Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行徳寺町92 -押切稲荷神社 と例大祭 

 

20101016妙典MX_ProImage100_032
PENTAX MX
RICOH XR Rikenon 50mm F2
Kodak ProImage100



行徳寺町を紹介するシリーズの92回目です。

1)行徳寺町(必見)
2)行徳寺町の歴史
3)徳願寺1 (行徳札所第一番) 
4)徳願寺2 (行徳札所第一番)
5)徳願寺3 (行徳札所第一番)
6)行徳の街並み1
7)徳願寺4 (行徳札所第一番)
8)常運寺1
9)常運寺2
10)行徳の街並み2
11)福泉寺 (行徳札所第二番)
12)長松禅寺1 (行徳札所第三番)
13)長松禅寺2 (行徳札所第三番)
14)妙応寺1
15)妙応寺2
16)妙頂寺
17)世界に誇る行徳の伝統事業 -神輿
18)500年の歴史を持つ浅子神輿店
19)香取・相之川例大祭
20)行徳神輿の担ぎ1 地摺り
21)行徳神輿の担ぎ2 さす・投げる
22)行徳神輿の担ぎ3 子供神輿と人々の笑顔
23)自性院1 (行徳札所第四番)
24)自性院2 (行徳札所第四番) 勝海舟の歌碑
25)神輿の故郷、中台製作所にお邪魔しました
26)貴重な神輿制作の現場取材記
27)現代の神輿師中台洋さんにお話を伺う
28)放火から蘇った神明(豊受)神社
29)大徳寺 (行徳札所第五番)
30)正源寺 (行徳札所第七番) 560年誰も見たこと無い辨天様の居る寺
31)徳願寺の初詣
32)行徳の街並み3 澤木酒店
33)養福院 (行徳札所第八番) 
34)春日神社(妙典)1
35)春日神社(妙典)2 関東一の獅子がいる社
【番外編】中山法華経寺 -日蓮宗の大本山 
36)清寿寺 病気にご利益の高い寺
37)八幡神社(上妙典)
38)妙好寺1
39)妙好寺2 茅葺きの山門がある寺
40)妙好寺3 御会式の万灯行列
41)胡録神社(河原)
42)春日神社(河原)
43)雙輪寺 (行徳札所第九番・十番)
44)了極寺 (行徳札所第十一番)
45)安養寺1 (行徳札所第十二番)
46)安養寺2 (行徳札所第十二番) 国内唯一のはだし大師
【番外編】雪の行徳寺町その1 その2その3
47)大鷲神社 千葉県初の横綱を産んだ神社
【番外編】行徳寺町と東日本大震災
48)妙行寺 枝垂桜がある御祈祷の大寺院
49)稲成神社、浄経寺、日枝神社 、圓福寺、常明寺 
50)甲大神社 1000年以上の歴史を持つ大和田の氏神
51)稲荷木一本松と延命地蔵
52)稲荷神社(下新宿)
53)行徳寺町公園で一休み
54)権現道 徳川家康が歩いた古道
55)法泉寺(行徳札所第十三番) 家康のお休み処
56)妙覚寺1  房総にただ1基あるキリシタン灯籠
56)妙覚寺2 かつての行徳の名残 正覚延壽辨財天池
57)法善寺(行徳札所第十四番) 芭蕉歌碑と四万十川の巨石のある塩場寺
58)行徳の街並み4 田中染物店
59)行徳の街並み5 中島米店 旧成田街道分岐点であり寺町の入口
60)豊受神社(本塩)
61)圓頓寺
62)行徳の街並み6 平川医院
63)浄閑寺 (行徳札所第十五番) 参道にある六面塔
64)行徳の街並み7 廣月堂 -昔懐かしいお菓子屋さん
65)行徳の街並み8 田中邸
66)正讃寺 草庵のように佇むお寺
67)行徳の街並み9 漁師町の面影
68)行徳の街並み10 行徳橋南詰の景色
69)教信寺 (行徳札所第十六番・十七番)
【番外編】行徳を舞台にしたドラマ「帰郷」が放映されました。 
70)上妙典龍宮様
71)行徳のシンボル 常夜灯
72)行徳の街並み11 対岸の造船所 
73)行徳の街並み12 加藤邸 行徳初の国登録有形文化財
74)行徳の街並み14 笹屋うどん 築160年の古民家 かつての行徳名物
75)行徳の街並み15 後藤神輿店
76)徳蔵寺(行徳札所第十八番・十九番)
77)本久寺 眼病守護の日蓮大菩薩
78)横町稲荷神社
79)胡録神社(関ヶ島) 横綱栃錦の土俵がある神社
80)豊受神社(伊勢宿)
81)神明神社 ちょっと笑える狛犬
82)八幡神社(本行徳)
【番外編】行徳寺町オフ会開催!! -寺のまち回遊展
【番外編】寺のまち回遊展レポートその1 
【番外編】寺のまち回遊展レポートその2  -浅子神輿店の内部を見学!
83)清岸寺 (行徳札所第二十番)
84)馬頭観世音
85)おかね塚  遊女の恋物語伝説
86)ぽっくり蛙
87)湊水神宮
88)行徳の街並み16 行徳にある倉庫
89)行徳の天然海産物の即売所
90)行徳の街並み17 行徳の古民家1
91)行徳の街並み18 行徳の古民家2

