Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割烹旅館 玉川 -東京湾奥部に残された大正ロマンのある大型和風旅館 

 

割烹旅館玉川
Leica M3 (SS)
Leitz Summaron 35mm F3.5
ARISTA EDU ULTRA 400

 
船橋という街は実はボクが子供から高校生時代の多くを住んでいた街である。

このブログでも現在の棲家である行徳近辺の再発見の意味で
行徳寺町というシリーズを書いているが、船橋も実は似たような場所でもある。

もちろん位置的にも隣の市という事もあるのだが、
歴史があるにも関わらず、観光、とまではいかなくても
お散歩コースとしてほとんど注目されてない、というのが似ているのだ。

実際随分長いこと自分も住んでいたが、
東京湾岸部がどのような場所だったか殆ど知らなかった
#ま、子供だったから、というのもあるが。



船橋は成田山新勝寺詣での為の成田街道の宿場町として
もともと江戸時代に大変に賑わった街だ。

現代に入っても東京から程近い保養地として
戦前までは東京湾の幸に恵まれノンビリ静養する人が多かった地でもある。

実際、川端康成や太宰治はこの地を気に入り
それぞれ作品を残している。



そんな作家にも愛された船橋は、戦後の高度成長期で大きく姿を変えた。

そんな中、かつての大正時代くらいまでの面影を遺す数少ない場所が
この割烹旅館 玉川なのである。




正直な所、東京湾の開発は今見ると割りと強引に、
というか場所によっては無秩序に近い形で進められたようにも見える。

この玉川のあたりも、かつては塩田があり、
すぐ海岸があった場所らしいが、今は海岸線は遥か先。
#この玉川敷地内にはかつての船着場跡が残っている

そして現在の海岸沿いは、ご存知の通り倉庫や工場が味気なく建っている。



しかしかつての海岸沿いや、街道沿いを歩くと
いろいろと違った景色が見えて船橋は割と面白い。

この玉川は現在の船橋市役所のほど近くにあるのだが
周囲を歩くと唐突にやたらと古くて大きい建物が出現して
少々驚く、というのが正直な所である。

大正十年(1921年)に建てられたというその建物は
威風堂々としていて存在感満点である。

しかし、その背後にはあまりにもミスマッチな超高層タワーマンションがある。
その高さと言ったら、超広角レンズでも収まりきれないようなものだ。

#デジタルのカラーでも撮ったが、周りが写り込むと絵に全くならなかった


割烹旅館玉川
Leica M3 (SS)
Leitz Summaron 35mm F3.5
ARISTA EDU ULTRA 400



このタワーマンションの場所には、かつて割烹旅館 三田浜楽園という
今回紹介する玉川と似たような老舗旅館が平成18年まであった。

ボクも子供の頃一度行った記憶があって、
独特の雰囲気をなんとなーく覚えているが
こちらの玉川の方はごく最近まで知らなかった。

前回紹介した船橋港を久しぶりに撮りに行こうとして
この立派な老舗割烹旅館に気がついたというのが正直な所。

しかし、その立派な佇まいにすっかり魅了されてしまったのだ。



玉川は外から見ているだけでも、敷地も広く、
まるで周りとは別世界のようだ。

わりとゴミゴミとした船橋駅前(最近は大分再開発された)から
想像できないような、そこだけ古都然とした雰囲気である。

この時は中には入れなかったのだが、
頂いたパンフの写真を見ても素晴らしいものがある。
レトロな純和風旅館が好きな人には堪らないものがあるだろう
#こちらの玉川のHPで少し写真が見れる


しかも、この旅館の風呂は、なんと温泉である。

知っている人は知っているが、関東平野というのは
地下に巨大な天然ガス田があって、深く掘れば温泉は出るのだが
その温泉が健康ランドみたいな施設だと魅力も半減する。

が、この玉川の風呂は期待を裏切らない雰囲気なのである。




近所にこのような大型和風旅館があったとは…
是非近いうちに泊まって内部を撮影してみたいものである。

また、考えてみればこのは東京ディズニーランドや
幕張メッセ等の施設からも割と近い。

行き慣れた人なら、たまには趣向を変えて
こういう場所に泊まってみるのも面白いかもしれませんね。



割烹旅館玉川
Leica M3 (SS)
Leitz Summaron 35mm F3.5
ARISTA EDU ULTRA 400



この玉川はかなり古い建物なので、
いつまでこの立派な姿を見せてくれるか不安だが
出来るだけこの上質な雰囲気をずっと残してもらいたいものである。


船橋市のHPにかつてのこの界隈の写真がちょっと載っているが
今とは似ても似つかない様子だ。

船橋市は古い町並みの保全等には最近まで殆ど興味が無かったようだが
今からでもこうした歴史的建造物を活かした街づくりを
少しでも心がけてもらいたいものである。



■割烹旅館玉川
千葉県船橋市湊町2-6-25
047-431-3234












Share on Tumblr
Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

初めまして

Twitterでフォロー頂きました AmanatsuFox(あまなつ)です。
本家のブログに立ち寄らせて頂きました。
素敵な写真にうっとりです。
今後とも宜しくお願いします。

Re: 初めまして

コメントありがとうございます!

身に余るお言葉頂き嬉しいです(*^^*)

今後も是非よろしくお願いします!



> Twitterでフォロー頂きました AmanatsuFox(あまなつ)です。
> 本家のブログに立ち寄らせて頂きました。
> 素敵な写真にうっとりです。
> 今後とも宜しくお願いします。
  • [2012/09/26]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/635-d7a56a86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。