Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつの桜の景色 

 

_P031425
OLYMPUS PEN E-P1
Kern SWITAR 25mm F1.4 H16 RX

桜の季節は心が躍るものだ。

実際花見の様子を見ると、皆純粋にウキウキしている。

が、桜の見方は人それぞれだ。

東京にはそんな桜がちょっと違って見える場所がある。


と、言っても変わった桜が咲いている訳でもなく、
知る人ぞ知るような変わった場所でもない。

都内でも屈指の花見の人気スポット、千鳥ヶ淵の隣にある、
日本人なら誰でも知っている靖国神社がそれだ。


いつも近隣諸国からチョッカイ出される度に話題になる
この神社だが、今の若い人(かろうじて私も含める)には
到底理解する事が出来ない思いがこの神社を訪れる人の中にはある。


その思いの持ち主は戦争を経験した世代の事だ。

「靖国で会おう」の合言葉で散った戦友を持つ
年配の方々が桜の季節に靖国に集合する。

桜は変わらず美しいのだが、ちょっと違った空気がここにある。

第二次世界大戦の評価は未だ決まっている訳ではない。
ボクは左翼的な自虐史観による全面否定評価は嫌いだし、
かといって右翼的にあの戦争を自衛戦争と積極肯定も出来ない。

ただ、文字通り命をかけて戦ってきた人達が居た事は純然たる事実だ。

戦後日本軍がやってきた事が全面否定される風潮の中で
この方たちが何の為に命がけで戦ってきたか、物凄い葛藤があった事は
容易に推測できる。


The another scene
PENTAX K-x
Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm F3.5 MC (RED)


春の陽気にも誘われ、ちょっと浮足立った気持ちで訪れ
何も予備知識無しで上の写真のような光景に出合うと
正直ちょっと面食らうだろう。

一般的な現在の日本人は、右翼的イメージが正直苦手な人が多いようだし、
確かに一種異様、と思う人もいるかもしれない。

しかし、よく見るとちょっとヤ○ザみたいな右翼とは違っていて
上の写真の旭日旗を誇らしく振っているのは、かなりのご老人だ。
#写真には切れちゃっているけど…

言葉を交わしたわけではないが、
このご老人達は戦地で散った友人のためにこの地に集まり
何か自分達の自我を確認するかのように動いているように
ボクには見えた。

鳴り響く「同期の桜」をバックに桜を見ると
戦地に赴く人達がどういう思いを桜という花に込めていたかが
ちょっとだけ解った気がした。


…そうは言っても結構な大音量だったりすので
そんなにセンチな気分ではないのだが、
桜に込める日本人の思いの深さの多様性は
否応なく伝わってくるのである。


外国では国を護る為に命を落とした人達を
じゃけんに扱う国などどこにもないと聞く。

だからこんな時代だからこそ、ニュートラルな気分で
靖国の桜はみて自分なりに感じ入りたいものだ。


_IGP7470
PENTAX K-x
Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm F3.5 MC (RED)


しかし、荒涼とした外地の戦地に居る時
この祖国の桜の光景は、きっと天国に等しいイメージで
日本人の心の中に映っていただろう。

靖国神社の桜は実に見事なものだが、
国を護る為に戦った人達の魂がどこかに入り込んでいる
という気がしてならない。



_IGP7513
PENTAX K-x
PENTAX FA31mm F1.8AL Limited
A ( F8 -1/400) ISO400 AWB +0.7EV




桜の季節はとても短い
この短さからくる儚さも
桜が日本人の心を捉えて離さない
理由の一つではないかと思う。


隣の千鳥ヶ淵ではノンビリとボートを漕ぐ人が多く
とても平和なイメージに満ち溢れているが
靖国まで足を運べば、こうした平和な空気の
本当の価値を再確認出来る気がします。


_IGP7492
PENTAX K-x
PENTAX FA31mm F1.8AL Limited
A ( F8 -1/125) ISO200 AWB 



ところでこの時使ったイエナのゾナーは
ボクが持っているレンズの中でも
最もシャープな印象のレンズの一つである。

どこか力強い感じがする描写で
痛いくらいの切れ味と言えるかな…
勇ましい感じにはとても似合う。



そしてペンタのFA31は極めて上品な描写で
この神社の桜の優雅さを余すところなく写し取ってくれた。



逆にケルンのスイターはMFTマウントで使うと
イメージサークルの関係から不思議な描写をする。

周辺は光量はガクッと落ち、盛大に流れるが
中心部はメチャシャープなだけでなく
どこかかなり濃密な発色の描写をするので
ちょっと非日常な雰囲気が印象的。


靖国を巡る不思議と断絶された現在と過去を感じるが
このレンズはその不思議感をも写してくれた気もします。


P4031424
OLYMPUS PEN E-P1
Kern SWITAR 25mm F1.4 H16 RX









Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/509-86dcb873

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。