Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉・房総のあまりに素敵すぎるお店たち(大人専科)2 -Excellent cafes & restaurants in Chiba 

 

Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F5.6 -1/100 ) ISO200 AWB -1.0EV


前回 千葉・房総のあまりに素敵すぎるお店たち(大人専科)1 
-Excellent cafes & restaurants in Chiba というエントリで
千葉・房総のステキ過ぎるお店を2つ紹介しました。

いや、本当に想像を越えて素晴らしかったので、
未だ読んでないヒトは是非見てみて下さい。

更に!その後Ryu Itsukiさんとお友達のRIERIさんに
これまた想像の斜め上を行くお店を紹介してもらいましたので
今日は続きのレポートになります。



次に行ったお店の名はライス・テラス。

オーガニックカフェ、と簡単に説明受けましたので
名前からしてバリ島風かいずれにしてもアジアンテイストな
東京によくあるコジャレたカフェと勝手に想像。

しかし、地元の人じゃないと絶対判らないような道を
奥へ奥へとクルマは進められてしまいます…

そして細い道を抜けた所にある
大きな駐車場を兼ねてそうな広場に到着

周りには少数の民家だけで
想像していたコジャレた雰囲気には程遠く
物凄く田舎な場所です。


RIERIさんに「こっちで~す♪」と誘導されて
小さな林を抜けようとすると…

なんと木にはツリーハウスがあるじゃないですか!!(トップの写真)

しかもツリーハウスには吊り橋までかけてあって
ここはトムソーヤでも住んでいるのか?と先ず驚きますw


Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F5.6 -1/250 ) ISO200 AWB -1.0EV



どうやらそのツリーハウスを抜けた所が目的地らしいのですが…
そこには摩訶不思議な空間が広がってました。

奥には千葉のどこにでもあるような民家があるのですが
その隣は割りと洒落た造りのサイロとゲストハウス…

なんだかちょっとしたテーマパーク?みたいというか
なんとも形容しがたい雰囲気の場所です。




しかし、どこにでもある民家、と言いましたが
縁側にはハンモックが吊ってあったりして
やはり良く見るとどこにでもある農家ではありません。

そして人が割と沢山居るのですが、皆めちゃ若い!!
なんか今まで来たこと無い場所に足を踏み入れたようです!!



Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F5.6 -1/160 ) ISO200 AWB -1.0EV



そしてこの建物達、というか小さな集落の前には
気持ちのよい小ぢんまりとした田んぼが広がってました♪




Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F5.6 -1/2000 ) ISO200 AWB -1.0EV



いやあ、稔の秋ですねえ。

やはり米と共に何世代も生きてきた私達日本人は
タワワに実った稲を見ると不思議とホッとするものです。

大地の恵みに、五穀豊穣を神様に感謝、と言った所でしょう。

しかし本当によく実っていますねえ。
実に美しい光景です。



Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F8 -1/160 ) ISO100 AWB -1.0EV



目的のカフェ、ライス・テラスは奥のこの建物でした。

まさにテラス席が中心でとてもキモチが良い場所です。

ライステラス、という事で棚田でもあるのかと思いましたが
ライス+テラスなんですね。看板に偽り無しです(笑)

しかし、先程も書きましたが、ここに居るヒトは
男性女性皆若いです。40以上の人は見かけません。

そうした若者はこの写真にも小さく写ってますが
誇らしく「米」とプリントしてあるTシャツなんか来てたりして
どうも就農志向のある人のようです。



Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F5.6 -1/400 ) ISO200 AWB -1.0EV



そこで何名かの方に声をかけてお話伺いましたが
ここは食生活法・食事療法の一種であるマクロビオティックの
料理研究家である中島デコさんが主催している施設なんだそうです。

中島デコさんはBayFMのネイチャー番組「ザ・フリントストーン」にも
出演されたそうですので知っている方もいるかもしれません。


ブラウンズフィールドと名付けられたこの場所は
中島デコさんの旦那さんであるエバレット・ブラウンさんにちなんだもの。

エバレット・ブラウンさんは写真家・ジャーナリストとして
世界を駆け巡っていた方だそうでして、今はこの千葉の地の良さに出会い
この場所に落ち着いているのだそうです。

