Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極私的ライカのススメ3 -どのライカが良いか 

 

Leica M3 + Summaron 35mm F3.5


前々回、ライカの価値を自分なりに2つにまとめた更に前回、写真に真剣に取り組む人にライカを薦めるにあたり
マニュアルカメラを使う意味というものを掘り下げ解説した。

今回は沢山種類のあるライカの中で、どのライカが良いかを
自分なりにご紹介したいと思う。


最近嬉しいことに身の回りでマニュアルのライカを買う人が多い。
そこでいつも聞かれるのが、どのライカが良いか、という事。

実際、ライカに興味を持ちたての時は
数ある中でどのライカが良いかという素朴な疑問が湧きおこる。

世にライカ本というものは実にたくさんあるが、
結論はどの種類のライカも礼賛状態で余計に迷うのが本音(笑)

しかもどの本も結局は、自分に合った好きなのを買え、という結論…
どないせっちゅうやねん、判らへんから知りたいんじゃ(爆)


そこで初めてレンジファインダーを買う人の為に
解りやすく自分なりにガイダンスしてみようと思います(^^



■ライカを選ぶ基準を作る

先ずライカを買うには何より先立つもの、
つまり予算を無視する訳にはいかない(笑)

お金のある人は気に入ったものを何台でも買えば良いが
限られた予算で最初の一台を買うのは実に迷う。

よってここではなるべくボディを10万円前後で購入する前提で考えるが、
そこで次に判断の基準にするのがファインダー、というか画角だ。



■先ず、ファインダーの倍率で選ぶ

レンジファインダー・カメラは一眼レフと違い
ファインダーの見え方はレンズを変えても変わらない。
フレームという”囲み”が出るか出ないかだけである。

だから自分がどの画角が好みかを知るのが最初の判断になる。

そうは言っても最近はズームレンズが主流なので
昔ほど「好みの画角」と言っても解らないのが正直な所だろう。
よって、

1)標準~中望遠レンズが好きか
2)広角レンズが好きか

の2択で考えてもらいたい。

この点が一眼レフ等、ほかのカメラとの選び方で
根本的に違う部分だと思う。

逆に言うと自分の好みで無い画角のレンジファインダー機を買うと
しっくりこなくて途中でイヤになってしまいかねない。


Tokyo Bay
Leica M3(SS)
Carl Zeiss C Sonnar 50mm F1.5 ZM
Kodak BW400CN



1)の標準~中望遠レンズが好きな人は話が早くて
最初のライカはほぼ間違いなくM3がいいだろう。

もちろんM6、M7、MPの0.85倍のファインダー機
という選択肢もあるが、玉数も少なく値段も比較的高い。

一方M3は最近は値段がかなり落ちてきていて
傷を気にしなければ5、6万のものが結構あるが
ファインダーは今でもM3が一番優秀とされているだけでなく
50年前のカメラと思えないほど完成度が高いので
最初のライカには最適であろう。

それに何より古くなったとはいえ、当時の世界最高級に触れる
というのは「本物を知る」という意味でもとても良いと思うのです。


--------------------------------------------


2)の広角レンズが好きな人はちょっとややこしくて、
ここからが迷うというのが正直な所。

選択肢はM2、M4、M4-2、M4-P、M5、M6、M7と
どれが良いのかさっぱりわからないというのが最初の本音だろう。

ここで次に判断の軸となるのが『露出計』だと思う。

M5より前のライカには露出計が無い。
この露出計が有る無しは、オート撮影に慣れた人には
かなり大きな課題である事は間違い無い。

よって、ここで一つ大きな決断をしなくてはならない。

・露出を含め、フルマニュアルのカメラで
 本気で写真を学ぶ気があるか、それとも、気軽にライカを楽しみたいか、

の決断である。

後者であれば迷う事無く露出計付のM5、M6、M7、MPが選択肢になる。
なかでもM6は沢山売れたので玉数も多く使いやすいので
多くの人がライカ初心者に最初の一台として薦めているし、
お気軽エンジョイ派の人にはボクもM6をイチオシする。

レンジファインダー機は人によって合う合わないがあると思うので、
確かにM6で先ず初めて見る、というのは悪くない選択だと思う。


しかし、M型ライカにある程度慣れてくると解るのだが、
M6等の内臓露出計は大変に便利である事は間違い無いのだが
ややもすると露出計にばかり気を取られて思うようなタイミングで撮れない。

