Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオ撮影 -Studio shooting 

 

Kimono Woman
Leica M9
Leica APO-SUMMICRON-M 90mm F2 ASPH.
M ( F2 -1/125 ) ISO200


今回はこの前のライカ銀座店新年会レポとも連動するのですが
スタジオ撮影の話です。



ライカ銀座店の2012新年会ではご覧のような簡易スタジオが用意されました。

ここは店舗の二階で普段はギャラリーとして利用されている所です。


話はちょっと逸れますが、
今ちょうどボクの好きなハービー山口さんの個展が開催されていて
両脇にはハービーさんの美しいプリントが展示されているのが見えますでしょ。

活動40年の「ベスト版」 との事でほんとに素晴らしかったデス(^^

こうした楽しみ方が出来るのも、ライカの直営店らしい素晴らしさですね!



Kimono Woman



さて、皆さんはスタジオ撮影とかした事あるでしょうか?

プロの人ならもちろん!でしょうが、アマの愛好家の人では
スタジオ経験は実はあまり無いかと思います。

ボクは仕事柄こうしたスタジオに立ち会う事は多いのですが
実際自分が撮るとなると、大概のアマの人と同じであまりありません。



Kimono Woman
Leica M9
Leica APO-SUMMICRON-M 90mm F2 ASPH. 
M ( F2.8 -1/180 ) ISO200 




でもスタジオ撮影は楽しいです!

こういう撮影会の機会があれば、
是非一度は参加してみるべきだと思います。

それに最近はレンタル・スタジオも安くなっているので
試しに一度使ってみるのも手かと思います。

照明アシスタント付きで1万円でお釣りが来ますから
何事も経験してみるのは良いかと。

ライティングは専門的なノウハウが必要では…?
なんて心配しなくても、テキトーに指示するだけで
アシスタントの方がしっかりサポートしてくれるから大丈夫!

気分は完全にプロになれるしオススメします。

しかも撮影スタジオって今の時代ホントいろいろな種類があるので
ここなんか見て検索するだけでも楽しいかもしれませんね。

へーこんな所あるんだ…みたいな(笑)


Kimono Woman
Leica M9
Leica APO-SUMMICRON-M 90mm F2 ASPH.
M ( F2.8 -1/125 ) ISO200



で、今回新年会ではこうした簡易スタジオが設置されると
事前に聞いていたので非常に楽しみにしてました☆

というのもM9でどうしても本格的ポートレート撮影をして
試したかった事があったのです。

それは、ローパスレスという事でモアレが出るかと言う事。

ネットなんかでローパスレスのセンサーについて調べると
M9を含めモアレが発生しやすいような事がたまに書いてあります。

以前微妙な階調バリバリの夏の入道雲の作例を出したことありますが
その時を含めこれまでモアレの発生はありませんでしたが
正直どこまで追い込んで使えるかは未だ判らなかったのです。


だからどうしても整った環境でM9の実力を試したかった!


Kimono Woman
Leica M9
Leica APO-SUMMICRON-M 90mm F2 ASPH.
M ( F2.8 -1/125 ) ISO200



で、結論から言うと全くの杞憂に終わりました(^^)/

上がった写真いろいろチェックしましたがモアレは確認出来ません!
M9はスタジオ・ポートレート撮影にも十分性能発揮出来ます。



ところで人肌、特に女性の肌を美しく再現するには
レンズ、センサー(フィルム)、プリントの三拍子揃ってないと
満足な結果は出ません。

素人目には肌色なんて当たり前と思うかもしれませんが
ボクの経験で言うと人の肌が最もカラー写真で難しいと思います。

特にボクはレンズの性能を見る際に
女性の肌(子供でもいいです)がいかに美しく写るかを
最も重要な指標のひとつにしています。

本当は追い込んでプリントした現物を前に説明したいのですが
これが優秀なレンズは本当に全然違うんですよ!

そういう意味で腰抜かす程違いに感動したレンズは
NikonのAi AF DC-Nikkor 135mm F2Dというレンズでして
ポートレート撮影用レンズとしてボクはこれを頂点に考えて
他のレンズもテイスティングするようにしています。
※Ai AF DC-Nikkor 135mm F2Dの典型の作例はこれとかですかね


Kimono Woman
Leica M9
Leica APO-SUMMICRON-M 90mm F2 ASPH.
M ( F2.8 -1/125 ) ISO200



今回は主にライカ銀座店で借りた最新のアポ・ズミクロン90で
ご覧のように撮影したのですが、このレンズはやはり最新型だけに
人肌の描写性能はいいですねえ。

前回の新年会レポのエントリーの作例をよーく見て欲しいのですが
現行レンズを使った作例には肌に透明感と艶があるのに対し
63年型のボクのテレ・エルマリートは解像感こそ優れてますが
肌の透明感の再現という点では正直イマイチです。
#それはそれで古臭い味があって良いと思ってますが(^^;

やはりこうした数値には絶対に表せない高度な表現に関しては
最新の単焦点レンズの方に軍配が上がると言えましょう。

このように自分の機材の限界性能を知る意味でも
安定した光が整ったスタジオ環境での撮影は意味があります。



Kimono Woman
Leica M9
Leica APO-SUMMICRON-M 90mm F2 ASPH.
M ( F2.8 -1/125 ) ISO200


しかしこのアポ・ズミクロンはピント面がメチャ薄い!!

M9の距離計は非常に正確で感心したのですが
撮影時ちょっとでもアバウトにピント合わせしてたものは
すぐピンぼけになります。

上の写真もこの500pixelのサイズだとOKに見えますが
等倍でM9の解像力で見るとビミョーにピンが来てませんw



ポートレート撮影の際のピント合わせの定石は
モデルの目のカメラよりの方のまつげに合わせるのが基本ですが
正直M9のファインダーでは90mmのフレームが小さいのでキツイ…

90の開放で寄った時歩留まりよくジャスピン目指すなら
マグニファイアは必須かもしれませんね…

下記のお姉さんの写真の目の辺りを等倍で見れば
いかにこのレンズのピント面が薄いか解って戴けると思います。
何しろ、まつげに合ったピントが数ミリ先の瞳でボケているのですからw



Kimono Woman
Leica M9
Leica APO-SUMMICRON-M 90mm F2 ASPH.
M ( F2 -1/125 ) ISO200


また、今回2階ではピクトリコさんの様々な写真用ペーパーを使って
プリントサービスをしてました。

ボクも写真用紙については目下勉強中なのですが
いろいろな紙があって、それぞれ写真のテイストも変わるので
面白いですね~

今回は新発売されたというピクトリコさんお薦めのコットン・ペーパーで
早速撮った写真をプリントしてもらいました。

なかなか良い仕上がりだったので、そのままモデルさんにプレゼント。
とても喜んでくれたようで、ブログにも上げてもらいました☆

長島れもんさん、湯地友美さん、素敵な笑顔を沢山頂きありがとうございました!
そしてライカ銀座店の皆さん、本当に楽しい時間をありがとうございました♪










Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

お早うございます。

M9-Pは、50mmで固定。
M7は、35mmと望遠。
今、90mmと75mmのどちらを買うか悩んでいます。

Re: お早うございます。

おはようございます!

確かに悩みますよね…(^^
ボクはやはりファインダー倍率から考えて
90は主にM3で使ってます。

アポ・ズミクロン75良いですよ!
是非ご検討ください(^^


> M9-Pは、50mmで固定。
> M7は、35mmと望遠。
> 今、90mmと75mmのどちらを買うか悩んでいます。
  • [2012/01/25]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/466-0c057493

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。