Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪写真部撮影会で箕面の滝にお散歩2 -Osaka Photo Club 

 

Winter tale
Nikon D3200
Nikon AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G
A ( F8 -1/80 ) ISO100 AWB -0.3EV


前回に引き続きオールドレンズで遊ぼう のたけさんのご厚意で
たけさん主催の写真部の撮影会に参加した時のレポです。

→たけさんのレポはこちら


ボクは定期的に自分の写真を見なおして
なるべく客観的に自分の写真を見ようとしているのですが
そうやって見ると結構気が付かなかった傾向が見えてきたりします。

いくつかある中で思ったのが、
冬の写真が少ないこと…(笑)

やっぱ寒いと外には出ませんしねえ。
我ながら実に解りやすい(爆)

なのでこの撮影会ではひとつテーマとして
寒さを感じる写真を撮ろう!と思ってました(^^

そしたら運良く(?)全日に雪が降っていたようでして
なかなか風情のある絵がそこかしこにあってラッキーでした。



Winter tale
Nikon D3200
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
A ( F5.6 -1/80 ) ISO100 AWB -1.7EV



箕面は結構山の方なので、夏は避暑地として涼みに来る人用に
川の上にお座敷たてたりしてありました。

そうしたお座敷が雪化粧しているのは風流ですねえ。

寒いのは嫌だけど、やっぱり冬は冬らしい方が
写真撮るにも楽しいかもしれませんね。




Winter tale
Nikon D3200
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
A ( F5.6 -1/200 ) ISO100 AWB -2.0EV



前回この撮影会用にUT-43Qという新兵器を使った話をしましたが
実は最近もうひとつ新兵器を購入しましたw

それがNikon AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8Gです。

価格コムみたら最安がアマゾンだったので
アマゾンから2万2千円程でGETw


しかしこのレンズ安いクセにあなどれないレンズです。

マクロはボクはニコンのマイクロ60を愛用、
というかAF-Sマイクロ60現代ニコンが誇る
名玉中の名玉と思っているのですが、
ホントはもっと気軽に使える大きさのマクロが欲しかったのです。

以前はペンタのDA35F2.8マクロなんてかなり気になってました。

そしてD3200買ってからAPS-Cの使い勝手の良さを再確認し、
今回の購入にいたった訳です。


マクロレンズを使う人ならご存知の通り
かなり接写となるとピントは激薄です。

そこでボケ味を味わうのも良いですが
最近ボクはブツ撮りにハマるうちに
絞ってなるべく被写体のディテイルを収める事の面白さに
目覚めてしまい、そこで被写界深度が深めな
APS-Cの良さを再確認したという次第です。




Winter tale
Nikon D3200
Nikon AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G
M ( F22 -1/80 ) ISO100 AWB 



このDXマイクロ40は小さくて軽くて良いですね!


もちろん60の方が良い写りしますが、
40は40でコスパ考えると非常に良いレンズです!!


トップの写真なんかは冬の弱い自然光でも
ISO100でF8まで絞ってピントの合う範囲が広めなのは
APS-Cならではかなと思っております。

最近はフルサイズがちょっとしたブームですが
こんな写りが2400万画素で安く手に入る事考えると
APS-Cももっと活用されても良いとおもいますねえ。



そして上の写真は同じく最近導入したSB-R200を併せて使ったものです。


昼間だとかなり絞ってもこの小型ストロボだけで結構使えます。

マイクロ40もSB-R200もカバンに入れて全くかさ張らないし
思った以上に気に入ってます。


最近はいろいろな写真を撮りたい旅行系ではD3200
地元の街歩きスナップにはM9、
気合が入っている時はD4

という感じでデジタルは使う事が増えましたねえ。





全然話は変わりますが、最近更に現像技術の磨きに精が出てまして
気づいた方もいるかもしれませんが、原版の写真はかなりアンダーで撮ってます。

いくらデジタルがアンダーに強いとは言え限界があって
-1EV越えるとトーンカーブ起こしても結構荒れます。

が、以前【D4のセンサーは次元が違う写り -The brilliant sensor is in D4 】
というエントリーを書いて以来、最近のセンサー性能の凄さに感動し
あらためてデジタルの撮り方が自分ではちょっと変わって来ました。

D3200はもちろんD4のセンサーと比べると画素数以外では明らかに劣るのですが
ISO100だと、どうしてなかなか、以前のD300なんかよりは明らかに良いです。

それでも-2EVあたりまで来た原版をもちあげると
D4と違いさすがにちょっとノイズが浮いてきます。

それが最近CaptureNX2に追加で実装されたノイズリダクションの
高画質2012というメニューを選ぶと、かなりイメージ通りの
美しいノイズリダクション効果が得られるのに気がつきました。

という訳でニコン使いの人は是非試してみてください(^^



Winter tale
Nikon D3200
Nikon AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G
A ( F4 -1/320 ) ISO100 AWB -1.7EV




前回お話した通り、一日箕面を歩いて
最後は梅田で飲みながらプリントしたばかりの写真の
講評会をしました。

ボクはたけさん以外皆初対面だったのですが
写真とカメラが文字通り間を取り持ってくれて
とても楽しい一時を過ごす事が出来ました。

今回のように突然大阪を訪れても
こんな体験が出来るなんて…

たけさんとたけさんの同僚の皆様に深く感謝すると共に
やはり写真はいいなあ…としみじみ思ったのでした


おしまい













Share on Tumblr
Check

↓ポチしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 写真ブログへ ブログパーツ

↓記事が参考になったり、写真気に入ってくれたらお願いします_(_"_)_
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anh23.blog32.fc2.com/tb.php/661-7e665e26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。