Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消える三原橋地下街と、地下街のヒミツ 

 

20110127銀座PLC3_APX400_029
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena FLEKTOGON 35mm F2.4 MC electric (RED)
AGFA APX 400



日々変わりゆく銀座のちょっと違った側面をご紹介する銀座百景シリーズ

古き良き銀座の面影を残す「銀座の路地裏」
初めてご覧になる方は、先ずこの銀座の歴史から御覧ください…

といつもの調子で始まりましたが、先日衝撃的なニュースが流れてきました。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

銀座から昭和の薫りがまた消える 
名画座「シネパトス」閉館を惜しむ声


閉館は、三原橋地下街が耐久性の問題で再開発の対象とされ
取り壊されることになった為とか…

三原橋地下街は、かつて銀座に流れていた三十間堀川が埋め立てられた際に
この川に架かっていた三原橋を利用して作られたものです。

戦後の瓦礫処理のため1948年(昭和23年)から埋立が始まり、
1953年(昭和27年)には埋立が完了したとの事。

なんとこの地下街は、現存する日本の地下街としては
上野駅地下鉄ストア(現・エチカフィット上野)に次ぐ古い歴史を持つそうです。


20100127銀座PLC3_APX400_007
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena PANCOLAR 85mm F1.8
AGFA APX 400


そんな三原橋地下街の周辺は華やかな銀座の中で
時間に取り残されたように昭和の香りが濃厚にプンプンする
レトロ好きにはタマランスポットなのです。

場所は銀座四丁目交差点の三越から歌舞伎座方向に向かって
150メートルほどのところにあるのでまさに一等地。

確かに随分前から、なんでこの辺りだけ
こんなに銀座らしくないんだろう?って不思議に思ってました。


20100127銀座PLC3_APX400_008
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena PANCOLAR 85mm F1.8
AGFA APX 400



地下街はこんな感じ。

晴海通りの脇にある階段を下ると、天井の低い地下街に
一杯飲み屋や定食屋、理髪店等が軒を並べます。
新橋みたいな、どこか下町臭い雰囲気ですね。

隣のシネパトスもツウ好みの名画の他に
B級映画、果てはC級SF映画なんかやったと思ったら
団鬼六の花と蛇やロマンポルノぽいのまでやったりして
まあ、映画オヤヂ専科といった所でしょうか(笑)

そのあまりに個性的なセレクトは歩いていても気になったものです。


20110127銀座PLC3_APX400_021
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena PANCOLAR 85mm F1.8
AGFA APX 400



銀座はドンドンとセレブな店が増えているのですが
こちらの世界はまさに対極ですね。

正真正銘の地下世界という感じでしょうか(笑)

こういう世界観の大阪の定食屋とかで常連の串カツなんかも
しっかり押さえているのが何とも渋いです。

最近は昭和レトロが若い人にも人気ですが
以前銀座路地巡りオフをやった時も、この辺りは人気でしたねえ。


20100127銀座PLC3_APX400_015
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena PANCOLAR 85mm F1.8
AGFA APX 400



シネパトスは1967年、東銀座駅と銀座駅間にある三原橋地下街に
「銀座名画座」「銀座地球座」としてオープンし、
1988年に「銀座シネパトス」に名称を変え運営してきたとのこと。

銀座らしからぬ映画のセレクトや映画館の存在感もあり、
今回のニュースの記事を見ても、ファンの悲しみの声として、

「映画館が映画を愛しているのが伝わってくる数少ないコヤだっただけに
 悲しみもひとしお」

「名画座という解釈はちょっと違う。他のシネコンじゃ絶対やってくれないような
 B級、C級の新作映画もバンバン公開してくれる夢の劇場だ」

等との声が書かれてますね…

確かに個性的な映画館ですが、僕等の間じゃもう一つ珍しい特徴で
他に無い映画館と認識されていました。

それは下を走る地下鉄日比谷線の電車の走行音がするという事(笑)

何にしてもシネコンばかりで個性のある映画館が無くなるのは寂しいです。

写真好きの人なら、今ちょうど
ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳
という映画をやっているので是非オススメです。

福島菊次郎さんは写真年鑑2011という本にある
ロング・インタビューでその壮絶な人生を知ったんですけど
どんなに老いても衰えないその意欲には、
生きる勇気というものを分けて頂けると気がします。


20100127銀座PLC3_APX400_014
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena PANCOLAR 85mm F1.8
AGFA APX 400


そんな三原橋周辺も最近再開発の魔の手がどんどん伸びてました。

三原橋の辺りは微妙にロータリーみたいになっているのですが
その周辺は以前よりかなり趣を変えています。

以前はこの辺りのランドマーク(?)だった、要塞のような真っ黒で
窓が無いビルがありました。

確か破綻した幸福銀行ビルだった記憶があったのですが、
#どんなにググっても何も出て来ません…
今はPIASビルというひねくれたちょっと謎な雰囲気のビルが出来たり
和装屋もあっと言う間にピカピカのビルになったり。

そして2012年8月現在も以前を思い出せない程
あっという間に解体、更地にされた土地も出来てました。

こうした事もあり、この三原橋地下街も時代の流れ…
そして耐久性の問題でこの度の再開発…
よくぞ今日まで残ってくれた!と素直に思う反面
大体こういう物件は何かヒミツがあるものです。

そう思っていろいろググって調べてみると…
なんだか中央区議会で「三原橋の不法占拠」というワードが!


