Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニチュア写真 -PC-E Micro Nikkor 45mm F2.8D ED 試写 

 

_D7C9056
Nikon D700
Nikon PC-E Micro Nikkor 45mm F2.8D ED
A ( F2.8 -1/800 ) ISO200 -0.3EV AWB 


先日お伝えしたように、円高を利用して超格安で
PC-E Micro Nikkor 45mm F2.8D EDを手に入れたので
試写してみました。


ご存知のようにこのレンズは「アオリ撮影」が出来るレンズ。

アオリ撮影とはレンズの光軸とフィルムや撮像素子の感光面を
意識的にずらしたり傾けることをいいます。


アオリ撮影は、以下のような様々な技法効果があります。

■ライズRise・・・レンズを上にずらす
例:広角レンズで下から見上げると頭すぼみになる建物を形よく真直ぐにする

■フォールFall・・・レンズを下にずらす
例:商品撮影の基本・垂直線のパースペクティブ調整

■シフトShift・・・左右にレンズをずらす
例:画面の水平移動で被写体への写り込みを避ける。

■チルトTilt・・・レンズを上下に傾ける
シャインフリュークの法則により、絞り開放でも大画面を全面シャープに出来る
その逆(逆アオリという)をやるとミニチュア写真になる

■スイングSwing・・・レンズを左右に傾ける
斜め方向でも全面にピントを合わせる。
被写体の形まで変える水平線のパースペクティブ誇張が出来る。


_D7C9051a
Nikon D700
Nikon PC-E Micro Nikkor 45mm F2.8D ED
A ( F2.8 -1/6400 ) ISO200 -0.3EV AWB 


シフトレンズは本城直季さんのミニチュア写真で一躍有名になりましたが
あれは逆転の発想でして、本来は絞り開放でもピントの合う範囲を
拡大するために商品撮影で使ったり、建築撮影でライズして
カタチを整えたりするのに使います。

という訳で上記2展の作例は早速ミーハーにミニチュア写真撮りましたが
決してこれだけの為に買った訳ではありませぬw


ちなみにボクは安いPC-NIKKOR 35mm F2.8というのを持っていて
主に街のスナップでちょっとした資料価値の高そうな建築物を
撮影する時に使ってました。

しかし、PC-NIKKOR 35mm F2.8はシフト機能があるのみで
チルトが出来ないんですよね。

しかもシフト機能は昨今ではPhotoshopで同様の補正が出来ちゃうのですが
チルトはブツ撮りのマクロ撮影でシャープに撮りたい時
どうしても欲しかったレンズなのです。

例えばこの写真はカメラのシャープな質感を出すために
被写界深度を出来るだけ深くピントを全面に合わせたかったのですが
AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G EDだとF36(!)まで
絞り込んだものですw

こうなると光が足りないのでストロボ3灯も焚いたりしなきゃならんし
絞りすぎると回折現象でシャープさも劣化するやらで結構苦労します。

そんな時登場するのがこの手のシフトレンズという訳で
商品撮影のプロの現場ではとてもポピュラーな存在なのです。

#ここのニコンのサイトに商品撮影の現場で、
#どうシフトレンズが活躍しているかが詳しく取材されているので
#よろしければ是非御覧ください。


_D7C9049
Nikon D700
Nikon PC-E Micro Nikkor 45mm F2.8D ED
A ( F2.8 -1/2000 ) ISO200 -0.3EV AWB


シフトレンズはいろいろと遊べます。

上の写真は横方向に逆スウィングしたもの。
真ん中にしかピント合ってませんのでなんだか不思議…
つかキモいですw

まるで三次元空間の歪みに遭遇したみたいですねw

PC-E Micro Nikkor 45mm F2.8D EDは電磁絞りになり
物凄く使いやすくなりました。

PC-NIKKOR 35mm F2.8のプリセット絞りはやはり
いざと言うとき面倒くさいです。

それにカメラに絞り値の情報が送信される恩恵か
シフトやチルトした時でも露出が安定するのもラクです。


_D7C9048
Nikon D700
Nikon PC-E Micro Nikkor 45mm F2.8D ED
A ( F3 -1/400 ) ISO200 -0.3EV AWB 



このニャンコ写真はノーマル状態で撮ったもの。

このヌケの良さとシャープさ、立体感はサスガプロ用高級レンズの描写です。

最初はナノクリなんていらんからもっと安くしてくれ!と思ってましたが
やはりディテールにコダワル撮影のレンズですから、
これだけ写ると頼もしいですね。

という訳で実はまだブツ撮りで使い込んでませんw
それはおいおい公開しますのでお楽しみに(^^











Share on Tumblr
Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/597-f1955e66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。