Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥野ビル2 -歴史的ビルのディープな世界 

 

奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/28 ) ISO400 -1.0EV

前回奥野ビルを紹介してから大分時間が経って恐縮だが
いよいよ奥野ビルの中に入ってみよう。

前回解説したがこの奥野ビルは建設当初最先端の集合住宅としてオープンしたが
現在はご覧のとおり多数のギャラリーが入居している。

このギャラリーを見るのが楽しみの中心のハズだが
このビル自体がすでにギャラリーというか見物なのである。

奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/570 ) ISO400 


これがエントランスホール。
昔のタイル貼りで雰囲気満点である。


奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/55 ) ISO400 -0.7EV


ビル内部を装飾しているこのタイル、
非常に味があってボクは好きなのだが
なんか有名なタイルだったりするのだろうか。

詳しい人が居たら教えてください(^^


奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/55 ) ISO400 -0.7EV


ホールは右にも入り口がある。
これには秘密があって後ほど解説しましょう(笑)

右側に写っている郵便ポストが集合住宅の雰囲気を残している。


奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/52 ) ISO400 -0.7EV


そしてこれがこのビルで最も有名な施設、エレベータである



奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/125 ) ISO400 -0.7EV


このエレベータの扉はなんと手動!

入り口の黄色い張り紙は乗り方が記してある。
乗り方間違えると他の階に移動しないので
住人の方やテナントに迷惑かけない為にも
利用する際はよく読んでおきたい。

現在の階を記すアナログな針がなんともイキです。

何でも日本に現存するエレベータとしては
最も古いものに属するとかでよくテレビでも取材されます。

もうこのエレベータの前に立つだけでタイムスリップしたみたいですが
これに乗って最上階から歩いてビルを一周するのがオススメです。



奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/36 ) ISO400 -0.7EV


エレベータを降りるとそこは別世界。
初めて連れてきた人はここが銀座?!と驚きますが
このビルは銀座の長い歴史をずっと見てきたんですよね。

しかし廊下はとにかく暗いです。


奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/111 ) ISO400 -1.0EV


ギャラリーの多くはこんな感じで扉を開放してますので
気軽に入る事が出来ます。

展示している作品も素晴らしいですが
正直このビルの雰囲気がより良い作品に魅せている気がします。


奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/64 ) ISO400 -1.0EV


ビルを歩くと所々生活感のある場所があります。
ここは共同の流し台みたいです。


奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/13 ) ISO400 -1.0EV


見たとおりの消火栓ですが箱は木製ですよ(笑)
なんかとっても懐かしいですね…
まさか銀座で見れるとは思いませんでした。


奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/36 ) ISO400 -1.0EV



こちらのギャラリーは角部屋にあたります。
正直このビルは奥に進む度にドキドキするのですが
綺麗な着物が飾ってあるので思わず奥に進みました。

配電盤が何とも時代を感じますね


奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/24 ) ISO400 -1.0EV


廊下も暗いのですが階段も暗い!

なんかホラー映画の廃病院みたいな雰囲気ですが
正直怖がりの人が深夜にひとりで歩くにはキツイかも(^^;

傷んだ廊下の面が何とも言えません。
こういうのが好きな人にはタマラナイでしょう。


奥野ビル ーOkuno Building
RICOH GR DIGITAL III
A ( F1.9 -1/34 ) ISO400 -0.7EV



そしてこの階段にはナゾの窓があるのです。
窓の外は同じ階段…

そう、前回も解説しましたが
このビルは半分が先に竣工し、
後で残り半分が増築された形になっているのです。

だからこの窓は表から見て右半分が未だ建設されてない頃の名残。
なんだかとっても不思議な光景なのです。

という訳でこの窓を正面から覗いたのが
トップの写真です。

ボクはこのシュールな窓からの眺めがとっても好き。

そしてこの階段の各階の踊り場には
以前紹介したちょっとしたアート作品が展示されてます。

階段を昇り降りするだけでも結構楽しめるこのビル
長い時を経てビル全体がアートの香りを少しまとっている訳です。


■撮影メモ
奥野ビルは未だ住居として使用されている方もいるので
ビル全体は部外者にはちょっと気を使う雰囲気がある。

そんな場所でゴツイカメラは気が引けるので
GRをチョイス。

仕上げはよりこのビルの雰囲気を表現するため
ちょっとコントラストを上げました。

GRはIIIになってレンズも明るくなり暗所に強くなった。
歪の少ないレンズや暗部の階調等コンパクトとしては申し分無い性能で
こうしたビルの撮影には非常に重宝します。


■奥野ビル
東京都中央区 銀座1-9-8

大きな地図で見る







Check

↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 写真ブログへ

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/340-bdb78725

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。