Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産 青池 -Aoike -most beautiful water in Japan 

 

Aoike -most beautiful water in Japan
Nikon D700
Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)
A ( F2.8 -1/1250 ) ISO800 -1.3EV



青森県というのは広いだけでなく
西と東、南部と北部、沿岸部と山岳部と
それぞれ全然雰囲気が違うと同時に
見どころがたくさんあって大好きな所です。


中でもお気に入りなのが世界遺産となった
白神山地の北西部、十二湖の中の青池です。

湖面に太陽の光が照らされると
コバルトブルーのように青く見られることから
青池と名付けられました。


ボクは水辺が好きなので
日本の有名な水辺はかなり行ったのですが
この青池の独特のブルーは特に魅力的です。
個人的には日本一美しい水の一つと思います。

深い森の中にあるそんなに大きくない
文字とおり”池”ですが、もう周りの雰囲気から違います。

なんと言うか、森の合間から木漏れ日が射すと
光の具合によってはこの世のものとは思えない美しい色です。

マヂで妖精が住んでいそうな雰囲気で
神話やお伽話はこういう景色から生まれたんだろうな…
とシミジミと不思議なきもちになるのです。

水面を見ているだけでとても幸せな気持ちになれます。


Deep clear blue
Nikon D300
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)
A ( F4.5 -1/800 ) ISO1600 -2.3EV 


この感動的な色を写真に収めるのは結構たいへんでして
光が差し込んだ時のコントラストはきつく適正露出に迷うし
色の再現性がシビアに要求されます。

この時は幸いいろいろなレンズを持参したのですが
取っ換え引っ換えいろいろ試しましたが
Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)がダントツの出来でした。

こういう繊細な被写体はレンズの性能がモロに出ます。
水の透明感と深い青を表現するには明るい冷色系のレンズが不可欠ですね。
繊細な描写も青池にピッタリでした。

AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)も
Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)程では無いですがなかなかのもの
安いレンズですが隠れた名玉と言われるだけの事はあるかもしれません。

行かれる際は後悔しないように是非高性能レンズ持参で(^^









Check

↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 写真ブログへ

↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/381-77c6fb59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。