HP見るとエバレット・ブラウンさんは宮本常一とか大好きだそうでして
私自身、カメラ片手に宮本常一のような人生を歩みたい…と
常々妄想している人間ですので、もうそれだけで
ここはイイトコだと思いました(笑)

ブラウンさんと宮本常一話と写真話なんかしたら
絶対盛り上がっちゃうだろうな、と妄想してますww



Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F5.6 -1/400 ) ISO100 AWB -1.0EV



ブラウンズフィールドでは自然を愛する人を国内のみならず
世界各国から集めてオーガニックな野菜やお米を作って
様々な自然食品に加工したりする活動をしているそうです。

この日も稲刈り収穫イベント(祭り)だったらしく
狩った稲ははさがけにされてました。


私がお話を聞いた若い女性もWWOOF ジャパンという所に登録して
就農体験をしてみたいと思っていた所、ここを紹介されたそうです。

正直言うと代官山あたりに歩いてそうな可愛い娘を多いのですが
皆活き活きと集団生活している感じで大変驚きました。

途中でヤ◯ギシみたいな宗教なのか?とも誤解しそうになりましたが(失礼)
自然な笑顔で自発的に共同作業している若い人と話をしていると
こんな時代でもしっかりした若者はまさに地に根を張った考え方をしとる…
と、オジサンとしてはちょっと恥ずかしくもあり、刺激を受けましたデス。

条件反射的に若者を馬鹿にしているジジイなんかは
こうした若者の爪の垢でも飲ませたいものですね。マヂで。




今ニートとか問題になったり、
不況で若年層の就職難が言われたりして
ただでさえ若者は苦しんでますが
こうした場所で仲間に囲まれて就農体験する事は
労働する喜びを五感で感じるのに最適ですよね。

実際稲刈りを終えた若者達や子供達は
収穫の充実感を感じているように見えました。

若者や子供は無理してでも一度は農作業を体験した方がいいです。
と常々思っている事が更に確信に変わった時でもありました。



Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F5.6 -1/80 ) ISO200 AWB -1.0EV




中島デコさんのインタビュウを見ると
この地にやって来た時は自給自足なんて考えてもみなくて
まして千葉に来たのはたまたまで、本当のは長野とか
そんな場所での田舎暮らし考えていたそうです(笑)

でも今はすっかり千葉という土地を気に入り
完全に自給自足モードみたいですね。

この地は小高い丘に囲まれていて
田んぼを中心にちょっとした箱庭のようになっているのですが
周りの農家ともちょっと違ってひとつの世界を作っているようです。

家畜もいまして、ヤギさんが数匹飼われていました(^^



Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F3.5 -1/1000 ) ISO100 AWB -1.0EV



オーガニックな生活を目指しているだけあって
よく注意すれば細かな所も気を配っているのが解ります。

田んぼの奥にある教会風の小屋はガチョウさんの家
こうした鳥が田畑の虫を食べたりして管理してくれたりするんですよね。

あと、現代社会を否定しているわけではないので
クルマなんかもありますが、さりげなくバイオディーゼルカーだったりします。

まあ、ディーゼルエンジンというのはどんな油でも走るので
大きな改造なんかしなくても植物油でも動くんですけど
原油高対策だけでなく、あの何から何までデタラメの原子力みたいな
権力と結びついたエネルギーに対してのオルタナティブな解として
こうしていろいろ取り組むのはとても意義ある事だと思いますね。



Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F10 -1/125 ) ISO100 AWB -1.0EV



子供達の姿が多い事もあって
いろいろ天然素材を使った遊具もあったりするんですが
突然ゲル(!)なんかもあったりして(笑)敷地内を歩いていても
飽きることは無く、感心しっぱなしでしたね。



Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F5.6 -1/800 ) ISO200 AWB -1.0EV




こうした自然回帰志向の活動は決して新しいものではなく、
60年台のヒッピームーブメントの一つの流派だった
コミューン志向なんてのもありましたが、
どれも宗教がかってたり、極端だったりして
特に日本ではあまり根が張らなかったと思います。
ま、景気もよかったし。


しかし、金さえ持てば何やってもOKみたいな風潮は
年々社会の隅々まで酷く浸透してきてしまったし、
その末路、というか権化というか象徴みたいなものが
原子力発電所の悲劇的な大事故だったんだと思います。

