Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイ・レベル -Eye Level 

 

20120503_M9 (21 - 82)
Leica M9
Leitz Elmarit 28mm F2.8
M ( F5.6 -1/60 ) ISO160 AWB


「上から目線」という言葉に良いイメージを持つ人はいないだろう。

#もっとも「鳥瞰図」的な話となると逆にポジティブになるが。

だが、大人は知らず知らずのうちに、

皆「上から目線」になっていないだろうか?



子供の頃の目線は必然的に上を向く。

上を向くと空が見える。

屋内であっても、どこか見上げると

希望や未来が見える気がする。



今は残念ながら学校はどこか収容所のような雰囲気が出てしまった。

僕の世代はかろうじて学校が純粋に楽しい場所、とまだ思えた。

その時経験したキラキラした景色、というのは

ありふれたながらも、このような景色だったのではなかろうか?




「上を向いて歩こう」という歌があるが、

大人はアイレベルを下げてから、上を向いてみよう。

忘れかけていた何かが、見えてくるかもしれない。










Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

僕は苗字が「や」から始まるので
出席番号順で席がきまることが多かった当時は
まさにこの写真の位置から教室を眺めていましたよ^^

木造校舎、木製の机と椅子。懐かしい!

Re: タイトルなし

おお!なるほど、そうですか(^^

まだ小さい時のこうした何気ない光景
記憶の奥に沈殿しているけど、
ふと蘇ってくる時ありますよね(^^




> 僕は苗字が「や」から始まるので
> 出席番号順で席がきまることが多かった当時は
> まさにこの写真の位置から教室を眺めていましたよ^^
>
> 木造校舎、木製の机と椅子。懐かしい!
  • [2012/05/16]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/570-f3612654

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。