Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極私的ライカのススメ2 -最高のマニュアルカメラを持つ意味 

 

_D7C5648a


前回ライカの価値を自分なりに2つにまとめた。


そしてそこで写真学校ではNikon FMシリーズを先ず推奨する話を紹介しながら
マニュアルカメラから学ぶことは多いとも述べた。


ここで写真に真剣に取り組む人にライカを薦めるにあたり
マニュアルカメラを使う意味というものをもう少し掘り下げたいと思う。


どの世界でもそうだが、プロはしっかり準備している。

サッカーでも本田選手や澤選手なんかは
インタビュウでいつも「しっかり準備します」という。

スポーツに限らずあらゆるプロとアマの最大の差は
この『準備』にあると思う。


普通の人なら被写体を目の前にファインダーを覗いてから
いろいろとカメラを操作するだろう。

今ではそれでもシャッターチャンスに間に合うように
カメラが大変優秀になった訳だが、本来それでは遅いと思うのだ。

特にスナップ写真においては準備の差が露骨に出ると思う。


-------------------------------------


撮るライカという本で、木村伊兵衛の薫陶を受けた
スナップの達人の秋山武雄さんというスナップの達人の興味深い話があり、
名人芸の域に達しているライカの使いこなしぶりが出ている。


曰く、手に完璧に馴染んだM4を抱えながら
視線は面白くなりそうな被写体を常に追っているのだが、
カメラは撮影直前にチラッとしか見ず撮影は極めてスピーディ。

意識は美味しいシーンが産まれる瞬間に集中しており
”その瞬間”への準備や身のこなし方が実に素晴らしいという話だ。



確かにあまり考えすぎて撮影するのも問題だが、
いつも決定的瞬間まで何も考えていないのも問題だ。

普段いろいろ考えていて、イザというとき無心になるのと
受け身で臨んでいるのは決定的に違う。

スナップの名人と言われる人はあらかじめ漠然としたものでも
撮りたいもののイメージを持っていて常に準備している。

だから目の前に求めていたイメージに近いものが現れると
動きは早いし、ロックオンしたら”ピン”と来るまで何カットも追いかける。


何も考えない素人が決定的瞬間を収める事ももちろんあるが
それは偶然の産物でしかなく、撮影者の能力が占める割合は低い。
名人が掴む偶然の瞬間は準備の賜物なのだ。

例えて言うならばバッターボックスに立った時は同じように無心でも
常に準備している一流は高い打率でヒットをものにするようなものだと思う。


-------------------------------------


こういったスナップの『準備する』という基本を
マニュアルカメラは思い出させてくれる。

もともと自分で全てを決めなきゃいけないカメラだから
被写体を前にしてから準備ではモタモタするのは目に見えているので
素早くシャッターを押そうと思ったら、自然とイヤでも前もって準備する習慣が出来る。

その点ライカは非常に事前準備がし易いカメラであって
いちいちメニューやファインダー情報を見なくても
手触りの操作で素早く準備する事が出来るのだ。

だから慣れるとこれほど操作が素早く出来るカメラは無いと解る。


-------------------------------------


また、レンジファインダーは構造上短焦点レンズしか使えない。

ズームレンズは便利だが、下手な人の写真を見て解るのは
ワイド端とテレ端ばっかり使っている事だ。

よく上級者が短焦点を使え、というのは
焦点距離別の表現方法を熟知せよ、という事なのだ。


この焦点距離別の表現を理解するにあたって
ライカはファインダーごしにフレーミングのイメージが出来やすい。

フレーミングも頭の中に、既にある程度イメージがあり
そこに上手く収めるようにフォトグラファー自身が機敏に動く
こういう今から起きそうな決定的瞬間の為の準備が
マニュアルカメラを使うと自然と鍛えられるようになると思うのだ。

だから、最新カメラのオート機能は便利だが
自分の感覚と準備の習慣を鈍らせない為に
マニュアルカメラを使うというのは学ぶことが多いのだ。


-------------------------------------


以上を踏まえて、ライカを使う流れはこんな感じ…

・撮り始める前に今日の光りの加減を露出計で確認
 (大体空に向けて露出を測る)

・露出のイメージを持って、あらかじめ絞りとシャッタースピードを
 大体合せておく

・被写体を発見したら距離感を測りフォーカスの準備も始める。
 M型ライカの場合、フォーカシングノブのあるレンズなら
 2mを基準に(ノブが2mで真下に来る)大体手元を見ないでもセットできる。

 上達してくると、この体が覚えた”距離感”というのは写真の腕に直結する。

・そしてフレーミングを意識しながら露出の微調整を開始する。
 この前体感露出のやり方についても書いたが
 慣れれば自然と光を読んだ事前準備が素早く出来るようになる。

