Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年を振り返って… -About 2011 

 

Whinter shade
Leica M9
Leica APO-SUMMICRON-M 75mm F2
A ( F5.6 -1/125 ) ISO160 


いろいろあった2011年も終わりデス…


あらためて東日本大震災で被災された皆様には
心よりお見舞い申し上げます。

更に東京電力福島原子力発電所事故で被災された皆様、
これからも苦しい時が続くかもしれませんが
同じ日本人として、心では繋がって行きたく願ってます。
#既に福島だけの話では無いことは明白ですが…


とにかく3月11日以来、何か世界が変わってしまった気がしますが
皆様にとっては2011年はどんな年だったでしょうか。

幸い私は地震の被害は以前書いたように部屋が散らかったくらいでしたが
原発事故以来、個人的には世の中の見方が全く変わってしまいました。


それまでこのブログやツイッターでは呑気に好きな写真やカメラの事について
好き勝手な事を述べているだけでしたが、311から数ヶ月の間は
頭の中は原発の事で(不本意ながら)一杯でした。
というより必死に勉強をしました。

特にツイッターでは原発についてかなりの発言と情報発信をしましたが
中にはウンザリされた方もいらっしゃったかもしれません。

実際フォロワーの数も少なからず減りましたし…
この場でお付き合い頂いた皆様にはお礼とお詫び申し上げます。



基本ポジティブな私ですので、地震だけでしたらチョー前向きに
自分と東北の皆様を鼓舞していたと思います。

しかし、原発を通じて、この世の中には絶対悪というものが
実は存在するのを知った気がします。

世の中には未だ理解出来てない人が居るようですが、
そうした方々には、先ずはこの曲を聞いて欲しい、と思います。
僕等を取り巻く、無視出来ない現実が本当によく表現されています。




FRYING DUTCHMAN「human error」の歌詞はこちら。





こうしてどこかノンビリ年末を過ごせる幸せを今噛み締めています。

脅かすわけではありませんが、
知れば知る程、原発事故の本当のインパクトはこれから…
というのが、9ヶ月いろいろ調べてきたボクの結論です。
正直フライング・ダッチマンのメッセージは初級編でしかありません。

思い起こせば311当日の夜、まだ誰も原発を気にかけてなかった頃
今ではすっかり有名人となったジャーナリスト岩上安身さんのユーストを
偶然見た時から始まりました。

そこには顔面蒼白で取り乱しているオジサンが写ってました。
その瞬間まで隠れてペンネームで反原発活動をされていた
元東芝の原子炉設計者の後藤政志さんでした。

ネットを通じてこの時後藤さんと会わなければ
ボクも東京の大勢の人と同じような感覚で今まで過ごしてきたかもしれません。



今こそ福島第一原発も落ち着きを見せてきているようですが、
放射能というものは、今割と知識を蓄えた人が想像するよりも
遥かに強力な影響力を持っています。

そして原発の裏に潜む闇…
これもかなり明らかになったとは言え
ボクが調べ上げた限りでは、こちらもまだまだ想像を絶するものがあります。

原発事故はパンドラの箱と言う方もおりますが
まさに、というより、全く想像だにできなかった…
というのが偽らざるボクの思いです。

核エネルギー発電所は諸悪の根源なのです。






今のボクの気持ちはこの「古いSF映画」の歌詞そのものです。

来年はもちろん良い年にしたいものですが、
正直今のボクには来年以降の事はよく解りません…
というより何が起っても不思議では無い、というのが正直な所です。

ただ、考えてみれば野生に帰ったと思えば良いだけなのかもしれません。
今年亡くなられたスティーブ・ジョブスも、あの有名な伝説のスピーチ
「毎日を人生最後の日だと思って生きよう。いつか本当にそうなる日が来る」

とメッセージを残していました。

そう、今までが幸せな時代だったのであり
本来当たり前の事が、当たり前になるだけなのかもしれません。

これから日本人は例え何処に住んでいようが
程度の差こそあれ、原発というパンドラの箱の奥にある鏡に
向き合わなければならな時代になったと思います。

いや、向き合う勇気さえ持てば、
必ずまた明るい未来が開けるものと思っています。


今年は本当に沢山のアクセス、そしてツイッターでのやり取り、
本当にありがとうございました。

来年も是非よろしくお願い申し上げます。


ふくいのりすけ









↓ポチしてくれると嬉しいです!
          
いいっすねぇ
にほんブログ村 写真ブログへ Clip to Evernote Check

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/445-a6c58d18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。