20110127銀座PLC3_APX400_023
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena PANCOLAR 85mm F1.8
AGFA APX 400


どうやら銀座に数多くあったと言われる怪しい露天商の撤去の為に
GHQ主導で再開発した時に、当時の東京都知事と怪しい関係にあった
小宮山 英蔵という人が不法占拠したぽいです。

小宮山英蔵という人は、バブル期に平和相互銀行事件という
極めて胡散臭い事件を起こした平和相互銀行のオーナーで
政商として非常にダーティなイメージを持った人のようです。


当時の東京都知事の安井誠一郎との間で政商ぶりを発揮し、
小宮山氏は新東京観光㈱と云う受皿会社を設立し
本来都のものである三原橋地下街の権利を得たらしいと。

この話辿り着いた時、あ~やっぱり、という感じでしたね。

ちなみにここは日本最初の道路占用施設でもあるそうです。


20100127銀座PLC3_APX400_019
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena PANCOLAR 85mm F1.8
AGFA APX 400


前述の通りこの地下街は実は埋め立てられた川の一部分のスペースを
利用したものなのですが、その証拠に注意深く天井を見ると
三原橋の橋桁が見える部分があったりします。

ボク自身もこの地下街は元は橋、ということは知っていたので
多分これは橋の名残かなあ…と薄々は気づいてましたが
その点物凄く詳しくまとめている
「三原橋地下街の謎」というサイトも発見しましたので
詳しくはこちらを御覧ください。

貴重な写真も満載で一見価値ありですね。
しかし、この方の調査能力は凄いなあ(^^;

これを見ると今もかつての三原橋は
そのまま残っている事がよく解りますね!


20110127銀座PLC3_APX400_022
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena PANCOLAR 85mm F1.8
AGFA APX 400


さらにググってみると、この三原橋地下街の下には
もうひとつホントのヒミツの地下街がある、という話を発見しました!!
#このリンク先の最後の方


この三原橋地下街の下、晴海通りに沿っては地下道があって、
銀座から東銀座まで歩いていけるようになっているのですが、
実はこの地下道の下に、更にもう一つ、今では全く使われていない
別の地下道が通っているのです!!

その問題の地下道は、造った当時から消防法に適合する事が出来ず、
殆ど使われないまま放置されているそうで、
もちろん普段はこの場所は見ることも、存在を確認することも出来ないが、
この三原橋地下街の付近から中を覗く事が出来るとの事!

確かにそういや怪しげな通路がこの三原橋地下街にはあるんですよね。


20110127銀座PLC3_APX400_020
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena PANCOLAR 85mm F1.8
AGFA APX 400



そんな銀座のヒミツ満載で、魅力的な三原橋地下街の上には
長屋風に店舗が軒を連ねています。

店舗の中には未だに演歌のカセット売っているような店があり
いつも綾小路きみまろのビデオを大音量で流していたりして
この店子も昭和臭たっぷりで個性いっぱいな感じです。

2階は傳八という居酒屋があったのですが
もう十年以上くらい営業していなくて看板のみ残ってます。

こういう事からいつかは取り壊しはある程度予想してましたが…
やはりシネパトスや三原橋地下街と共にこの建物も
撤去されるらしいです。


20110127銀座PLC3_APX400_031
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena FLEKTOGON 35mm F2.4 MC electric (RED)
AGFA APX 400



と、ここまで書くと、中古カメラファンはちょっと衝撃受けたでしょう。

そう、ここには我らが三共カメラ三原橋店があるのです!!

今回のニュースを聞いて早速三共カメラのオジサンに聞いてみたところ…
誠に残念な事にこの店舗も来年無くなってしまうとの事\( 号泣 )/

ボクはいつもここのショウウィンドウの前にある灰皿で
タバコ吸いながらレンズ物色するのが日課でしたが…
それももう出来ない訳です(;_;)

え?!三共カメラが無くなる??!!
と早とちりした人、ちょっと落ち着いて下さい。

無くなるのは国産カメラを主とした三原橋店の方で
すぐ近所の本店(ライカ等舶来品専用店)は
これまで通り営業するそうです。

しかし、この三原橋店舗の家賃はリーズナブルだったらしく
(周りの店舗を見れば大体解りますがw)
今の銀座の家賃相場考えると国産品店移動出来るか
まだ解らないな~との事。

先日もジャンク箱から素敵すぎる完動品カメラを
2台も保護させて頂いた三共カメラ三原橋店。
いつも端数は当然のように負けてくれる三原橋店。

本店は残ってくれるとは言え、三共カメラを愛する者としては
これほど悲しい事はありません。

コダックのフィルム事業撤退の話に匹敵する、
涙なくしては語れない話であるのは間違いないでしょう(´;ω;`)


20110127銀座PLC3_APX400_032
PRAKTICA PLC3
Carl Zeiss Jena FLEKTOGON 35mm F2.4 MC electric (RED)
AGFA APX 400


このエントリーで見てきたように、いろいろな事情があったとは言え
いろいろな面で愛すべき場所が無くなるは寂しすぎます。

前述した三原橋地下街より古い上野駅地下鉄ストアは
リニューアルしてこんなチャラチャラした地下街になってしまいましたが
どこにあっても構わないような店舗がならんだ再開発は
もうそろそろいい加減にしてもらいたいものです(T_T)












Share on Tumblr
Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

このニュース、私もショックでした。
私も早く撮りに行かなければ。三共カメラはいつも銀座店ばかりなので三原橋店にも入ってみようと思います。情報ありがとうございます。(何か収穫あるかな・・笑)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

是非撮りに行ってください!
三原橋店でも良い出会いがありますよう(^^


> このニュース、私もショックでした。
> 私も早く撮りに行かなければ。三共カメラはいつも銀座店ばかりなので三原橋店にも入ってみようと思います。情報ありがとうございます。(何か収穫あるかな・・笑)
  • [2012/08/26]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメ様

銀座はこれからも大きく変わるのでしょうね
100年後、いったいどんな姿になっているのでしょう…
  • [2012/08/26]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/601-5f00cb16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。