Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパクトな一眼を求めて… -Compact SLR 

 

OLYMPUS E-620 and Nikon D40

カメラには使用用途によって、丁度良いサイズ、というのが存在すると思う。


一眼レフを持った最初の頃は、一眼らしい貫禄が好きになるものだと思う。

いかにも私はマジメに写真に取り組んでいる、といった風情が出るし
特に、何より男性にとっては高級一眼レフというのは
コンパクトカメラとは全く別次元でカッコイイのである。

が、しかし、やがて慣れてきて、レンズも増えてくると
絶対に考えが変わると思う。

変わるタイミングは、常にカメラが手元に無いと
何か落ち着かなくなるくらいカメラと写真が好きになる時だ。


ボクの場合はD700を買った時くらいから。

断っておくが、D700は素晴らしいカメラだ。

最初に買ったDSLRのD300があまりにも素晴らしくて
レンズ交換する時間ももったいないし、
フルサイズと高感度性能に惹かれて買い増したが
期待以上のカメラだった。

が、しかし、同時にレンズも増えて、
気合いの入った撮影旅行が増えてから感じた
カメラバッグが乗る肩に食い込む、あの確かな重み…(笑)

いくら良い写真を撮る為とは言え、
山歩き等は特にシンドイ…
女性や年配の肩なら拷問に等しいだろう


Nikon FM with Ai Nikkor 105mm F2.5

昔からニコンのカメラはデカくて重い。

小さくまとめるのが得意な日本のメーカーの中で
ここまで小型化が苦手な会社も珍しいと思う(笑)

でも、かつては本当に丁度良いサイズのカメラがあった。
それが名機FMシリーズだ。

重すぎず、軽すぎず、ボクには丁度良い印象なのだ。


デジタルでもそんなイメージを求めてカメラ探しを始めた。
最高のスナップシューターが欲しい…


スナップ用ならGRとかでイイじゃん、とも言われた。
確かにGRも凄く良いカメラで、何度もレジに向かいかけた。

でもSLR、一眼がいいのだ!
以前に何故一眼レフなのか、でも述べたが、
カメラはぐりぐりとマニュアルでいじりながら撮影してナンボだ

そうなると操作感の良い、小型で軽い一眼がどうしても欲しい…

気が付くと、D40→E-620→E-P1→K-xと渡り歩き、
お陰でマウントも複数、おまけにフィルムカメラ、
果てはとうとうライカにまで行ってしまった…


今はある程度満足する事が出来る機材が手元にあるが、
どうやらこの問題はずっーと追いかけていく話のような気もしてきた。


きっと同じ悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか…

正直完璧なカメラは無い
でも、それぞれ個性があって、個人の用途に合わせて
カメラを選べばよい。

そんな同じ悩みを持つ方々の為にも
人柱となった事を無駄にしない為にも(笑)
これらのカメラのレビュウをちょっと書いていこうと思います。












↓記事が参考になったらボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログパーツ
↓気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/62-daf48f0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。