・最後にファインダーを覗いた瞬間はピントの微調整と構図の確認だけで
 早い人は覗いた瞬間にシャッターが切れるようになる。


ボク自身ただいま修行中の身ではあるのだが
ここまで来るとライカが実はとても使いやすいカメラだと気付く。
ファインダーを覗いたときには既に殆どの操作が完了出来る。
マニュアルカメラとしては操作性はやはり出色の出来のカメラだ。


初めの内は色々と面倒なカメラと思うかもしれない。
確かに自らの手で操作することが多いこのカメラは、必然的に操作する意味、
つまり写真を撮る基本的な行為やその原理を否応なく考えさせられるが
各操作機構は無駄を削ぎ落とし、考え抜かれた末の形・姿であるので
フォトグラファーへ返してくれる反応は極めて良いカメラだ。


原理というのは最初は難しく感じても実はシンプルで、
ライカはその原理にシンプルに対応すべく組み立てられたカメラなのだ。
だから一度慣れると最初の難しい先入観等杞憂だったと気づくだろう。

以前何故一眼レフなのか -Why they take DSLRという記事でも書いたが
操作感がとても良いカメラは一流のカメラだと思うし、
その最もシンプルかつエッセンスの詰まったのがライカだ。

故にこのカメラが使いこなせれば、最新のデジイチに戻った時、
その自由さを再発見し、撮る世界が一段と広がると思う。

デジイチの便利な機能も自らが主体とならなければ恩恵は得られないのである。

だからもっと写真に本気になりたい人は一流のマニュアルカメラ、
ライカを一台は持つべきなのだと思う。










Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

こんにちは。
読んでいてライカがたまらなく欲しくなりました。

DSLR+オールドレンズで撮り始めてまだ1ヶ月ちょいですが、マニュアル操作の使いやすさに感心しています。
慣れてきて絞りリングの指標を見ずに合わせるようになってきたのですが、アナログのダイヤル操作は「端から3ステップ」とかで分かるのが便利ですね。

将来的にライカを手にすることを目標に、まずM42のフィルムカメラ辺りから入ってみようと思います。


事後報告になりますが、リンク貼らせていただいています。

ライカで狙撃

ライカ持っていると、ちょっぴり気合いが入りますね。
その分、他のクラカメは自然体でスナップできます。
そうそう、19日また横浜大桟橋で銀塩オフ酔っ払い大会やっています。酔っ払いにライカは危険なので今年もエクサクタで出撃します。開場は正午です。

Re: タイトルなし

リンクありがとうございました(^^
レス遅れてごめんなさい。

そうですね、最初はM42のマニュアルカメラとか良いと思います。
近々M42マニュアルカメラの欧州の雄、プラクチカについても書こうと思ってますので
その際はぜひご覧になってくださいね。

ライカは相場も安定しているし
何より安くなったとはいえ、それなりの値段がしますので
じっくり考えてからお買いになっても良いかと思います(^^

何かあれば何でも聞いてくださいね!


> こんにちは。
> 読んでいてライカがたまらなく欲しくなりました。
>
> DSLR+オールドレンズで撮り始めてまだ1ヶ月ちょいですが、マニュアル操作の使いやすさに感心しています。
> 慣れてきて絞りリングの指標を見ずに合わせるようになってきたのですが、アナログのダイヤル操作は「端から3ステップ」とかで分かるのが便利ですね。
>
> 将来的にライカを手にすることを目標に、まずM42のフィルムカメラ辺りから入ってみようと思います。
>
>
> 事後報告になりますが、リンク貼らせていただいています。
  • [2011/09/20]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

Re: ライカで狙撃

おっしゃる通りですね。

クラカメの肩の力の抜け具合覚えるとやめられませんよね。

銀塩オフせっかくお誘い頂いたのにすみません。
昨年のこともあったので行きたかったのですが
今年は予定が合せられませんでした…

来年は必ず行きたいと思ってますので(本当に)
ぜひよろしくお願いします(^^)/



> ライカ持っていると、ちょっぴり気合いが入りますね。
> その分、他のクラカメは自然体でスナップできます。
> そうそう、19日また横浜大桟橋で銀塩オフ酔っ払い大会やっています。酔っ払いにライカは危険なので今年もエクサクタで出撃します。開場は正午です。
  • [2011/09/20]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

ありがとうございます。

手持ちのレンズが活かせるので、M42カメラで検討します。プラクチカの記事を楽しみにお待ちしています。

ライカは良い値段しますので、衝動買いしないように気を付けます。ライカ売場みると危険ですね(笑)


>そうですね、最初はM42のマニュアルカメラとか良いと思います。
>近々M42マニュアルカメラの欧州の雄、プラクチカに
>ついても書こうと思ってますので
>その際はぜひご覧になってくださいね。

>ライカは相場も安定しているし
>何より安くなったとはいえ、それなりの値段が
>しますので
>じっくり考えてからお買いになっても良いかと思います(^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/424-fb637d49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。