露出をファインダーを見ながら決めるのは
本来のライカの撮影方法では無いと思うのだ。

このカメラの使い方としては、ファインダーを覗く前には
自分の手の中で既に露出のセッティングが出来ている、というのが正しい。
実際そうした事前操作がブラインドでもしやすい作りになっていると思う。


以前書いたように、ライカというカメラの正体、というか本物の価値というのは
今現在においても、最高のマニュアルカメラ、という事だ。

確かにマニュアルカメラは最初はめんどくさいし、難しいと感じるが
マニュアルカメラから学べることは本当に多い。

だから特に若い人には是非露出計の無い、フルマニュアルのライカ
要するに広角派ならM2かM4、標準・望遠派ならM3に挑戦し、
使いこなせるようになってもらいたい。

ネガフィルムなら体感露出だって慣れれば思ったより難しくない。
こちらの体感露出入門を読んで実践し慣れてくれれば(僕は数か月で慣れた)
露出計の無いライカがいかにシンプルで使いやすいものかが
よく分かると思う。


なお、M2かM4かはもう好みと価格で選んで良いレベルだが、
沢山撮る派だったら、フィルム装填がとてもしやすいM4がいいと思う。

また、どうしても露出計が無いと不安な場合は単体露出計を購入するか
外付けの純正MRメーターやコシナのVCメーターを購入するという手もあるので
必要以上に心配する事も無いと思う。



ライカは決して単なる懐古趣味でいじるカメラでは無い。
気持よくマニュアル操作が楽しめるカメラ、それがライカだと思うし
それはライカ使いで有名なプロの方ともお話しして確認が出来たので
今では自信をもって若い写真に真剣な人にお勧めできるのである。


Live together
Leica M3(SS)
Carl Zeiss C Sonnar 50mm F1.5 ZM
ILFORD PAN 100



■興味のあるレンズから選ぶ

広角も標準~中望遠も両方好きで決めかねる
という人は興味のあるレンズから逆引きする手もある。

ライカのレンズはツアイスや日本メーカーのレンズと違って
割と個性的な描写に富むレンズが多い。

例えば現代レンズではありえない個性の球面ズミルックス(第一世代)とか
使いたいとなると、選ぶボディは必然的に広角系のファインダー機となる。

また、いつの間にかこのブログの人気エントリになったが
ズマロンサンハンのように一見ロースペックながら
モノクロだと絶妙の描写をするレンズを選ぶのもとても良いと思う。


他にも一眼レフ等では構造的に絶対楽しめない対称系の広角レンズとか
ちょっと調べればレンジファインダーならではの個性的なレンズ等は豊富なので
ボディは必然的に決まっていく場合がある。

これは好みで決まる、という意味だけでなく、
例えばスーパーアンギュロン等は内蔵露出計付ライカとは構造的に相容れない
という必然的理由も出てくるので、すんなり道が見えてくるという意味もある。


それに最近はボディは安いのがあるけど、
レンズは高止まりしているのでレンズから考えたほうが
予算組もしやすいだろうから、この考え方もおススメです。


Fujiya Hotel
Leica M6
Leitz Summilux 35mm F1.4
ADOX CHS100


■注意点

次にアドバイスすると最初から必要以上に綺麗で高額な個体や
状態の細かい所にコダワリすぎない方が良いと思う。

ライカ、特に古いライカは整備しながら使う前提で設計されているので
余程ピンと来る個体と出会わない限りはオーバーホール前提でいいかもしれない。

しかもオーバーホールするとライカは途端に調子がよくなるし、
日本には腕の良い修理職人が沢山いらっしゃるのも心強い。

探せば2万円台でオーバーホールしてくれる所もあるし、
5万も払えばプロもうなる仕上がりのオーバーホールをしてくれる所もある。
自分好みの信頼おけるリペアマンとの出会いも楽しみの一つだろう。