も是非お読み下さい。


行徳駅前の通りを北の旧江戸川方面へ歩き、
行徳バイパスを抜けてしばらく歩くと
右側にちょっとした公園のようなものがある。

そこに押切稲荷神社は鎮座している。

神社の本殿はこの行徳駅前通りを背にして立っていてちょっと不思議だが
神社の裏は昔水路だったため水路を背にして拝殿が建てられたとの事だ。

この神社を撮りにいった時、ちょうど祭礼の時だったので
良い記録になると思い紹介しよう。


20101016妙典MX_techno_Kolor200_009
PENTAX MX
PENTAX FA77mm F1.8 Limited
techono	Kolor 200



上は祭礼時の拝殿の写真。

神主さんが人形のように決まってますが人でございます(笑)

普段は扉が閉まっているので、ご神体が拝めました。
御祭神は宇迦之御魂命となっているが、現地の由緒書を見ると
ちょっとフクザツなようである。


由緒書きでは、押切鎮守稲荷神社本殿の本当の御尊体は、
850年以上前の建久巳年(1197年:鎌倉幕府が出来て間もなくの頃)三月に
京都三條仏師の祖先とも云う、鎌足義政(又は義継)の一刀三礼の作である
十一面観音菩薩というかなり由緒あるものであるそうです。

この菩薩像は大和国長谷寺の御尊体の御写とし、御丈一尺二寸五分(約38cm)、
御身巾三寸五分(約10cm)の舟形光背で蓮華座の立像の御尊像だそうです。


当押切の地に鎮守する迄の間、いろいろな経緯を経て
およそ350年程前の江戸時代前期にこの地に鎮座したとの事ですが
度々の津波等により本殿等が崩壊する等の苦難にあわれた為、
十一面観音像は避難する事に。

当時ここは東葛飾郡押切村と呼ばれていたそうですが
その江戸川対岸にある南葛飾郡の鎌田村の長寿院(現在は廃寺で跡地に
豊田神社が建立されている:現江戸川区瑞江1-18-1)に
ご尊像は預けられたそうです。



20101016妙典MX_techno_Kolor200_010
PENTAX MX
PENTAX FA77mm F1.8 Limited
techono	Kolor 200



当然ですが、ご尊像が預けっぱなしでは
押切稲荷神社総代が御尊体が空虚なると日夜遺憾に思い、
大正二年(1913年)十一月四日長寿院に返還を申し入れし、
鎌田村議の結果、大正二年十二月十九日早朝返還がされたとの事。

氏子総代一同御船にて御迎えし本殿へ無事安置し現在に至るそうです。


という事で御祭神=宇迦之御魂命の上に十一面観音菩薩がご尊像で、
明治以前の神仏習合へ戻りつつ有るのでしょうか。
しかも稲荷の本地仏は荼枳尼天だと云われているので
よりフクザツ、というか日本人らしく大らかなんでしょうかね。



20101016妙典MX_ProImage100_035
PENTAX MX
RICOH XR Rikenon 50mm F2
Kodak ProImage100


この神社もこの界隈にある寺社仏閣の例に漏れず
いつもはひっそりとして、どこにでもあるような佇まいなんですが
祭りの時期となると小さな境内にも関わらず結構盛り上がります。

押切自治会の建物ではこの日、演芸大会なるものまで催されてました。

男性の歌手が演歌を歌ってましたが、足元のポスターをよくみると
「行徳慕情」という歌があるんですね!!





