Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Endurance 

 

道
Nikon D4
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED
A ( F8 -1/800 ) ISO100 AWB 



40代は不惑の年であるという。

だが敢えて言うと、それは明らかな間違いである。
 

いくつになったて悩みや迷いはある。
それは”生きている証拠”だと思う。

痛みを感じるのは生きているからこそだ。

もちろん、理想であれば、40代どころか、
出来るだけ早い時分にブレない自己を確立すべきだが
本気で生きている人は足元こそ位置はしっかりしていても
常に時代や人に翻弄されながら苦悩し続けつつ
一所懸命生きているというのが実情なのだ。


だが、これが言い訳にならないよう、いつも自問自答するのも必要だ。



ところで、先日台湾に行って知ったが、僕等があまり知らない
日本人として、というより、人として偉大な仕事を成し遂げた
尊敬すべき先輩方は日本人には沢山いる。

最近世界から絶賛される日本人なんて本にも出会ったが
台湾にも八田與一さんという、現地の人に今でも尊敬される人が居た。

他にもダショー西岡さんとか、杉山龍丸さんとか
何でもカネ、カネの昨今とは全く別次元で偉業を成し遂げた人は
僕等が知らないだけで割と現代でも何人もいらっしゃる。



もちろん偉大な先輩方は日本人でなくても沢山いる。
例えば、エンデュアランス号漂流事件というのがある。

実際に1910年代に起きた南極探検隊の遭難話なのだが
もうこれが奇跡という以外、表現出来ない大冒険脱出劇で、
人というのは強靭な精神さえあれば、どんなに過酷環境でも
生きていけるものなのだ、と説得力を持って理解出来る話だ。

写真家の星野道夫さんも、心が揺れた時は
この本を良く手に取っていたそうだが、今その気持よく解る。

実際主人公のシャクルトンは不屈(endurance)という言葉を
船の名前にしている事からも、何が人にとって大事なのか
よく解る話だ。

#さらに驚くべきことに緊急時である遭難の様子を
#当時の大判(!)カメラで撮った素晴らしい写真も残っているので
#是非Wikiも見るべきです!


…こうしてみると、偉大な先人達は志だけは最後まで高い。

年をとると、世の中こんなもんだよ、とか
もっともらしくて、皆も素直に同意してくれる
「言い訳」が自然に出てくる。

もちろん、生きにくい時代である事は否定しないし
ボク自身もいつもメゲそうになるのが正直な所…

だが、志を完全に失った時点で、その人は死んでいるのだ。

実際エンデュアランス号のような環境だと即物理的に死亡。
そう考えると、いくら今の時代を嘆いた所で
僕等はやはり恵まれているのだ。



さあ、もう一度頭をあげてみよう。

生きている限り、
道はきっとどこかにあるはずなのだから。


■撮影地:沖縄県石垣島











Share on Tumblr
Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

不惑というのは実は結構深い言葉で、なにも40歳で惑わないということではなく、願望もそこには含まれています。惑わなければいいなあ、という。
単なる道徳的な言葉の羅列ではないのが論語の凄いところです。
孔子も一般常識とは異なり、人殺しもしているし、決して聖人君子ではありません。

Re: タイトルなし

勉強になるコメントありがとうございます。

不惑は日本じゃちょっと違った意味で流通してますよね。
それが40代にかぎらず、妙なプレッシャーを人々に与えちゃうように
独り歩きしている気がします。

先日30になったばかりの人の話を聞いてちょっとそんな事思いました。


> 不惑というのは実は結構深い言葉で、なにも40歳で惑わないということではなく、願望もそこには含まれています。惑わなければいいなあ、という。
> 単なる道徳的な言葉の羅列ではないのが論語の凄いところです。
> 孔子も一般常識とは異なり、人殺しもしているし、決して聖人君子ではありません。
  • [2012/10/03]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

私は、
天命を知ってはいません。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

同じく…デス(^^;


> 私は、
> 天命を知ってはいません。
  • [2012/10/03]
  • URL |
  • ふくいのりすけ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/641-840ad0a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。