それに最初の一台はちょっと痛んだライカを自分の手で甦らせる、というのも、
なんだか良いことしているみたいで、ちょっといい気分でしょ(^^

最近は玉数の多いM3なんかは5万とかの格安ものをよく見かけるが
オーバーホール込と考えれば、選択肢も広がると思うのだ。



しかし、整備前提であっても、ファインダーは整備費用がずっと高額になるので
ファインダーの状態だけはよく見た方がいい。

チェック方法は単純にクリアで気持ちよく見えるかどうかの判断で良いと思います。

また、M5は露出計が壊れると現在は基本的に修理不可とか
機種によって個別に注意すべき点があるので、
気になる人は遠慮なく聞いてください(^^


fun conversation
Leica M3(DS)
Dual Range Summicron 50mm F2
ILFORD XP2 super 400


なお、ここまでお気づきのようにM型に絞って話をしたが
ライカというとバルナックや、CL、一眼レフのR型、
さらに最近のデジタル・ライカという選択肢もある。

が、バルナックはM型とは違い、完全なクラシックカメラなので、
”現在も”最高のマニュアルカメラ、という趣旨から外れるので
今回の文脈からは検討材料として外しています。

もちろんこれらのカメラもとても良いので
好きであれば是非買って使いこなしてもらいたいものです。


そしてデジ(M8、M9)はフィルムでライカの本質知ってからで遅くないと思う。
まだと高い事もあるが、レンジファインダの本当の良さを知ってからの方が
投資分の意味も十二分に理解出来るので満足度もあがるからだ。



さて、いろいろ書いたが、最後にハービー山口さんの言葉を紹介したい。


良いカメラとは自分に勇気を与えてくれるカメラだ


結局M型のどのカメラを買ったとしても
自分が気に入って使いこなせなければ意味が無い。

こう考えると「自分に合った好きなのを買え」というのは正しい。

この前もM3の巻き戻しノブの形が好きなのでM3にしたいという人がいたが
それも正解。

また、ある人は婚約指輪がちょっと大きめな為
カメラの左のグッタペルカが指輪に当たって剥がれまくっていた。

そう考えるとボディについた傷だって、自分のものになっていれば
あばたにえくぼで愛着が湧くはずだ。

そう、自分の手になじんで使い込まれたライカの方が絶対カッコいい
というか、綺麗なライカは恐れ多くて持ち出せなかったりするし…
そうなると本末転倒になってしまうから、そういうカメラはコレクターに任せ
僕等は手を出すべきでないと思う。

ライカはちょっと自分にしては背伸びした値段だったり
自分の責任で手間とお金をかけて整備すると、
勇気と誇りをもたらしてくれると思う。

また、このカメラは不思議と他人とのコミュニケーションが弾む。
それが自信になって、撮影が楽しくなってくる魔法もあるのだ。


Reed
Leica M3 
Leitz Summaron 35mm F3.5
FujiFilm NEOPAN SS 100


こうなってきたらしめたものだ。

そこまでたどり着くと次の目標が見えてくるはず。
上のハービーさんの言葉にはその通りの続きがある。
締めにその言葉をご紹介しておこう。


良いカメラに出会うことは素晴らしいことだ。
だが、それ以上に大切で素敵なことがある。
それは、心からこれこそ撮りたいと思う被写体に巡り合うことだ。


そう、本気でこのかつての世界最高峰のカメラと付きあおうと思うと
不思議と自分がどこかで描いていた被写体と巡りあえたりするのです。


20120331_M9 (111 - 139)









Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

分かりやすい解説ありがとうございます。

僕はMマウントでもCLなので、ちょっと外れているのですが、以下のフレーズはとても共感できました。

>自分の責任で手間とお金をかけて整備すると、
>勇気と誇りをもたらしてくれると思う。

今のCLは初めてお金をかけてOHした物です。
CLEの方が気軽で便利なのに、CLの方が可愛く思えて、ついつい持ち出しちゃいます。

いつかはM3が欲しいと思っていますが、いつになるやら(^^;;

Re: タイトルなし

CLはいいですよね!
根本的に設計思想から違うので
M型の話の本エントリーではあまり触れませんでしたが
私も近々是非手に入れたい一台です(^^

M3なんかは玉数あるので焦らずじっくり待てば
いつかイメージ通りのものが目の前に現れると思いますよ(^^


> 分かりやすい解説ありがとうございます。
>
> 僕はMマウントでもCLなので、ちょっと外れているのですが、以下のフレーズはとても共感できました。
>
> >自分の責任で手間とお金をかけて整備すると、
> >勇気と誇りをもたらしてくれると思う。
>
> 今のCLは初めてお金をかけてOHした物です。
> CLEの方が気軽で便利なのに、CLの方が可愛く思えて、ついつい持ち出しちゃいます。
>
> いつかはM3が欲しいと思っていますが、いつになるやら(^^;;
  • [2012/04/05]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

