.C 35mm F1.4
ILFORD PAN 100


前回も撮った本人が唸った長松禅寺の山門ですが
モノクロームだとやはり歴史を感じさせますね。

ほんとこの山門は小さいけどとても美しいと思います。

行徳寺町
Leica M4
Voigtländer NOKTON classic S.C 35mm F1.4
ILFORD PAN 100


長松禅寺はその規模からして草庵の雰囲気ですが
雪が似合いますね。

こんなところで禅を組むと悩みや煩悩が溶けていきそう…
近いうちに早朝座禅会にボクも参加してみるかな…

行徳寺町
Leica M4
Voigtländer NOKTON classic S.C 35mm F1.4
ILFORD PAN 100


これも前回撮った徳願寺の一本松ですが
雲の切れ間から覗く朝日を入れると
水墨画みたいな雰囲気です。

こういう絵はシャープすぎるデジタルより
やはりフィルムの方が良い感じです。

行徳寺町
Leica M4
Voigtländer NOKTON classic S.C 35mm F1.4
ILFORD PAN 100


徳願寺の屋根の雪が軽やかな音を立てて
どんどん落ちてきていました。

雪塊が落ちる瞬間を捉えたくて粘ったショット。
少しは音が聞こえるでしょうか(笑)

行徳寺町
Leica M4
Voigtländer NOKTON classic S.C 35mm F1.4
ILFORD PAN 100


ネガフィルムは露出オーバーに強いので
雪のサクサク感が撮れるかな…と思って撮った一枚。

コントラスト的にも割と狙い通りに撮れました。

Snow
Leica M4
Voigtländer NOKTON classic S.C 35mm F1.4
ILFORD PAN 100


寺町の雪の朝はこうして楽しく撮影出来ました。

2時間弱の短い時間でしたが
あっという間にフィルム3本消費。

自宅の近所にこうした被写体のある町を持つ
シアワセを少し噛み締めた有意義な朝でした。

行徳寺町
Leica M4
Voigtländer NOKTON classic S.C 35mm F1.4
ILFORD PAN 100










Check

↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 写真ブログへ

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/325-ff9ebd2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。