Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代官山T-SITEで撮影会の講評会オフ☆ 

 

代官山オフ
OLYMPUS	Pen EES
FujiFilm FUJICOLOR 100



先日お伝えした、とても楽しかったイベント、
代官山T-SITEでの撮影会の続きイベントとなる
撮った写真の発表会に本日行ってきました。



詳しくは前回のレポをご覧になって頂ければと思いますが、
このイベントは仲良くさせて頂いているプロ・フォトグラファー
Ryu Itsukiさんが主催する撮影会であります。

Ryuさんはハーフカメラの大家でいらっしゃいますので、
当日は基本的にハーフカメラの撮影会でした。

撮った写真は代官山北村写真機店さんに現像に出す事になってましたので
本日は上がってきた写真を皆で見ながら講評しあうというカタチになります。



代官山オフ
OLYMPUS	Pen EES
FujiFilm FUJICOLOR 100


皆さんはハーフカメラは使ったことありますでしょうか?

ハーフカメラというと、その名の通り通常のフィルムの倍の枚数が撮れる
という認識だと思いますが、もうひとつの特徴は誰でもシャッター押すだけで
写真が撮れるイージーカメラだったという事です。

オリンパス・ペンが登場した1959年当時はまだまだカメラは高級品で
しかも露出の知識等が無いと撮れない、一般人にはどこか縁遠いものでした。

しかも当時はフィルムの値段も決して安いものではなかったので、
いつもの倍とれる経済性と、シャッター押すだけの簡便さが大いにウケて
ハーフカメラが一時代を作った訳です。

言ってみればこのシャッター押すだけの文化は
日本のカメラメーカーが今に至るまで脈々と綴ってますね。
ハーフカメラからAF、写ルンです、そして現在のコンデジ。
ハーフカメラは今で言うコンデジのような存在だったのでしょう。


と、話が長くなりましたが、
ハーフカメラは機械的に自動化を達成した為
マニュアル操作して露出の制御をする、といった芸当は
構造上ほとんど出来ません。

また、当時はフィルム感度も低い仕様ですし
オート化を達成するため技術的には割り切った仕様だったりして
今のコンデジのようにどんな状況でも対応するのはちょっと厳しいです。

なので先週の悪天候のような光が不足する場面では…
ボクは大体解ってましたが…実は…やはり手ブレが多かったデス(^^;;;
そう、自分の手ブレ写真が多かった言い訳を
この長いハーフカメラの前説でしたかったのです(爆



代官山オフ
OLYMPUS	Pen EES
FujiFilm FUJICOLOR 100




故に今回は恥ずかしながら作例は少なめデス(^^;

が、光の条件が悪いと結果に影響が出てしまうハーフカメラですが
晴天等の光が十分な場合はかなり良い印象のカメラです。

何も考えなくても良いので、基本パシャパシャとリズムよく撮れますし
フレームもハーフは基本縦位置なので、いつもとちょっと違った視点で
写真が撮れます。

以前Ryuさんの大原の事務所で行われた撮影会に参加した時も
いつもと違う撮影のリズム感の良さに感動すると共に
上がった写真もどこかいつもの自分と違って面白かったです。

特に縦位置の構図が好きな人には相性がいいでしょうね。

------------------------


ところで日本のハーフカメラというのは小さい割に
実に良く出来てまして、実際ご覧のように大変よく写ります。

ボクのPen EESもテッサー型のズイコーレンズなのですが
変な癖もなく、とても好印象な写りです。

また、時々驚くような絵を吐き出す事もあり
実力は思ったより高いです。

個人的にはモノクロフィルムとの相性はかなり良いと思いますね。
実際富士フィルムがカラーネガを発売したのは
オリンパス・ペンの発売とほぼ同時期。
なので、当時はモノクロフィルムが基本だったからかもしれませんね


Ryuさんは使いこなしているだけあってサスガであり、
本日は著書の「かわいいカメラに首ったけ」を皆がの話でしたが
ハーフカメラの実力をこれ以上無いくらい引き出していて感心します。

ハーフカメラの馬鹿に出来ない写りを知りたい人は
是非「かわいいカメラに首ったけ」を見てみて下さい。

ちょっと驚くべき作例とかもあり、面白いですよ!



代官山オフ
OLYMPUS	Pen EES
FujiFilm FUJICOLOR 100



今日も参加者の写真を見せ合いしましたが
やはり同じ場所にいた他人の写真を見るのは面白いですね。

特に、いつも思うのですが、女性は自由に撮っているので刺激を受けます。

見ている視点が人によって違うのはもちろんですが
シャッター押すタイミングが自分と違っていたり
手ブレピンぼけが逆にいい感じで味になって
写真として成立しているものもあったり…

とにかく自分が持っていないアイデアを見せてもらうので
とても勉強になるし、何より楽しいですね。


だから、こういうオフ会や撮影会があった場合は
是非皆さん一度参加してみてください。

一人で写真を楽しむのも悪く無いですが、
やはりたまには志を同じくする他の誰かと一緒に行動するのは良い!

オイラみたいなオサーンでも自然に皆と仲良くなれたし、
参加してみる価値は絶対あると思います!










Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/502-5a5ba34c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。