Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FA★ 85mm F1.4 はやっぱイイ! 

 

20120408_K-x (5 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX smc FA★ 85mm F1.4
A ( F1.4 -1/800) ISO200 AWB +1.0EV


買ったはいいけど、その後地震が起こったり、ライカにはまったり(笑)して
あまり使ってなかったペンタックスの歴史上、名玉の誉れが一際高い
FA★ 85mm F1.4を久しぶりに連れ出してみました(^^



このレンズ、巷では神レンズとして非常に高い評価を得ているレンズです。
特にポートレートではすこぶる評判がいいですね。

で、今回のメインの被写体は桜です。

桜は被写体としては結構難しくて、レンズの性能図るには良いと思います。

で、勇んで出かけると、ちょっとブサイクで無愛想なニャンコに会いましたw


20120408_K-x (4 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX smc FA★ 85mm F1.4
A ( F1.4 -1/800) ISO200 AWB +1.0EV



しかしどうですか、この毛の質感。

ピントは激薄ではありますが、合焦したところはとてもシャープ。

それでいて硬すぎずとても良い雰囲気です。

後ろの玉ボケも良い感じです!


20120408_K-x (9 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX smc FA★ 85mm F1.4
A ( F1.4 -1/6000) ISO200 AWB 



しかし、なんと清々しい描写なのでしょう!

ボケは品位にあふれ、繊細なソメイヨシノの色も
とても上品に写っております!

良いモニターで拡大してみると、この上品な描写にはホレボレしますね!



20120408_K-x (20 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX smc FA★ 85mm F1.4
A ( F1.4 -1/6000) ISO100 AWB 



合焦面の描写がめちゃめちゃシャープです。

このFA☆85を真似て作ったというNikonの8514Dは
どこか儚げで冷温調の描写がとても印象的なレンズで
桜も散った時の方が似合う感じでした。

しかし、こちらのFA*8514は春の陽気が似合う
極めて自然で温かみがどこか感じられる描写のような気がします。



20120408_K-x (29 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX smc FA★ 85mm F1.4
M ( F4 -1/1000) ISO100 AWB 



ちょっと絞ってみました。

大口径レンズだけに開放のボケは相当派手ですが
F4まで絞ると極めて自然なボケにメチャシャープな描写で
完璧!という言葉が頭をよぎります。



20120408_K-x (15 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX smc FA★ 85mm F1.4
A ( F4 -1/800) ISO100 AWB 



これだけ明るくて高性能なレンズだと空気感まで写りますね。

春の日だまりの雰囲気が見てイメージした通りに撮れます。



20120408_K-x (33 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX smc FA★ 85mm F1.4
M ( F1.4 -1/2000) ISO100 AWB 


ちょっと立体感を感じることが出来る構図を意識してみました。

いやー素晴らしすぎますw

今回の撮影ではおおよそ欠点とかクセみたいなものは感じられませんでした。

さすが名玉と言われるだけあります!


20120408_K-x (28 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX smc FA★ 85mm F1.4
M ( F4 -1/1000) ISO100 AWB 


が、実は今回の撮影ではちょっと難儀していたのでした…

モニタで確認するとどこかピントがずれている…

ま、激薄のピント面だから仕方ないのかな?と考え
連写でピントの部止まり稼いでましたが
どうもおかしい…


そして下の写真で後ピンである事に気が付きました(;_;)


20120408_K-x (16 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX smc FA★ 85mm F1.4
A ( F1.4 -1/6000) ISO100 AWB 



以前の撮影時はフィルム機のMXでマニュアルフォーカスだったので
気が付きませんでしたが、やはりどう考えても後ピン…

レンズのフォーカスが狂っとるのか…
この手のピント面激薄のレンズでこれは致命的。

実はNikonのAiAF8514Dも購入時はピンズレしてまして
ニコンのサービスセンターで直してもらった記憶が蘇ります。

今度は近景で自分が前後にわずかに動く事で後ピン具合を調べました。


20120408_K-x (95 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX smc FA★ 85mm F1.4
A ( F1.4 -1/800) ISO200 AWB 



いろいろ写しながら調べましたが
やはり数ミリ後ピンのようです(;_;)

試しに一緒に持参してボケ味を比較しようと考えていた
FA77も使って比べてみましょう。



20120408_K-x (92 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX FA77mm F1.8 Limited
A ( F1.8 -1/500) ISO200 AWB 


と、ここで解ったのですが、
FA77も後ピン(?!)で、どうやらボディがピンズレしているみたいです(号泣)

その後自宅で調べたらやはりボディが後ピンでした。

今まで散々K-x使ってきてそう感じたことなかったんだけどな…

ボディのピンズレって経年変化で発生したりするのかしら(^^;

という事でボディのピンズレは帰宅後直しましたが
その件は後日報告しましょう。


ところでこの2本はいずれも難しい背景でも
きれいにまとまったボケをかましてくれますな。

クセ玉オールドレンズとはやはり違いますw


20120408_K-x (36 - 119)
PENTAX K-x
PENTAX FA77mm F1.8 Limited
A ( F1.8 -1/2500) ISO100 AWB +0.3EV



しかし、FA77もサスガ大変美しい描写をしますね!

FA★85とFA77はPENTAXのマエストロ、平川純さんの設計と言われており
やはり性格的にはどこか似ている気がします。

ボクの印象ではFA★85が素直でクセがなく、神領域のレンズに対し
FA77 は絶妙に嫌味のないクセを残した、センス溢れすぎのレンズ。


しかしこの2本のレンズはデジタルだからこそ
その素性の良さがさらに引き立つ気がします。

K-xはAPS-Cなので135mm程の望遠レンズになってしまいますが
これはフルサイズで試したいレンズですねえ

ペンタックスはフルサイズ出してくれないのかなあ…











Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメさん

そちらのブログにコメントさせて頂きましたのでご覧ください(^^
  • [2012/04/12]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

マイスター平川

神ではないですが、ミノルタ85mmF1.4Gリミテッドと同じ時代の名レンズですね。ニコン85mmF1.4Dは新品購入しましたが05Cくらいシアンが浮いていますね。顔色が不健康に写ります。85mmF1.4Gは逆光耐性だけ上がった魅力のないレンズです。やはり参考にしたという平川レンズは大下さんも唸ったのでしょうね。
  • [2012/12/15]
  • URL |
  • アポゾナー
  • [ 編集 ]

Re: マイスター平川

コメントありがとうございます!

ミノルタの8514も良い評判沢山聞きますね!
一度使ってみたいレンズです。

ニコンの8514の私の認識は
名玉ながらもどちらかと言うとクセ玉でして
仰るように微妙にシアンが浮いて儚げに写るので
被写体を選びますが、ハマると凄いイメージです。

やっぱり平川さんは凄いですよね。
エンジニアリングもそうですが、センスを強く感じます。
ペンタを離れた話を聞いた時は本当に残念でしたが…



> 神ではないですが、ミノルタ85mmF1.4Gリミテッドと同じ時代の名レンズですね。ニコン85mmF1.4Dは新品購入しましたが05Cくらいシアンが浮いていますね。顔色が不健康に写ります。85mmF1.4Gは逆光耐性だけ上がった魅力のないレンズです。やはり参考にしたという平川レンズは大下さんも唸ったのでしょうね。
  • [2012/12/15]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/507-a996434b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。