>世にライカ本というものは実にたくさんあるが、
>結論はどの種類のライカも礼賛状態で余計に迷うのが本音(笑)
>しかもどの本も結局は、自分に合った好きなのを買え、という結論…
>どないせっちゅうやねん、判らへんから知りたいんじゃ(爆)


ふいたwwwww

ノリスケさん、雑誌に連載したらエエのにw


--

その節はお世話になりましたw
おかげさまで楽しいM4生活を送ってます^^

メガネかけてる僕にとってはM4で50mmがちょうどイイっす。
マップ新宿行くと、常時M2~M7が触れて
そこでファインダ覗いて、メガネではM3に50mmはキツイなと。
まあ、この辺は好みだよね。

結局、新宿レモンでM4ゲットしたんだけど
副店長のオヤジ曰く
「Leicaはときどき風邪をひく」
風邪をひいたらメンテしてあげればまた元気になる、と。

うまいこと言うなあと思いましたw

Re: タイトルなし

レモン社のオヤジも粋な事いいますなw

しかもライカは風邪ひいたあと、
免疫上がって体力増強するようなイメージがありますw

お話伺っているとsnopanさんはきっちり自分を理解されているので
良い買い物されたと本当に思います。

オイラは走りながら考えたのでちょっと散財しましたが
若い人にはsnopanさんみたいな買い方を見習ってほしいですね(^^

また、個人的には少しはお役にたてたようで嬉しいデス。
もちろんsnopanさんとのやり取りがこの記事を書く
モチベーションのひとつになった事は間違いありません。


> ノリスケさん、雑誌に連載したらエエのにw


実は文章書くのは好きなんですよ~ww

どっか連載枠くれませんかねw

という訳で媒体社さんのお声掛けお待ちしております!w



> >世にライカ本というものは実にたくさんあるが、
> >結論はどの種類のライカも礼賛状態で余計に迷うのが本音(笑)
> >しかもどの本も結局は、自分に合った好きなのを買え、という結論…
> >どないせっちゅうやねん、判らへんから知りたいんじゃ(爆)
>
>
> ふいたwwwww
>
> ノリスケさん、雑誌に連載したらエエのにw
>
>
> --
>
> その節はお世話になりましたw
> おかげさまで楽しいM4生活を送ってます^^
>
> メガネかけてる僕にとってはM4で50mmがちょうどイイっす。
> マップ新宿行くと、常時M2~M7が触れて
> そこでファインダ覗いて、メガネではM3に50mmはキツイなと。
> まあ、この辺は好みだよね。
>
> 結局、新宿レモンでM4ゲットしたんだけど
> 副店長のオヤジ曰く
> 「Leicaはときどき風邪をひく」
> 風邪をひいたらメンテしてあげればまた元気になる、と。
>
> うまいこと言うなあと思いましたw
  • [2012/04/05]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

初めて投稿させていただきます。たいへん実直な文章とライカに向き合う姿勢に、感激しました。
私もちょうどM2を使い始めて1年半ですが、まだまだ分かっておりません。ただ、ライカを使い始めると写真が下手になるというのはよく実感しております(笑)

>この前もM3の巻き戻しノブの形が好きなのでM3にしたいという人がいたが
>それも正解。
選ぶ基準も単純明快で分かりやすいですね。私はM2のフィルムカウンターと巻き上げノブ、それに35mm枠が好きで選びました。よく分かります。

Re: タイトルなし

はじめまして!
コメントありがとうございます(^^

もったいないお言葉大変恐縮です(^^;

ライカは奥深いカメラですよね。
これからも何卒よろしくお願いいたします!


> 初めて投稿させていただきます。たいへん実直な文章とライカに向き合う姿勢に、感激しました。
> 私もちょうどM2を使い始めて1年半ですが、まだまだ分かっておりません。ただ、ライカを使い始めると写真が下手になるというのはよく実感しております(笑)
>
> >この前もM3の巻き戻しノブの形が好きなのでM3にしたいという人がいたが
> >それも正解。
> 選ぶ基準も単純明快で分かりやすいですね。私はM2のフィルムカウンターと巻き上げノブ、それに35mm枠が好きで選びました。よく分かります。
  • [2012/11/05]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/433-0c7a3d1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。