金は便利で大事なものですが、目的と手段が逆転した瞬間から
社会も人心も破壊する本当に恐ろしいものだと思いますわ。


田舎生まれのボクからすれば、
都会人が妄想する田舎暮らしのイメージには共感しないのですが
このブラウンズフィールドでやっているような
肩の力を抜いた、かつ本質的でありながら
皆で楽しんでやる方向性には強い興味と共感もちましたね。


今自分も人生の転換期でありますので、
秋の綺麗な空を眺めながら、えらく真面目に考えてしまいました。



Rice Terrace Cafe, Brown's Field
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F5.6 -1/1250 ) ISO100 AWB -1.0EV



という訳でライステラス、というかブラウンズフィールドは
ボクが行く前に想像していた場所と良い意味でぜんぜん違う…
というか想像の枠外にあるような場所でとても刺激的でした。

このブラウンズフィールドにはお泊り出来るコテージや
就農体験出来るイベント等もあるので、興味が湧いた人は
何も考えず飛び込んでみるととても面白いと思います。

かくいう私も近々飛び込む予定です(^^



さて、すっかり感動してしまった私に
Ryu Itsukiさんは最後のトドメとばかりに
晩飯はこれまた素晴らしい店に誘って頂きました。

それは 手打そば幸七 というお店。
訪れた時はすでに日が暮れてましたが
とても大きな古民家を改装したお蕎麦屋さんです。




幸七
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F2.8 -1/80 ) ISO800 AWB -1.7EV



蕎麦と言えばなんといっても信州が本場
私の出身地福井県も越前蕎麦という美味い蕎麦があり
そして私の一番のお気に入りは福島県檜枝岐村の裁ち蕎麦…
そう、実は私は蕎麦の味にはウルサイのですw

正直東京で蕎麦を美味いと思ったことは殆どない。
おまけに妙に高いし、少ないし、で
蕎麦は上記のような蕎麦の名産地で食うに限る
と常々思っておりました。

そんなボクからすれば千葉は蕎麦不毛の地…

御存知の通り蕎麦は寒い所というか気温差激しい場所の方が
美味い蕎麦の実が取れる、と思ってましたので
日本列島の中でも温暖な千葉で美味い蕎麦なんて
最初から期待すらしてなかったのです(笑)



幸七
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F2.8 -1/80 ) ISO800 AWB -1.7EV


この幸七さんはとても大きな古民家を改装しているのですが
これまた立派かつ手入れが行き届いていて素晴らしいです。

ご主人さんともお話しましたが、やはり手入れは大変との事。
でもこういう家は手間をかける甲斐がありますよ。
羨ましいです。

蕎麦のメニューは結構いろいろなものがあったのですが
私は福井県人が大好きなニシン蕎麦をチョイス。

ちょっとイジワルですが、そこで品定めしようと思ったのですが…
驚いたことに期待を裏切るどころか、とっても美味でした!!!



幸七
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F2.8 -1/80 ) ISO800 AWB -1.7EV




いや、はじめて千葉で本当に美味い蕎麦食べさせてもらいましたよ。

冷房も何も無い古民家で、夜風を感じながら
冷たいニシン蕎麦に舌鼓を打つ…なんてシアワセなんでしょ。

孝七さんはこの店の裏で蕎麦畑を持っているのはもちろんなんですが
ここでも収穫期には体験収穫会なんかをやっているそうです。

先程のブラウンズフィールドでもそうですが、こちらの蕎麦摘みも
是非体験してみたいものですねえ。

ろくな農作業経験が無い私ですが
この日は農業への興味がメラメラと湧いた一日でした(笑)
というかあまりに充実し過ぎた一日でした!
Ryuさん本当にありがとう!




最後に、中島デコさんも千葉に来るまでは
千葉に大したイメージ持ってなかったみたいですが
今では大好きな土地なんだそうですが
その気持、イタイほど再確認した一日でした。

Ryu Itukiさんとは写真仲間集めて
今度千葉オフでもやろう!と言ってますので
参加したい人はここのコメ欄にその熱い思いを書き込んだりして
ボクとRyuさんの背中を是非押して下さいw

とにかく千葉は素晴らしい場所です!!











Share on Tumblr
Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/640-c3b7ae89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。