歌手の方の名は松村たかしさんだそうで、調べたちゃんとアマゾンで
CDが売ってました!(^^



20101016妙典MX_ProImage100_036
PENTAX MX
RICOH XR Rikenon 50mm F2
Kodak ProImage100


境内には他にも見所があります。

行徳駅前通り側の入り口の所を本殿と挟む形で
小さな浅間神社が鎮座しております。


20101016妙典MX_techno_Kolor200_011
PENTAX MX
PENTAX FA77mm F1.8 Limited
techono	Kolor 200


浅間神社というのは富士山を神格化した富士信仰に基づくもので
現在の群馬県の浅間山を信仰した神社という訳ではありません。

今でこそ高い建物が出来て富士山は見えにくくなりましたが
この行徳の地でも富士山はよく見えます。

この出初式の写真なんか見てもらうと、意外と大きく見えるので
他の地方の人にしてみればちょっと驚くのではないでしょうか。

もちろんボクの妙典のマンションからも天気がよければ
ハッキリと綺麗に富士山は見えます。

ちなみに「あさま」は火山を示す古語でして、
御存知の通り富士山は江戸時代中期に宝永の大噴火を起こしてまして
江戸にも火山灰が降り、降灰で昼間も暗くなったそうですから
畏敬の念を込めてこの神社がこの地にも出来たのかもしれません。
#この小さな浅間神社の情報が無く推測ですが


他にもこの行徳、浦安界隈には浅間神社があり、
そのどの神社にも、何処から持ってきたのか溶岩石と思える
石が神社の周りを取り囲んでおります。

この地は江戸川が運ぶ砂洲から出来た土地ですから
やはり誰かが運んできたのでしょうね。


20101016妙典MX_techno_Kolor200_002
PENTAX MX
RICOH XR Rikenon 50mm F2
techono	Kolor 200


行徳の祭りと言えば神輿。

この日も立派なお神輿が出番を待っていました。

これは以前取材してご紹介した中台祐信氏の作のようです。

大きな屋根とくびれた形がカッコイイですね。


20101016妙典MX_techno_Kolor200_008
PENTAX MX
PENTAX FA77mm F1.8 Limited
techono	Kolor 200


屋根の方法も威風堂々とりっぱです。

ところで気づいた人いるかもしれませんが
この時、以前どこかで拾った謎のフィルム、
テクノカラー200( Techno Kolor200)を使ってみました。

ググってみてもあまり情報が無いのですがどうやらアメリカ製だそうで
でもなんで綴りがColorでなくKolorなんでしょ。
独語かロシア語みたいな感じですね。

怪しさたっぷりですが、意外と普通の写りで
US製という事と、その描写から考えても
コダックのOEMではなかったのかと推測します。


20101016妙典MX_ProImage100_034
PENTAX MX
RICOH XR Rikenon 50mm F2
Kodak ProImage100


小さな子ども神輿がとってもカワイイですよね。

本当に行徳の神輿は見応えがあるので、是非皆さんも見て下さい。

■参考リンク
行徳神輿の担ぎ1 地摺り
行徳神輿の担ぎ2 さす・投げる
行徳神輿の担ぎ3 子供神輿と人々の笑顔




他にもこの押切稲荷神社拝殿の右隣には千寿銀杏といって
高さ20m、幹周6m以上もある巨木(市川市指定の保存樹木)が
御神木として鎮座されてます。


20120915行徳MZ-7_REALA_ACE_100_001
PENTAX	MZ-7
PENTAX	FA28-105mmF3.2-4.5AL[IF]
FujiFilm REALA ACE 100




近所の何気ない神社も、1年通してよく見ると
深い歴史と面白い光景に出くわすと思います。

是非皆さんも住んでいる所に興味を持って
写真を撮られてはいかがでしょうか。




■押切稲荷神社
千葉県市川市押切6−6

大きな地図で見る









Share on Tumblr
Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/633-e4c5d1a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。