Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikon D4 

 

003.jpg

2012年はオリンピックイヤー。
という事で正月気分も抜けないうちにNikon D4が発表され
ロンドン五輪を前にキヤノンとニコンのフラッグシップが出揃いましたね。



どうやら今回のモデルチェンジでやキャノンのニコンも
プロダクト・ラインナップの見直しが行われたようで
Canonは画素数優先のEOS-1Dsと連射等運動性能優先のEOS-1Dを統一し
EOS-1DXとして画素数とスピードを両立したものにするようです。

つうか1DXは1810万画素フルサイズで14コマ/秒とか凄いっすね(^^;
スペック的には申し分ないカメラっす(脱帽)


対するNikonは前回の北京五輪でD3が大活躍したのは記憶に新しいですが
万を期して出たD4は画素数こそ1660万画素と相変わらず少し控えめですが
D3で世界を驚かせた高感度に磨きを掛けた上に、91KピクセルRGBセンサー
という想像する限り恐ろしい程の高精度露出機構や強化されたAF等
クルマに例えるならばハンドリングや足回りも入念にチューンナップした感じ。

でも個人的にそれよりも気になるのが今までニコンもスピードと高感度のD3sと
高画素のD3xと派生モデルがあったのですが、それが微妙に変わりそうな事…

というのも程なくして登場が予定されているD700の後継機D800が
3600万画素の噂があるのです。

今までD700の位置付けはD3の弟分。フルサイズの廉価版・コンパクト版。
その証拠にニコンはフラッグシップのみファインダー倍率は100%だったので
D700も95%になっていた訳です。

しかしD800は視野率も100%の噂…
DXフォーマットは先にD7000がフラッグシップのみに許されたはずの
100%視野率を持ったあたりから、Nikonの考え方が微妙に変わったようです。

という事はD一桁xシリーズという高感度シリーズは
D800が担うのかもしれませんね…



とは言えD7000登場の背景は単なるPENTAXのK-5潰しだった…
と睨んでいる私とすれば良くも悪くもニコンは柔軟に考えているだけかも…(笑)



さて、ニコンをメインにする個人的かつ主観的なD4の感想を
思いついた順に箇条書きにすると…

・丸みを帯びたペンタ部のデザインはカッコイイ(EOSに少し似た?)
・EXPEED3で強化されたというダイナミックレンジは何段か知りたい
・91KピクセルRGBセンサーの精度は一番気になるかも
・暗所や絞り込みにも強く3Dトラッキングも強化されたAFも試したい
・無音シャッターは大変有難い!
・ボタンイルミネーション、(゚∀゚)キタコレ!! ずっと欲しかったのデスw
・全体の性能バランスは相変わらず良く考えられていて良さそう

てな所でしょうか。
D3/D700は意外とダイナミックレンジはフツーだったので
大幅に改善されているといいですねえ。

1005分割RGBセンサーも優秀でしたが
大幅強化されたような91KピクセルRGBセンサーはやはり試写したいですねえ。

スポーツ撮りや報道系だとこうした機構は結構大事ですからね…
その良い例となる私のお宝写真を公開して解説しましょうw



Samuel Kamau Wanjiru
Samuel Kamau Wanjiru



これは北京オリンピック男子マラソン金メダリストで、
ハーフマラソンの元世界記録保持者でもある
ケニアの英雄、サムエル・ワンジル選手を撮ったものです。

この時は建物から漏れさす朝日の強い逆光気味の光と
順繰りにやってくる建物の影で露出を固定出来ない状態でした。

故にD300は絞り優先オートにしたのですが、
黒人のワンジル選手を追っている時だけはご覧の様に露出が暴れたのデス(^^;


D4は特に報道系を意識したプロフェッショナルモデルですから
この例のような厳しい条件の中一瞬を絶対に逃さない性能向上は
磨きが掛けられているでしょうね。


という事でもちろんD4は欲しいにこした事は無いのですがやはり高い…
つうか最近のニコンさんは値段がどれも非常に強気だと思いますわw

3年程で古くなる機種に60万は…
写真で完璧にメシ食えてればリースにでもするんですがw
不景気なんだしもうちょっとニコンさん考えて下さいましw

あ、あと少しだけですけどD3より軽くなったのはいいですね。
D3に大三元レンズは完全に筋トレですから(爆)


追伸:
こんな比較作例に使って大変恐縮だったのですが
皆さんご存知の通りワンジル選手は昨年急逝されました。

気さくで日本語も上手く、それでいて超一流の選手を
少しでも撮影出来た幸運に感謝しつつ
あらためてご冥福をお祈りいたします。










↓ポチしてくれると嬉しいです!
          
いいっすねぇ
にほんブログ村 写真ブログへ Clip to Evernote Check

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/448-db6a79bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。