Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行徳寺町50 -甲大神社 1000年以上の歴史を持つ大和田の氏神 

 

20110711妙典M4_BW400CN_011
Leica M4
Voigtlander NOKTON classic S.C 35mm F1.4
Kodak BW400CN


行徳寺町を紹介するシリーズの50回目です。
1)行徳寺町(必見)
2)行徳寺町の歴史
3)徳願寺1 (行徳札所第一番) 
4)徳願寺2 (行徳札所第一番)
5)徳願寺3 (行徳札所第一番)
6)行徳の街並み1
7)徳願寺4 (行徳札所第一番)
8)常運寺1
9)常運寺2
10)行徳の街並み2
11)福泉寺 (行徳札所第二番)
12)長松禅寺1 (行徳札所第三番)
13)長松禅寺2 (行徳札所第三番)
14)妙応寺1
15)妙応寺2
16)妙頂寺
17)世界に誇る行徳の伝統事業 -神輿
18)500年の歴史を持つ浅子神輿店
19)香取・相之川例大祭
20)行徳神輿の担ぎ1 地摺り
21)行徳神輿の担ぎ2 さす・投げる
22)行徳神輿の担ぎ3 子供神輿と人々の笑顔
23)自性院1 (行徳札所第四番)
24)自性院2 (行徳札所第四番) 勝海舟の歌碑
25)神輿の故郷、中台製作所にお邪魔しました
26)貴重な神輿制作の現場取材記
27)現代の神輿師中台洋さんにお話を伺う
28)放火から蘇った神明(豊受)神社
29)大徳寺 (行徳札所第五番)
30)正源寺 (行徳札所第七番) 560年誰も見たこと無い辨天様の居る寺
31)徳願寺の初詣
32)行徳の街並み3 澤木酒店
33)養福院 (行徳札所第八番) 
34)春日神社(妙典)1
35)春日神社(妙典)2 関東一の獅子がいる社
【番外編】中山法華経寺 -日蓮宗の大本山 
36)清寿寺 病気にご利益の高い寺
37)八幡神社(上妙典)
38)妙好寺1
39)妙好寺2 茅葺きの山門がある寺
40)妙好寺3 御会式の万灯行列
41)胡録神社(河原)
42)春日神社(河原)
43)雙輪寺 (行徳札所第九番・十番)
44)了極寺 (行徳札所第十一番)
45)安養寺1 (行徳札所第十二番)
46)安養寺2 (行徳札所第十二番) 国内唯一のはだし大師
【番外編】雪の行徳寺町その1 その2その3
47)大鷲神社 千葉県初の横綱を産んだ神社
【番外編】行徳寺町と東日本大震災
48)妙行寺 枝垂桜がある御祈祷の大寺院
49)稲成神社、浄経寺、日枝神社 、圓福寺、常明寺 

も是非お読み下さい。

江戸川放水路の北側にある名所旧跡をもう少し探索してみましょう。

大和田の鎮守・甲大神社(かぶとじんじゃ)は小さいながら
大変由緒がある古い神社です。


20110711妙典M4_BW400CN_005
Leica M4
Voigtlander NOKTON classic S.C 35mm F1.4
Kodak BW400CN



江戸川放水路の建設によってかつての行徳は分断されました。

中でも行徳北部にあたる大和田の中心部はほとんどが川底に沈むため
住民は立ち退きを命じられて、甲大神社の周辺に移転しました。
ということで、現在も住宅街に鎮座するこじんまりとした神社です。


しかし、その控えめな見かけとは裏腹に創建は大変古く
本神社御祭神は2世紀(!)の応神天皇を奉祀するとも伝えられ
又大神の兜を祭るとも伝われています。

社の由緒によると第66代一条天皇の永延2年(988年)8月8日当地に鎮座。
葛飾八幡宮の摂社で「注連下」と称し、大和田地区の氏神となりました。

大正9年7月24日同所無格社天神社と山王社を合祀。
御祭神は誉田別命です。


20110711妙典M4_BW400CN_010
Leica M4
Voigtlander NOKTON classic S.C 35mm F1.4
Kodak BW400CN


甲大神社は甲八幡ともいい、
塞の神、道の辻、村境、峠などに奉祀され
外来の邪霊をさえぎる神とされる。

境内には天満宮・お稲荷さま・山王さま・庚申さまも
祀られていて、古くから地元の信仰の厚さが伺えます。


また、江戸名所図会に

「その由来今知るべからず、土人或は伝へて云ふ。
 国府台合戦の時、某の大将の甲を祀ると…」

とあるが、他にこの甲は、平将門、源義家、
また、神功皇后三韓征伐のおりのものともいわれ、
社前を馬に乗ったまま通ると必ず落馬したという
不思議な言い伝えもあります。


20110711妙典M4_BW400CN_014
Leica M4
Voigtlander NOKTON classic S.C 35mm F1.4
Kodak BW400CN


また参道入口のにある北向道祖神には大きなわらじが奉納してあり
耳・足の神様として今も地元の人々の信仰を集めている。

そして境内の片隅には何やら壊れた石柱があります。

実はこれは大正時代の関東大震災で
破壊されてしまった鳥居の残骸なのです。

このかつての鳥居の横には立て看板があり、
地震の怖さは忘れた頃にやってくるので
天災に対する畏れを忘れないように…と書いてあります。

東日本大震災の後、再び関東地方で大地震が来るのでは…
という話が出ておりますが、こうした先人の願いを有難く受け入れ
いつ来てもおかしくない地震への備えを忘れないようにしたいものです。


20110711妙典M4_BW400CN_008
Leica M4
Voigtlander NOKTON classic S.C 35mm F1.4
Kodak BW400CN



■甲大神社 
千葉県市川市大和田2-5-4 

大きな地図で見る







Check

↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 写真ブログへ

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/369-099e9688

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。